• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2018-03-18
第1戦 カタールGP

ロサイル・インターナショナル・サーキット

路面:ドライ、気温:21度、観客:13,966人(Total 31.618人)

ドヴィツィオーゾ 開幕戦を制す

 2018年の開幕戦カタールGPは、ディフェンディングチャンピオンのM・マルケス(ホンダ)と最終戦決着で2位に終わったA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)の一騎打ちとなり、ドヴィツィオーゾが優勝、マルケスが2位だった。予選を終えた時点で多くのライダーが「今大会は大接戦になる」とコメントしたが、予想通り、PPを獲得したJ・ザルコ(ヤマハ)を先頭に序盤はトップグループが10台前後まで膨れあがった。その中から、ザルコ、ドヴィツィオーゾ、マルケス、V・ロッシ(ヤマハ)、C・クラッチロー(ホンダ)、D・ペトルッチ(ドカティ)が徐々に抜け出す。ラスト5周となった18周目には、ドヴィツィオーゾがザルコを交わしトップに浮上、一気にペースを上げたことで、ドヴィツィオーゾ、マルケス、ロッシの3人の戦いとなった。そしてラストラップとなった22周目は、ドヴィツィオーゾとマルケスの一騎打ちとなり、昨年のオーストリアGP、日本GP同様、最終コーナーのブレーキングで一度は前に出たマルケスだが、クロスラインで立ち上がったドヴィツィオーゾが競り勝ち、自身初の開幕Vを達成した。

 し烈な戦いを制したドヴィツィオーゾは、「ウインターテストで感じたマシンの進化をレースで証明した。すごくうれしい。今日はスタートに失敗、オープニングラップにリンスとぶつかりそうになりポジションを落としたが、その後はタイヤを温存しながらポジションを上げることが出来た」と落ち着いた走りでトップグループへ。さらに終盤になると、「ザルコを抜いて一気にペースを上げた。これでマルケスとロッシを引き離そうと思った」という作戦を取るが、再び、マルケスとの一騎打ちとなり、最終ラップの攻防では、またしてもドゥカティのスピードを武器にマルケスの追撃を振り切った。
 昨年、シーズン6勝と大ブレイク。昨年はダークホース的存在のドヴィツィオーゾだったが、今季はチャンピオン争いの本命。それを証明する開幕優勝だった。

 またしても最終ラップの戦いでドヴィツィオーゾの後塵を拝したマルケスは、「ロサイルはシーズンを通して、(ホンダも自分も)もっとも苦手とするサーキットのひとつ。そのサーキットで予選2番手、決勝で2位になれて本当に良かった。最終ラップ、ドビを抜くのは正直厳しいと思ったが、最後までトライした。勝てなかったけれど、今年はドゥカティのスピードについていけた。それがうれしい」と満面の笑み。苦手なサーキットでエンジンパフォーマンスをスピードにつなげた2018年型RC213Vのパフォーマンスの進化を喜んだ。

 3位にはロッシ。開幕前に2020年までヤマハとの契約延長を発表、モチベーションのあがった39歳のベテランは、「去年の開幕戦は3位になったが、マシンが仕上がっていなかったし正直驚いた。でも、今年はいいフィーリングだったし、いいレースが出来ると思っていた。それにしてもドビとマルケスは余裕があった。勝負することはできなかったね」と完敗の弁も3位フィニッシュに満足していた。

 4位にはウインターテストで好調だったクラッチローで予選4番手から4位でフィニッシュ。「終盤、ザルコを抜くのにちょっと手間取った。その間に前の3人に離された」と悔しそう。予選で3番手につけたペトルッチが5位。中盤までトップグループに離されていたM・ビニャーレス(ヤマハ)が、「やっといい感じになってきた」と、予選12番手から、しぶとく追い上げて6位。序盤トップグループにつけたD・ペドロサ(ホンダ)がリアのグリップに苦しみながら7位。PP獲得から終盤までトップを走ったザルコは、「いい感じで走れていたが、ラスト7周でフロントのフィーリングに違和感があり、終盤は厳しい走りを強いられた」とペースを落とし8位でフィニッシュした。

 A・イアンノーネ(スズキ)がトップグループに加わって9位。ウインターテストで好調な走りを見せたJ・ミラー(ドゥカティ)が10位。昨年のモト2チャンピオンのF・モルビデリ(ホンダ)がルーキー勢トップの12位。中上貴晶(ホンダ)は、予選23番手から追い上げて17位だった。トップグループに加わったA・リンス(スズキ)とJ・ロレンソ(ドゥカティ)は転倒リタイヤだった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 42'34.654 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +0.027 NGK
3 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +0.797 NGK
4 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +2.881 NGK
5 9 ダニロ・ペトルッチ Octo Pramac Racing Ducati Desmosedici GP17 +3.821  
6 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +3.888 NGK
7 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +4.621 NGK
8 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +7.112 NGK
9 29 アンドレア・イアンノーネ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +12.957 NGK
10 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +14.594 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る