• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-05-05
第4戦 スペインGP

スペイン・ヘレスサーキット

路面:ドライ、気温:21度、観客:75,047人

マルケス、前戦を一蹴する今季2勝目

 ヨーロッパに舞台を移した第4戦スペインGPは、予選3番手からホールショットを奪ったM・マルケス(ホンダ)が、一度も首位を譲らず25周のレースで今季2勝目を達成した。マルケスは、これでスペインGP2連勝で3度目の優勝。最高峰クラスにスイッチしてから7年連続で表彰台に立ち、地元ファンの期待に応えた。
 「今日はフィジカルよりも精神的に厳しいレースだった。アメリカズGPでミスをして転んでいる。レースをリードし続けることが難しいことを感じていたからね。でも、今大会はいいペースであったし、引き離せると思っていた。フィーリングも良く快適だった」と喜びを爆発させた。
 今年は開幕戦カタールGPで2位。第2戦アルゼンチンGPでは大量リードを築いて今季初優勝。アメリカズGPもリードを広げたが痛恨の転倒リタイヤ。今大会は4秒までリードを広げると、そこからは後続との差を見ながらしっかり走り切った。これで総合4位に落ちていたマルケスだが、再び、首位に返り咲いた。

 前戦アメリカズGPで初優勝を達成したA・リンス(スズキ)が2位になり、連続表彰台を獲得した。予選は9番手と目立たなかったが、オープニングラップ6番手から着実にポジションを上げ、後半に入った15周目に2位グループを抜け出し2番手に浮上。首位を独走するマルケスには届かなかったが、2戦連続の快走だった。
 「今日は暑い一日となりタイヤに厳しいレース。4列目からの追い上げはさすがに厳しかった。特にドゥカティワークスの二人を抜くの時間がかかった。序盤が良ければマルクと戦えたと思う。レース毎にレベルは上がっている。スズキは勝てるバイク」と地元ファンの大声援に応えての2位に満面の笑みだった。

 予選5番手のM・ビニャーレス(ヤマハ)が、今季初表彰台獲得となる3位でフィニッシュ。チームスタッフと喜びをわかちあった。今年はウインターテストから好調で予選でも常にPP争い。しかし、決勝ではスタートが決まらずトップグループに離されるという苦しい戦いが続いていた。今大会はオープニングラップ4番手。終盤、2位グループから抜け出したリンスを追撃しての3位だった。
 「ようやくスタートがうまくいったし、いい位置でレースを戦えた。今日はドゥカティ勢とのバトルに苦しめられたが、今日の表彰台はまるで優勝したような気持ちだ。チームは素晴らしい仕事をしてくれた」とマルケス、リンス同様、地元ファンの声援に応えて喜びを爆発させた。

 スペインGPでスペイン人が表彰台を独占するのは17年のペドロサ、マルケス、J・ロレンソ以来2年ぶり。7万5千人の地元ファンも大喜びだった。

 4位にはA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)で「表彰台を逃したのは悔しいが、いつも苦戦するヘレスで表彰台争いが出来た。トップとのタイム差もこれまでで1番少ない」とマシンの進化をアピール。チームメートのD・ペトルッチ(ドゥカティ)は「表彰台に立てず残念だったが、レース内容は悪くなかった」と今季ベストの5位でフィニッシュ。ワークスチーム入りして初の表彰台獲得にぐっと近づいた。

 予選で苦戦、13番手グリッドから決勝に挑んだV・ロッシ(ヤマハ)は、「リヤタイヤの選択に迷った。ハードではなくミディアムを選んでいたらどうなっていたのだろうかと思う」と、序盤ペースがあがらず追い上げのレースで6位。モトGP初のフロントロー2番手から序盤トップグループを走ったF・モルビデリ(ヤマハ)は「初めてインディペンデントチームのトップでフィニッシュできた。」と喜んだ。

 8位には、C・クラッチロー(ホンダ)。ロッシとは対称的にハードでのグリップに不安があり、ミディアムを選んだことを悔やんだ。そして、ベストグリッドの8番手から好スタートを切るも、序盤12番手までポジションを落とす苦しい戦いになった中上貴晶(ホンダ)が後半追い上げて9位。ワイルドカードで出場のS・ブラドル(ホンダ)が10位でフィニッシュした。

 ホンダに移籍、4戦目を迎えたJ・ロレンソ(ホンダ)は12位。マルケスの持つ史上最年少PP記録をブレイクしたF・クアルタラロ(ヤマハ)は、2番手を走行していた14周目にシフタートラブルでリタイヤ。悔しい結末となった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 41'08.685 NGK
2 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +1.654 NGK
3 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +2.443 NGK
4 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +2.804 NGK
5 9 ダニーロ・ペトルッチ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +4.748 NGK
6 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +7.547 NGK
7 21 フランコ・モルビデリ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +8.228 NGK
8 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +10.052 NGK
9 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +10.274 NGK
10 6 ステファン・ブラドル Team HRC Honda RC213V +13.402 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る