• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-03-26
第1戦 カタールGP

ロサイル・インターナショナル・サーキット

路面:ドライ、気温:21度、観客:12,848人(Total 32.033人)

ルーキー ビニャーレス ポールtoウインで開幕戦を制す

 ナイトレースのカタールGPは、テストで最速だったM・ビニャーレス(ヤマハ)が、その走りを本番でも見事に再現、開幕戦を制した。予選は雨のためにキャンセル。そのためフリー走行でトップタイムをマークしたビニャーレスがキャリア初PPを獲得。決勝も雨のためにスタート進行が遅れ、22周のレースが20周に短縮された。落ち着いたレース運びを見せたビニャーレスがライバルを圧倒した。オープニングラップは5番手。7周目にはトップを走るJ・ザルコ(ヤマハ)が転倒して4番手へ。11周目には前を走るA・イアンノーネ(スズキ)が転倒して3番手に浮上。それからは前を走るM・マルケス(ホンダ)と、ビニャーレスのすぐ後ろのV・ロッシ(ヤマハ)の3人で2位争いのグループを形成し、トップを走るA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)を追うという展開となった。安定した走りを見せるビニャーレスは、12周目にマルケスを抜いて2番手へ。さらに14周目にはドヴィツィオーゾも抜いて首位に浮上する。それからはドヴィツィオーゾとの一騎打ちとなるが、コーナリングスピードにまさるビニャーレスが、ストレートの速さを武器にするドゥカティを突き放した。

 ヤマハ移籍初レースで見事な勝利を達成したビニャーレスは、「序盤はスライドが激しく、フィーリングも良くなかった。しかし、これは路面コンディションのせいだろうと思い、ペースを上げられるのを待った。中盤からは気持ち良く走れるようになりペースも上げられて優勝することが出来た」と満面の笑みだった。
 スタート直前に降った雨の影響で路面コンディションが変わる難しいレース。テストで敵なしのスピードを見せたビニャーレスが、自信ある走りでライバルを圧倒した。

 2位にはドヴィツィオーゾ。序盤にトップを走ったザルコが転倒してからはレースの主導権を握った。しかし、タイヤの選択はソフト。追い上げてきたビニャーレスと戦うためにタイヤを温存。「ストレートのスピードではアドバンテージがあったので終盤の戦いに備えた。しかし、最終ラップに引き離されてしまい勝負できなかった」と通算2勝目に届かずも、3年連続の2位表彰台獲得を喜んだ。

 そして、テストでは低迷、今大会も10番手グリッドから決勝に挑んだロッシが3位でフィニッシュ。「ウォームアップでセットアップが良くなり、決勝でもフィーリングは良かった。今年はテストで苦しんだので今日の結果は本当に嬉しい。この数ヶ月で本当に老け込んだ気分。この表彰台を、頑張ってくれたみんなに捧げたい」と満面の笑みだった。

 4位にはマルケス。序盤はザルコに続いて2番手を走行するも、ドヴィツィオーゾ、ビニャーレス、ロッシに抜かれ4番手にポジションを落としてチェッカーを受けた。グリッド上でフロントタイヤをハードからミディアムへスイッチ。これが結果的に裏目に出てペースを上げられなかった。「スタート時間が遅れ、ミシュランのアドバイスもありミディアムにしたが、結果的にソフトすぎてペースを上げられなかった。厳しいレースだったが、この状況で4位でフィニッシュ出来たので良かった」と、フラストレーションをためるレースも納得の表情だった。

 マルケス同様、フロントにミディアムを選択したD・ペドロサ(ホンダ)もフロントのフィーリングに苦しみ、我慢の走りで5位。そのペドロサとバトルしたA・エスパルガロ(アプリリア)が6位。以下、S・レディング(ドゥカティ)、J・ミラー(ホンダ)、A・リンス(スズキ)、J・フォルガー(ヤマハ)と続き、ここまでがトップ10フィニッシュだった。

 ドゥカティ初レースのJ・ロレンソ(ドゥカティ)は、予選12番手からオープニングラップに16番手へとポジションを落とし、それからもペースが上がらず11位で初戦を終えた。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 38'59.999 NGK
2 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +0.461 NGK
3 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +1.928 NGK
4 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +6.745 NGK
5 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +7.128 NGK
6 41 アレイシ・エスパルガロ APRILIA RACING TEAM GRESINI APRILIA RS-GP +7.661  
7 45 スコット・レディング Octo Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP17 +9.782  
8 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +14.486 NGK
9 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +14.788 NGK
10 94 ジョナス・フォルガー MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +15.069 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る