• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

MotoGP™

ポイントランキング

2016-05-22
第6戦 イタリアGP

ムジェロ サーキット

路面:ドライ、気温:26度、観客:100,640人

ロレンソ 熾烈なレース制し 2戦連勝、今季3勝め

 快晴の中で行われた第6戦イタリアGPは、予選5番手から決勝に挑んだJ・ロレンソ(ヤマハ)が、フランスGPからの2連勝と今季3勝目を達成した。

 2列目から好スタートを切ったロレンソは、ホールショットを奪うと、レース前半は、今季2回目のPPを獲得したV・ロッシ(ヤマハ)と接近戦を繰り広げた。1コーナーのブレーキングで何度も仕掛けるロッシ。しかし、安定したブレーキングを見せるロレンソは首位を譲らなかった。  緊迫したバトルが続いたが、9周目にロッシがエンジンブローでリタイヤ。チームメート同士の戦いは、ここで決着がついた。しかし、序盤の遅れを取り戻し、追い上げてきたM・マルケス(ホンダ)が背後に迫り、戦う相手はロッシからマルケスへ変わった。最終ラップ、そのマルケスに2度、首位を奪われるが、最終コーナーからのストレートでスリップをうまく使って逆転、今季3勝目を挙げた。  「今日は思ったほどペースを上げられず、逃げ切ることができなかった。マルケスはとても力強いレースをしていたし、マルケスとの戦いにかなりのエネルギーを使った。終盤はマルケスの方がパワーがあったと思うし、彼にパスされたとき、今日は2位でもいいかと思った。でも、250ccで走った2005年の大会で、デ・アンジェリスを最後のシケインでパスしたのを思い出し、同じようなことができるかもしれないとアグレッシブにアタックした。その後、マルケスに抜き返されたが、僕のマシンの方が速かったので抜き返すことが出来た」と、2年連続、5回目の優勝を達成して喜びを爆発させていた。

 2位には予選4番手から決勝に挑んだマルケス。オープニングラップに先行されたA・エスパルガロ(スズキ)を抜くのに3ラップを要し、その間にヤマハの二人にリードを広げられたが、エスパルガロを抜いてからは、ヤマハ勢との差をじわりじわりと縮め、レース中盤には背後に迫ることに成功した。その後、ロッシがトラブルでリタイヤとなり、ロレンソとの一気打ちとなった。そして最終ラップに勝負を仕掛けて2度先行するも、ストレートで逆転されてしまった。  「レースウイークは、加速と最高速の改善に取り組んできたが、今日はスリップを使っても、ホルヘを抜くことが出来なかった。ここは加速区間が思ったほどないので何とかついていくことが出来たが、それでも彼を抜くためにかなりのリスクを負わなければならなかった。優勝は出来なかったが、全力を尽くした」と、力を出し切っての2位に納得の表情だった。

 スタートで出遅れ、オープニングラップ8番手と大きくポジションを落としたA・イアンノーネ(ドゥカティ)が、チームメートのA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、そしてD・ペドロサ(ホンダ)とのし烈な3位争いを制し、今季2回目の表彰台を獲得した。  序盤はクラッチに問題を抱えていてペースを上げられなかったが、その後はポジションを回復。レース終盤には、ペドロサとのし烈な戦いを制し、2年連続イタリアGPで表彰台に立った。 「スタートでクラッチに問題があって、ウィリーさせてしまっただけでなく、マシンをうまくコントロールできなかった。そのため1コーナーでみんなにパスされてしまった。最悪の始まりとなったが、それからは全力でプッシュ、速いペースで走ることができた。今日はタイヤの感触がとても良かった。表彰台に立てたのは嬉しいが、優勝できるポテンシャルがあったと思うし、それだけに残念」と、嬉しさ半分、悔しさ半分という表情だった。

 今季2回目の表彰台を逃したペドロサは、これでヨーロッパラウンドに入って3戦連続の4位となった。「バイクはじょじょに良くなっている。この数戦の中では1番いいレースだった」と上り調子をアピールした。

 序盤3番手を走ったドヴィツィオーゾが接戦の中で5位。そして、今季2回目のフロントロー獲得となる2番手から決勝に挑んだM・ビニャーレス(スズキ)は、「スタート直後に4速に入れたときに調子が悪くなった」と、オープニングラップに11番手までポジションを落としたが、その後、調子を戻して6位でフィニッシュした。

 B・スミス(ヤマハ)が7位、開幕戦のケガから復帰したD・ペトルッチ(ドゥカティ)が8位、A・エスパルガロ(スズキ)が9位、ワイルドカードで出場のM・ピロ(ドゥカティ)が10位でフィニッシュした。

 中盤までトップグループにつけたロッシは、まさかのエンジンブローでリタイヤ。ロッシの優勝を見ようと集まったムジェロ史上最多となった10万人の大観衆をがっかりさせた。  これで総合首位はロレンソ。10点差でマルケス。ロッシは37点差の3番手となった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 99 ホルヘ・ロレンソ Monster Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 41'36.535 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +0.019 NGK
3 29 アンドレア・イアンノーネ Ducati Team Ducati Desmosedici GP16 +4.742 NGK
4 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +4.910 NGK
5 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP16 +6.256 NGK
6 25 マーベリック・ビニャーレス Team SUZUKI ECSTAR SUZUKI GSX-RR +8.670 NGK
7 38 ブラッドリー・スミス Monster Yamaha Tech3 Yamaha YZR-M1 +13.340 NGK
8 9 ダニロ・ペトルッチ OCTO Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP16 +14.598 NGK
9 41 アレイシ・エスパルガロ Team SUZUKI ECSTAR SUZUKI GSX-RR +18.643 NGK
10 51 ミケーレ・ピロ Ducati Team Ducati Desmosedici GP16 +22.298 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る