• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-04-23
第3戦 アメリカズGP

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(オースティン)

路面:ドライ、気温:23度

マルケス、今季初優勝。5年連続のポール to ウイン

 第3戦アメリカズGPは、2戦連続PPを獲得したM・マルケス(ホンダ)が、決勝でも力強い走りを見せて今季初優勝を果たした。オープニングラップは、2列目から好スタートを切ったD・ペドロサ(ホンダ)がトップに浮上する。それをピタリとマークしたマルケスは、8周目までペドロサの後ろでペースを抑えたが、ペドロサのペースが落ちたことから9周目に先行。さらに、14周、15周目には、「後ろからバレンティーノが追い上げてきたのでペースを上げた」と、決勝中にただひとりマークすることになる2分04秒台を連発。一気に後続を引き離すと、21周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

 マルケスは、これでアメリカズGPがスタートした2013年から5年連続のポールtoウイン。MotoGPクラスにデビューしてからアメリカラウンドでは負け知らずの9連勝を達成した。
 金曜日のフリー走行はM・ビニャーレス(ヤマハ)に続いて2番手だった。そして、金曜日のフリー走行では1セッションで2度の転倒と大荒れの走りとなる。しかし、これで落ち着きを取り戻したというマルケスは、4回目のフリー走行でトップタイムをマークすると、「Q2」ではビニャーレスとの一騎打ちを制する。そして迎えた日曜日は、青空が広がる絶好のコンディションとなり、マルケスは迷わずフロントにハードを選択。中盤までペドロサの後ろについてタイヤのフィーリングを確かめ、後半に一気にペースを上げる完璧な走り。終盤は2番手に上がったロッシとの差を見ながら、余裕の走りだった。
 「前回のアルゼンチンGPが転倒ノーポイントだったので、今回のレースは自分にとって、とても重要だった。最低でも表彰台。チャンスがあれば優勝を・・・と思っていたが、その通りのレースが出来て最高に嬉しい。チャンピオン争いにも復帰できた」と、総合8番手から一3番手に浮上して満面の笑みだった。

 2位にはV・ロッシ(ヤマハ)。今季初のフロントロー3番手から、レプソル・ホンダの二人を追った。中盤には追い上げてきたJ・ザルコ(ヤマハ)と接触、S字をショートカットすることになり0.3秒のペナルティを課せられたが、ラスト3周でペドロサを抜き、それから一気にリードを広げた。それが功を奏し約2秒のリードをキープ。これで開幕から3戦連続表彰台に立ち、総合首位に浮上した。
 「マーベリックとマルケスが強くて、正直、こんな結果を期待していなかったけれど、2位というのはCOTAではベストリザルトだし、とにかく、ランキングトップというのが気持ちがいいね」と2年ぶりの総合首位に喜びを爆発させていた。

 レース前半をリードしたペドロサが3位だった。タイヤの選択はロッシと同じで前後ともにミディアムだったがフロントタイヤの消耗が激しく、「バレンティーノの追撃を抑えることが出来なかった。でも、この3戦でバイクはすごく前進した。いいレースが出来た」と今季初の表彰台に納得の表情だった。

 予選で転倒を喫し、9番手グリッドから追い上げたC・クラッチロー(ホンダ)が、ザルコとの厳しい戦いを制して4位。2戦連続表彰台を果たせずも、「良いレースが出来た。これで気持ち良くヨーロッパラウンドを迎えられる」と語り、2戦連続の5位のザルコも「ポジションは同じだが、アルゼンチンよりいいレースが出来た。表彰台がすぐそこに見えた」と、ともに手応えをアピールした。

 6位にはA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)で、「このサーキットは自分もドゥカティも好きなコース。もっといいリザルトを期待していた」と大きく遅れて肩を落とす。対照的にA・イアンノーネ(スズキ)は、「やっといいペースが戻ってきた」と予選11位から追い上げの走りで7位でフィニッシュ。8位にD・ペトルッチ(ドゥカティ)、9位にJ・ロレンソ(ドゥカティ)。そのロレンソを追撃したJ・ミラー(ホンダ)が10位に入り、3戦連続のトップ10フィニッシュを果たした。

 開幕から2連勝中のビニャーレスは、右高速の18コーナーで4番手を走行していた2周目に転倒リタイヤ。総合2位へとランクを落とした。A・リンス(スズキ)はフリー走行で転倒、左手首を負傷して今大会を欠場した。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 43'58.770 NGK
2 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +3.069 NGK
3 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +5.112 NGK
4 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +7.638 NGK
5 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +7.957 NGK
6 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +14.058 NGK
7 29 アンドレア・イアンノーネ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +15.491 NGK
8 9 ダニロ・ペトルッチ Octo Pramac Racing Ducati Desmosedici GP17 +16.772  
9 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +17.979 NGK
10 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +18.494 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る