• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2018-05-20
第5戦 フランスGP

ルマン・ブカッティサーキット

路面:ドライ、気温:24度、観客:105,203人

マルケス、3連勝
すでにチャンピオンシップ大きくリード

第5戦フランスGPは、アメリカズGP、スペインGPと2連勝中のM・マルケス(ホンダ)が、予選2番手から序盤は慎重に走り、中盤になってペースを上げてトップに浮上すると、そのまま逃げ切る力強い走りで3連勝を達成した。フランスGPで優勝するのは、前戦スペインGP同様、2014年以来、4年ぶり。ヘレスとル・マンは、ともにホンダとマルケスが苦手とするサーキットだけに、今年のRC213Vのパフォーマンスとマルケスのライダースキルの高さを証明することになった。

 「今日はフロントにミディアム。リアには僕だけがハードを選択したので、みんなとは違う戦略を取った。おまけに、オープニングラップには、ヨハンと接触してはらみ、その後、前を走るアンドレア(イアンノーネ)が転倒してぶつかりそうになりポジションを落としてしまった。それがあったので、落ち着いて行けと自分に言い聞かせたのだが、それからはすべてが順調だった」と喜びを爆発させた。

 フリー走行、予選と今季もっとも転倒者の多い大会となった。マルケスもフリー走行で転倒したが、それが決勝の戦いに生きることになる。決勝日は、レースウイークを通じて最高気温が24℃ともっとも高くなり、予想通り、タイヤの選択が勝敗をわけることになった。
 ル・マンはグリップが高いサーキットだが、タイヤにはやさしいコースとして知られる。そのためマルケスを除く全選手がリアにソフトを選択。一方、マルケスだけは、終盤のタイヤのたれを嫌いハードを選んだ。そして序盤をセーフティに、タイヤが温まってからは一気に駆け抜ける作戦が功を奏すことになった。
 「今年はレースをこなす毎にバイクの状態が良くなっている。いまは、バイクのすべてを信頼できる状態。こういうときはいい走りが出来る」。過去2年は、なかなか思い通りに走れないシーズンを過ごすもライダーの頑張りでタイトルを獲得した。今年はバイクの仕上がりの良さが追い風となっているが、久しぶりの3連勝達成。今大会7位になった総合2位のM・ビニャーレス(ヤマハ)との差を36点とした。

 最大のライバルで、そのマルケスの中盤以降のスパートを警戒したA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が、5周目にトップに立った途端、転倒。さらに、ホームGPでPPを獲得、今大会の本命に浮上したJ・ザルコ(ヤマハ)もマルケスを抜いて2番手に浮上した8周目に転倒リタイヤと、速すぎるマルケスを意識した走りが転倒につながった。

 その厳しい戦いでフロントロー3番手からスタートしたD・ペトルッチ(ドゥカティ)は、レース中盤、ドxヴィツィオーゾとザルコの転倒で3番手に浮上していたV・ロッシ(ヤマハ)を交わし、さらにペースの落ちてきたJ・ロレンソ(ドゥカティ)を抜いて2位へ。昨年の日本GP以来の表彰台を獲得した。
 「リアにソフトには自信があった。しかし、フロントのミディアムは思ったほど信頼感がなくて慎重に走ることにした。来年はドゥカティワークスに入れるチャンスがある。この結果がどう評価されるかわからないが、とにかく全力を尽くした」と今季初表彰台獲得の喜びをかみしめていた。

 ペトルッチには抜かれたが、セカンドグループを抜け出し、トップグループを追い続けたロッシが3位。開幕戦カタールGP以来、4戦ぶりに表彰台を獲得した。「3列目スタートになり、セットアップも良くなかったので決勝は厳しい戦いを覚悟していた。しかし、決勝に向けて加速が良くなり、コーナーでもプッシュできた」と、4戦ぶりにヤマハ勢最上位でフィニッシュして上機嫌だった。

 3位のロッシを追撃したJ・ミラー(ドゥカティ)が4位。前戦スペインGPでのアクシデントで体調が完全ではなかったD・ペドロサ(ホンダ)が5位。前半トップを走ったロレンソが6位。昨年の覇者M・ビニャーレス(ヤマハ)は思うようにペースが上がらず7位。予選で大転倒を喫したC・クラッチロー(ホンダ)が8位、アプリリアのA・エスパルガロが9位。今大会開幕前にスズキと2年間の契約更改を済ませたA・リンス(スズキ)が10位。中上貴晶I(ホンダ)は15位で4戦連続ポイントを獲得した。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 41'49.773 NGK
2 9 ダニロ・ペトルッチ Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP18 +2.310  
3 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +5.350 NGK
4 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP17 +6.314  
5 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +7.419 NGK
6 99 ホルヘ・ロレンソ DUCATI TEAM Desmosedici GP18 +10.355 NGK
7 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +23.758 NGK
8 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +25.795 NGK
9 41 アレックス・エスパルガロ APRILIA RACING TEAM GRESINI APRILIA RS-GP +26.206  
10 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +27.937 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る