• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

MotoGP™

ポイントランキング

2016-09-11
第13戦 サンマリノGP

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ

路面:ドライ、気温:28度、観客:100,496人

ペドロサ、今季初優勝

 イギリスGPから連戦となった第13戦サンマリノGPは、今季初めて、V・ロッシ(ヤマハ)とJ・ロレンソ(ヤマハ)、M・マルケス(ホンダ)とD・ペドロサ(ホンダ)の4強の戦いとなり、予選8番手から素晴らしい追い上げを見せてトップグループに加わったペドロサが、今季初の優勝を果たした。

 オープニングラップは6番手。5周目にM・ビニャーレス(スズキ)を抜いて5番手へ。7周目にA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)を交わし4番手へ。それからトップの3人を猛列に追撃すると、14周目にマルケス、17周目にロレンソ、そして22周目にロッシをパスしてトップに浮上すると、28周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。  トップに立ってからもペースを緩めなかったペドロサは、「今日は自分の走りをしようと心がけた。正直、ここまでの結果は予想していなかったが、優勝できて本当に嬉しい。ここまで本当に大変だったし、ファンや友達、家族やチーム、そして僕をサポートしてくれた全ての人にこの勝利を捧げたい」と、昨年のマレーシアGP以来、15戦ぶりの優勝に喜びを爆発させた。 今大会は、ミシュランが新しいフロントタイヤを投入。すべての選手が、フリー走行、予選を通じてニュータイヤのテストに集中した。その中で、ソフトタイヤを選択したのは2選手だけ。そのうちのひとり、ペドロサが終盤になってもペースを落とさず、ライバルを圧倒した。

 2位にはロッシで、10万人を超える大観衆の声援を受け、2周目にロレンソを交わしてトップに浮上すると一気にペースを上げた。中盤までは、ロレンソとマルケスを寄せ付けなかったが、後半は、猛列に追い上げてきたペドロサになすすべもなかった。「今日は、序盤からロレンソとマルケスを引き離そうと全力を尽くした。その結果、優勝できると思ったのだが、ペドロサが追いついてきて抜き去っていった。ミサノは特別なレースなのでどうしても勝ちたかったが不可能だった。今日のダニは本当に強かった」と悔しそうだったが、総合首位で4位に終わったマルケスとの差を50点から43点に縮めることに成功して笑みを浮かべていた。

 今季3回目のPPを獲得。シーズン3勝目を狙ったロレンソは、ロッシとペドロサに抜かれて3位に終わった。「問題があったわけではなく、今日は僕より彼らが速かっただけ。一周で0.2か0.3秒足りなかった。今日はどうしても勝ちたかったし、満足できる結果ではないが、こういうときもある。今日は厳しい時期を過ごしてきたダニの優勝を祝福したい」と、悔しい3位も、ライバルの優勝を祝福していた。

 今大会、リアタイヤは全選手がミディアムを選択。フロントタイヤが大きくレースに影響したが、ロッシとロレンソは、フロントにミディアムをチョイスしていた。

 イギリスGPに続き、今大会も表彰台に立てなかったマルケスは、スズキの両選手とともにフロントにハードを選択。レース前半は序盤の遅れを取り戻すことに成功するも、後半はフロントタイヤの消耗に苦しんで表彰台争いに加われなかった。「序盤はホルヘとバレンティーノとの遅れを取り戻そうと全力を尽くした。途中まで良かったのだが、後半は厳しい走りを強いられた。ダニに抜かれたときは、ついて行こうと思った。でも、今日は表彰台を狙うよりも4位でフィニッシュすることに集中した」。これで後半戦に入って4戦連続でロッシの後塵を拝することになり、ポイントもまた縮まり、「今日は数少ない、良くない一日だった」と悔しそうだった。

 5位には序盤トップグループにつけたビニャーレス。マルケス同様、フロントにハードを選んだ数少ない選手のひとりだったが、課題はリアタイヤ。「今日はリアのグリップに苦しんだ。厳しいレースだったが、今日の状況で5位になれて良かった」と苦しい中での5位に納得の表情だった。

 チームと自身のホームGPに気合満点だったA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は、ドゥカティ勢最上位の6位でフィニッシュ。「正直、もっと上のリザルトを期待していただけに残念。今回もライディングに厳しいレースだった」と、2戦連続でハンドリングに苦戦するレースとなった。

 以下、ワイルドカードで出場のM・ピロ(ドゥカティ)、C・クラッチロー(ホンダ)、P・エスパルガロ(ヤマハ)と続いた。  A・イアンノーネ(ドゥカティ)は、初日のフリー走行で転倒、背中を負傷して欠場。J・ミラー(ホンダ)も、第11戦オーストリアGPで痛めた右手首の状態が悪化、決勝をキャンセルした。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V 43'43.524 NGK
2 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +2.837 NGK
3 99 ホルヘ・ロレンソ Monster Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +4.359 NGK
4 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +9.569 NGK
5 25 マーベリック・ビニャーレス Team SUZUKI ECSTAR SUZUKI GSX-RR +15.467 NGK
6 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP16 +19.676 NGK
7 51 ミケーレ・ピロ Ducati Team Ducati Desmosedici GP16 +22.936 NGK
8 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +25.702 NGK
9 44 ポル・エスパルガロ Monster Yamaha Tech3 Yamaha YZR-M1 +27.155 NGK
10 19 アルバロ・バウティスタ Aprilia Racing Team Gresini Aprilia RS-GP +33.968  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る