• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

MotoGP™

ポイントランキング

2016-05-08
第5戦 フランスGP

ルマン・ブカッティサーキット

路面:ドライ、気温:22度、観客:99,053人

ロレンソ、圧勝 ヤマハ、2年連続1-2フィニッシュ

 第5戦フランスGP決勝は、21台がスタートし、完走13台という厳しい戦いとなった。その戦いを制したのは、開幕戦カタールGP以来、4戦ぶりのPPを獲得したJ・ロレンソ(ヤマハ)で、ホールショットからオープニングラップを制し、それから後続をジリジリと引き離すと、2位のV・ロッシ(ヤマハ)に約10秒のリードを築いての圧勝だった。

 悠々の独走勝利。それだけに集中力を要求されたというロレンソは、「とても長いレースだった。集中力を切らさないためにも、速いペースで走り続けようと思った。とにかく1分33秒台のペースでプッシュした。今日は、フリー走行、予選の走りが再現できれば優勝出来ると思っていたが、その通りの走りが出来て嬉しい」と、パルクフェルメと表彰台で喜びを爆発させていた。  「厳しい戦いだったが、レース中盤、ドヴィツィオーゾとマルケスが転倒したことを知ってからは、少し気持ちが楽になった。今日はマルケスとの差を20ポイント以上取り戻すことが出来た。優勝するだけでなく、総合ポイントでも首位に立てた。素晴らしいレースになった」。今大会で、グランプリ最多記録となる63回目のPPを獲得した。MotoGPクラスは、昨年のオーストラリアGP以来、7戦連続でポールシッターが勝利を達成しているが、今大会でロレンソは、その記録を8レース連続へと伸ばすことになった。これでロレンソは、フランスGPを2年連続で制し、通算4回目の大会制覇となった。

 2位にはロッシ。7番手グリッドからオープニングラップ7番手につけると、2周目にA・エスパルガロ(スズキ)を交わして6番手へ。3周目はにP・エスパルガロ(ヤマハ)を抜いて5番手に浮上。7周目には前を走るA・イアンノーネ(ドゥカティ)が転倒して4番手へ。さらに、レース折り返し点の14周目には、前を走るM・マルケス(ホンダ)とA・ドビツィオーゾ(ドゥカティ)を交わして2番手へ。その時点でロレンソとの差は約6秒と開いており、後半は2位をキープする戦いとなった。  「3列目からのスタートだったので、序盤の厳しい戦いは覚悟していた。そのうちペースも良くなってきて、ドビツィオーゾとマルケスを抜くて2番手に上がった。でも、そのときにはロレンソとの差が開きすぎていて、もう追いつけないと思った。今日は優勝出来なかったが、20ポイントを獲得できたし、チャンピオンシップを考えればとてもうれしいレースになった」  これで総合3位は変わらずも、総合首位のロレンソと12ポイント差、2位のマルケスに7ポイント差に迫り、ル・マンの9万9千人のファンの歓声に満面の笑みで応えていた。

 M・ビニャーレス(スズキ)がMotoGP初表彰台獲得となる3位でフィニッシュ。MotoGP復帰とともにスズキ入りした21歳のルーキーが、08年のチェコGP以来、8年ぶりの表彰台をスズキにもたらした。予選8番手から序盤は9番手へとポジションを落としたが、7周目に5番手に浮上。その時点では前の4台にリードを広げられていたが、16周目のドビツィオーゾとマルケスの転倒で、一気に3番手に浮上した。大荒れのレースで初表彰台を獲得したビニャーレスは、「厳しいレースだった。スタートして1コーナーでポジションを落としてしまったが、それからは全力で追い上げた。マシンの感触はとても良かったし、全力でプッシュした。3番手に上がってからは後ろにいるペドロサとの差を気にしながら走った。とにかく、素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい」と、念願の初表彰台を獲得してチームと喜びをかみしめていた。

 ビニャーレスは11年にMoto3クラスでグランプリにデビューを果たし、ル・マンで初優勝を達成している。そして、MotoGP初表彰台もル・マンで達成と、ビニャーレスにとっては、またひとつ、忘れられないエピソードがル・マンで生まれることになった。

 予選11番手から粘り強い走りを見せたD・ペドロサ(ホンダ)が4位。エスパルガロ兄弟の弟、P・エスパルガロが今季ベストの5位。兄のA・エスパルガロが6位。ケガのために4戦ぶりに復帰したD・ペトルッチ(ドゥカティ)が7位でフィニッシュした。僅差でH・バルベラ(ドゥカティ)が8位でチェッカーを受けた。

 3日間ともに好天候に恵まれたフランスGP。今大会はタイヤに厳しいレースとなり、フロントタイヤのグリップに苦戦する選手が多く、8台が転倒リタイヤ。転倒するも再スタートを切ったマルケスが一週遅れの13位でフィニッシュ。貴重な3点を獲得も、総合首位から2位へとランキングを下げるレースとなった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 99 ホルヘ・ロレンソ Monster Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 43'51.290 NGK
2 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +10.654 NGK
3 25 マーベリック・ビニャーレス Team SUZUKI ECSTAR SUZUKI GSX-RR +14.177 NGK
4 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +18.719 NGK
5 44 ポル・エスパルガロ Monster Yamaha Tech3 Yamaha YZR-M1 +24.931 NGK
6 41 アレイシ・エスパルガロ Team SUZUKI ECSTAR SUZUKI GSX-RR +32.921 NGK
7 9 ダニロ・ペトルッチ OCTO Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP16 +38.251 NGK
8 8 エクトル・バルベラ Avintia Racing Ducati Desmosedici GP15 +38.504  
9 19 アルバロ・バウティスタ Aprilia Racing Team Gresini Aprilia RS-GP +48.536  
10 6 ステファン・ブラドル Aprilia Racing Team Gresini Aprilia RS-GP +54.502  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る