• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-05-19
第5戦 フランスGP

ルマン・ブカッティサーキット

路面:ドライ、気温:15度、観客:104,020人

マルケス、2連勝で今季3勝目
ホンダ、最高峰クラスで300勝

 第5戦フランスGPは、今季3回目のPPから好スタートを切ったM・マルケス(ホンダ)が、序盤、J・ミラー(ドゥカティ)に何度か首位を譲るも、7周目以降は、ライバルの追撃を許さないラップタイムで周回、27周のレースで真っ先にチェッカーを受け、今季3勝目を挙げた。
 金曜日はドライ。土曜日がウエット。そして日曜日は再びドライコンディションになるも、気温も路面温度も金曜日より低く、タイヤの選択が難しいコンディションとなった。その状況下でマルケスは、「今日は気温が低かったので、これまでレースでは使ったことがないソフトをフロントに入れることにした。タイヤをセーブするため、後続に2秒差をつけてからは、1分32秒後半で2位との差をキープした。ル・マンはいつも不安定な天候になり難しいレースになるが今日は特別難しかった」と、厳しいだけではなく、これまで使ったことがないタイヤのマネージメントに注意を払わなければならなかったレースを振り返った。

 この勝利でホンダは最高峰クラスで通算300勝を達成。記念Tシャツを着て表彰台に立ったマルケスは、「今季3勝目もうれしいが、ホンダ300勝を達成して最高の気分」と満面の笑みだった。
 ホンダの最高峰クラスの初優勝は1966年の西ドイツGPのJ・レッドマン。100勝目は1996年カタルーニャGPのC・チェカ、200勝目は2006年オランダGPのニッキー・ヘイデン。そしてマルケスが、300勝目にその名を刻んだ。

 2位にはA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)で3戦ぶり今季3回目の表彰台に立った。終盤は、チームメートのD・ペトルッチ(ドゥカティ)と、し烈なバトルになったが、ハードブレーキングのペトルッチの追撃を、立ち上がり重視のドヴィツィオーゾが抑え切った。「今日の2位はとても重要なもの。マルクとのポイント差は8点に広がったが、総合2位に浮上したことがうれしい。マルクとバトルするためには、まだまだマシンを良くしなければならない。次のムジェロは知り尽くしているサーキットなので楽しみ。チャンピオン争いは、まだまだオープン」と3年越しのマルケスとのチャンピオン争いに闘志をかき立てていた。

 今季初フロントロー2番手から今季初表彰台に立ったペトルッチは、「一年ぶりの表彰台獲得となり、すごくうれしい。アンドレアとのバトルは最高だったが、チームメートなので必要以上のリスクを犯したくなかった」と、し烈な2位争いを振り返った。
 ペトルッチ同様、今季初フロントローからマルケスを追撃、序盤、2周に渡って首位を走ったJ・ミラー(ドゥカティ)は、「マルクとのバトルでプッシュしすぎてしまった。それが2位争いに加われなかった原因。でも、とても楽しかったし、大きな自信になった」と、今季2回目の表彰台を逃すも、今季一番の内容に笑みを浮かべた。

 不安定な天候に翻弄されて、Q1からQ2に進出して5番手グリッドを獲得したV・ロッシ(ヤマハ)は、ドゥカティ勢の2位争いの背後に迫るも、表彰台争いに加わることはできなかった。「前戦スペイン(6位)よりは良かったが、依然としてコーナーの立ち上がりで遅れてしまう。終盤、ジャックを抜きたかったが無理だった」と苦しい戦いを振り返った。

 6位にはP・エスパルガロ(KTM)。僅差でF・モルビデリ(ヤマハ)と続き、地元ファンの声援を受けたチームメートのF・クアルタラロ(ヤマハ)がモルビデリを追撃して8位でチェッカーを受けた。Q2進出を逃し15番手グリッドからのレースとなったC・クラッチロー(ホンダ)が9位、予選19位と苦戦したA・リンス(スズキ)が追い上げのレースで10位でフィニッシュした。「今回は、本当に難しいレースだった。いつでもどこでも転びそうな感じだった」とリンス。総合2位から3位にダウンする悔しいレースになった。

 ホンダに移籍して5戦目、ル・マンで5度の優勝経験あるJ・ロレンソ(ホンダ)が、今季ベストグリッドの8番手からスタートして今季ベストの11位でフィニッシュ。「満足できる数字ではないが、フリー走行で4番手。予選で8番手になれて大きく前進した。着実に良くなっている」と手応えをアピールした。フリー走行でトップタイムをマークするも、ウエットコンディションの予選で11位と低迷したM・ビニャーレス(ヤマハ)は、決勝では14番手を走行していた7周目に転倒リタイヤ。ベストグリッドとなる7番手からスタートした中上貴晶(ホンダ)は、12番手を走行していた19周目に転倒リタイヤと5戦連続トップ10フィニッシュを果たせなかった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 41'53.647 NGK
2 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +1.984 NGK
3 9 ダニーロ・ペトルッチ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +2.142 NGK
4 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP19 +2.940  
5 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +3.053 NGK
6 44 ポル・エスパルガロ Red Bull KTM Factory Racing KTM RC +5.935  
7 21 フランコ・モルビデリ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +7.187 NGK
8 20 ファビオ・クアルタラロ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +8.439 NGK
9 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +9.853 NGK
10 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +13.709 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る