• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

MotoGP™

ポイントランキング

2016-10-23
第16戦 オーストラリアGP

オーストラリア・フィリップアイランドサーキット

路面:ドライ、気温:12度、観客:36,500人

クラッチロー、今季2勝目

 日本GPからの連戦となった第16戦オーストラリアGPは、予選2番手から決勝に挑んだC・クラッチロー(ホンダ)が、今季2勝目を達成した。雨と風と寒さに翻弄されたオーストラリアGP。決勝日は青空が広がったが、12℃という低い気温と強い風に選手たちは悩まされた。その中で快調にラップを重ねたのは、今季7回目のPPを獲得したM・マルケス(ホンダ)だったが、10周目の4コーナーで転倒リタイア。そのアクシデントで3秒後方にいたクラッチローがトップに浮上すると、後続との差を確認しながら、27周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。  「今回は調子が良くて予選でもPPを取る自信があった。決勝はマルクがリードして追いかける展開となったが、マルクが転倒した。2年前に同じところで自分も転んでいるし、ちょっと慎重になったが、今日は気持ち良く乗れた。すごく嬉しい」と、満面の笑みだった。

 フリー走行と予選は、雨と寒さと強風に悩まされた。決勝は青空が広がるも12℃の気温と強風に苦しんだ。加えて、オーストラリアGPは午後4時のスタート。気温がぐっと下がり始める時間帯のレースで、2年前に苦い転倒を経験をしているクラッチローは、その教訓を生かすことに成功した。

 V・ロッシ(ヤマハ)が2位でフィニッシュした。予選では、2011年ドイツGPの16番手に続くワースト記録の15番手。しかし、ドライコンディションになった決勝日のウォームアップでは2番手タイムをマークすると、オープニングラップ13番手から着実に追い上げた。  「今日はカルがすごく速くて、カルを目標に走ったが追いつかなかった。前戦もてぎは最悪のレースだったし、今大会も優勝できなかったけれど、自分にとってもチームにとってもすごくいいリザルトになった」。総合2位を争うチームメートのJ・ロレンソ(ヤマハ)が6位に終わり、その差は24点へ。総合2位に大きく前進した。

 予選で13番手と苦しんだM・ビニャーレス(スズキ)が、オープニングラップ11番手から着実にポジションを上げて3位でフィニッシュ。日本GPから2戦連続で表彰台に立った。「今日はフロントに今大会初めてハードタイヤを選んだ。そのため序盤はタイヤのフィーリングを確かめながら慎重に走った。そのうち自信がもてるようになったのでプッシュした」と、中盤から一気にペースアップ。ロレンソ、P・エスパルガロ(ヤマハ)、A・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)を交わし、終盤はチームメートのA・エスパルガロ(スズキ)とし烈な3位争いとなったが、アレイシの転倒で決着がついた。  これで総合4位は変わらずも総合3位のロレンソとの差は11点差へ。「総合2位のバレンティーノにはとてもおいつけないと思うが、3位争いは面白くなってきた」と残り2戦のランキング争いに気合を入れていた。

 今大会は、フリー走行、予選と、雨が降ったり止んだりの難しいコンディション。スリックタイヤでちゃんと走れたのは決勝日朝のウォームアップだけ。タイヤの選択が難しいレースだったが、フロントにハードを選択した選手が表彰台を独占した。

 4位にドヴィツィオーゾ。今季初フロントロー獲得のP・エスパルガロが5位。レーウイークを通じて、不安定なコンディションに苦しんだロレンソが6位だった。  7台に膨れあがったし烈な7位争いを制したのはS・レディング(ドゥカティ)。B・スミス(ヤマハ)、D・ペトルッチ(ドゥカティ)と続き、ホームGPに気合満点のJ・ミラー(ホンダ)がベストグリッドの5番手から10位でフィニッシュ。負傷欠場の代役として出場したN・ヘイデン(ホンダ)は、予選7番手からその集団で果敢な走りを見せたが、終盤、ミラーと接触して転倒、再スタートを切って17位だった。

 トップを快走しながら転倒リタイヤに終わったマルケスは、「日本GPでチャンピオンが決まっていなかったら、違うレースをしたと思う。今回は完璧だったし気持ち良く乗れていた。転んだのはブレーキングミス」と悔しがるも、チャンピオン争いのプレッシャーから解放された驚速ぶりをファンに印象付けるレースだった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V 40'48.543 NGK
2 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +4.218 NGK
3 25 マーベリック・ビニャーレス Team SUZUKI ECSTAR SUZUKI GSX-RR +5.309 NGK
4 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP16 +9.157 NGK
5 44 ポル・エスパルガロ Monster Yamaha Tech3 Yamaha YZR-M1 +14.299 NGK
6 99 ホルヘ・ロレンソ Monster Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +20.125 NGK
7 45 スコット・レディング OCTO Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP16 +28.369 NGK
8 38 ブラッドリー・スミス Monster Yamaha Tech3 Yamaha YZR-M1 +28.781 NGK
9 9 ダニロ・ペトルッチ OCTO Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP16 +28.792 NGK
10 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +28.815 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る