• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-03-10
第1戦 カタールGP

ロサイル・インターナショナル・サーキット

路面:ドライ、気温:18度、観客:14,502人(Total 32.252人)

ドヴィツィオーゾ
開幕戦を制す

 2019年の開幕戦カタールGPは、2年連続で、ディフェディングチャンピオンのM・マルケス(ホンダ)と2年連続総合2位のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)の一騎打ちとなり、ドヴィツィオーゾが2連覇を達成、わずか0.023秒差でマルケスが2位だった。

 終盤まで8台がトップグループを形成。その中で終始グループの先頭を走ったドヴィツィオーゾとマルケスが抜けだし、ラスト2周は壮絶な火花を散らした。昨年同様、フィニッシュラインまでどちらが勝つかわからない壮絶な戦いを制したドヴィツィオーゾは、「今日は積極的に前に出てペースを抑えようと思った。途中リンスが前に出たのでペースを上げられないようにすぐに抜き返した。最後はマルクとの戦いになったが、最終コーナーでしかけてくるのはマルクだけ。厳しいレースだったが勝ててうれしい」と満面の笑みだった。
 ライバルを圧倒するストレートのスピード。それを生かし、タイヤをセーブするためにコーナーでペースを抑え、ストレートで逃げるという作戦が功を奏した。そのため8台がトップ集団を形成する戦いとなったが、このコースを得意とするドヴィツィオーゾがマルケスの追撃を振り切った。「今年のホンダは加速が良くなったと思うが、今日のマルクはブレーキングがそれほではなかった」と勝因を分析した。

 そのドヴィツィオーゾに2年連続で後塵を拝したマルケスは、「去年と同じ展開になったが、今年はブレーキングが完璧ではなく、ラインをキープできなかった。でも、カタールはいつも苦戦してきたコースなので、2位になれてうれしい」と、14年以来の開幕Vは果たせずも、4年連続6回目のタイトル獲得に向けて上々のスタートに満面の笑みだった。
 マルケスは、昨年12月に脱臼癖のついた左肩の手術をした。そのためウインターテストは左肩の回復にあわせ、無理のしない走行が続いた。開幕戦を迎えても100パーセントの状態ではなかったが、2019年型RC213Vのパフォーマンスに大きな手応えを感じ取っていた。

 すぐ後ろでは、C・クラッチロー(ホンダ)とA・リンス(スズキ)、そしてV・ロッシ(ヤマハ)の白熱した3位争いが繰り広げられ、カタールGP初表彰台を獲得したクラッチローが喜びを爆発させた。昨年10月のオーストラリアGPで右足首を骨折。現役復帰も危ういという大けがだったが、それを克服しての表彰台にクラッチローとチームは大喜びだった。
 「去年怪我をしたときは、ここに戻ってこられるかどうかもわからない状態だった。それなのに、こうして表彰台に立つことが出来た。まるで夢を見てるような気持ち」。右足首はまだ完全ではなく、ブレーキ操作に支障がある状態。それを克服しての快走に観客から大きな拍手が送られた。

 そのクラッチローとのし烈な戦いで4位に終わったリンスは、「今日は遅いペースだったので、前に出て逃げようとしたが、抜いてもすぐにドヴィツィオーゾとマルクにストレートで抜かれて難しかった。表彰台には立てなかったが、優勝できるポテンシャルを感じた」とこれからの戦いに自信を深めていた。

 クラッチローとリンスの背後に迫るも表彰台争いに加われなかったロッシは、予選14番手から猛列に追い上げて5位でフィニッシュ。ファンから大きな拍手が送られた。「決勝に向けてセッティングを調整したことが良かった。表彰台争いをしたかったが、今日はそこまでの強さがなかった。でも、予選までのことを考えればトップと0.6秒差の5位は大きな前進」と苦しい戦いの中ではベストのリザルトだった。

 以下、トップグループに加わるも表彰台争いに届かなかったD・ペトルッチ(ドゥカティ)が6位、PPから2年ぶりの開幕Vが期待されたM・ビニャーレス(ヤマハ)は、リヤタイヤのグリップに苦しんで7位。ルーキーのJ・ミル(スズキ)がトップグループに加わり8位で、これからの成長に大きな注目が集まった。

 トップグループから約7秒離されたが、ベストグリッドの9番手からセカンドグループの戦いを制した中上貴晶(ホンダ)が9位。A・エスパルガロ(アプリリア)、F・モルビデリ(ヤマハ)、P・エスパルガロ(KTM)と続き、ホンダに移籍したJ・ロレンソ(ホンダ)は、フリー走行と予選の転倒が影響して13位に終わった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 42'36.902 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +0.023 NGK
3 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +0.320 NGK
4 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +0.457 NGK
5 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +0.600 NGK
6 9 ダニーロ・ペトルッチ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +2.320 NGK
7 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +2.481 NGK
8 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +5.088 NGK
9 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +7.406 NGK
10 41 アレックス・エスパルガロ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +9.636  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る