• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2018-05-06
第4戦 スペインGP

スペイン・ヘレスサーキット

路面:ドライ、気温:25度、観客:68,020人

マルケス、母国GPを制し2連勝

 ヨーロッパラウンドの初戦となった第4戦スペインGPは、予選5番手から好スタートを切り、8周目にトップに浮上したM・マルケス(ホンダ)が、快調にラップを刻み、25周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。「レースウィークを通じて苦労した。フリー、予選と最速ライダーではなかったが、朝のウォームアップを終えたときに今日は優勝争いが出来ると確信した。優勝の鍵は、リアタイヤにミディアムを選択したこと。正しい判断だった」と喜びを爆発させた。

 今大会は、FP2、FP4、そして決勝日の朝のウォームアップでも転倒を喫した。その転倒が正しいタイヤ選択につながるまさに”怪我の功名”。レース中盤までは、J・ロレンソ(ドゥカティ)、A・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、チームメートのD・ペドロサ(ホンダ)を牽引するが、後半の16周目にペースを上げると3人を一気に引き離し、悠々の独走勝利となった。
 これで最高峰クラスでは、14年以来の2度目のスペインGP制覇。MotoGPクラスにデビューした13年から6年連続で表彰台に立ち、地元ファンの大きな喝采を浴びた。「ヘレスは好きだが、得意とするサーキットではない。ここで勝つのは本当に難しいが、地元ファンの前で素晴らしいレースが出来た。アンヘル・ニエトの名称がついたサーキットで初めてのウイナーになれたことも光栄」。これでアメリカズGPから2連勝を達成して総合首位に浮上。3年連続6回目のタイトル獲得に向けてまずは一歩を踏み出した。

 2戦連続今季3回目のフロントローから決勝に挑んだJ・ザルコ(ヤマハ)が2位でフィニッシュ。第2戦アルゼンチンGP以来、今季2度目の表彰台に立った。予選ではヤマハ勢最速の3番手。決勝でもヤマハ勢をリードする5番手を走行。表彰台獲得は厳しい状況だったが、終盤の18周目、2位争いをするロレンソ、ドヴィツィオーゾ、ペドロサの3人が多重クラッシュで一気に脱落したことで2位が転がり込んだ。「6コーナーで3人が突然消えた。次の瞬間、3人が転倒しているのを見た。信じられない気持ちだったが、こういうときは自分を落ち着かせないといけないと思い、自分をリラックスさせた。その後、もう一度集中してゴールまでの7ラップをこなした」と満面の笑み。これでザルコは、総合5位から一気に2位に浮上した。

 終盤、2位争いの3台が転倒したことで、俄然、激しい戦いになったのが、3位争いに発展した4人の戦いだった。A・イアンノーネ(スズキ)、D・ペトルッチ(ドゥカティ)、V・ロッシ(ヤマハ)、J・ミラー(ドゥカティ)のバトルに火がつく。グループをリードしたのはペトルッチだったが、ラスト2周でイアンノーネが逆転、前戦アメリカズGPから連続の3位でフィニッシュした。
 「グリッドについたときにフロントにミディアムを選択した。ミシュランのエンジニアにはハードがいいと言われたが、自分のフィーリングに従った。それが良かった」と激戦を制し、スズキのスタッフと喜びをわかちあった。「これで2戦連続の表彰台。スズキのサポートがすごくうれしい。来年もこのままスズキに残りたい」とスズキ残留を強烈にアピール。総合6位から4位へとポジションを上げた。

 ペトルッチが僅差の4位で今季ベストリザルトを獲得。ヘレスを得意とするロッシは、リアのトラクション不足に苦しんで5位。ミラーが4戦連続のトップ10フィニッシュとなる6位でチェッカーを受けた。
 以下、M・ビニャーレス(ヤマハ)、A・バウティスタ(ドゥカティ)、と続き、ルーキーのF・モルビデリ(ホンダ)が今季ベストの9位。KTMのテストライダーでワイルドカード出場のM・カリオ(KTM)が10位。ルーキー中上貴晶(ホンダ)は、予選14位から今季ベストの12位でフィニッシュした。

 レース終盤、バックストレートエンドの6コーナーで多重クラッシュのため転倒したロレンソは「不運だった。アンドレアがはらみ、イン側から抜いたのだがダニと接触した。まるでドミノ倒しのような転倒だった。タイトル争いをするドヴィには申し訳なかった」とコメント。ドゥカティ二人のバトルの犠牲者となったペドロサは、今回の事故についてレースディレクションがなんのリアクションも起こさなかったことに対し「何が起きたのかをしっかり知って欲しい」と怒りを爆発させた。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 41'39.678 NGK
2 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +5.241 NGK
3 29 アンドレア・イアンノーネ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +8.214 NGK
4 9 ダニロ・ペトルッチ Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP18 +8.617  
5 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +8.743 NGK
6 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP17 +9.768  
7 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +13.543 NGK
8 19 アルバロ・バウティスタ Angel NietoTeam Ducati Desmosedici GP17 +14.076  
9 21 フランコ・モルビデリ E G 0,0 Marc VDS Honda RC213V +16.822 NGK
10 36 ミカ・カリオ Red Bull KTM FactoryRacing KTM RC +19.405  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る