• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-05-21
第5戦 フランスGP

ルマン・ブカッティサーキット

路面:ドライ、気温:21度、観客:104,020人

ビニャーレス、ロッシとのバトルを制し
ヤマハ、500勝目を飾る

 フリー走行と予選は不安定な天候に頭を悩ませたフランスGPだが、決勝日は青空が広がる絶好のコンディションとなり、フロントローに並んだヤマハ勢3選手の戦いとなった。  序盤をリードしたのは初のフロントロー獲得となる3番手グリッドのJ・ザルコ(ヤマハ)。それを今季2回目のPPを獲得したM・ビニャーレス(ヤマハ)がピタリとマーク。7周目にザルコを交わしトップに浮上したビニャーレスは、1分32秒台で快調にラップを刻み、今季3勝目に大きく前進した。

 しかし、終盤になると、ザルコを交わし2番手に浮上した予選2番手のV・ロッシ(ヤマハ)がビニャーレスを猛追。ラスト3周となった3コーナーでロッシはビニャーレスを交わし首位に立ったが、最終ラップにミス。再びトップに立ったビニャーレスが、最終ラップにファステストラップを刻んで3戦ぶり今季3勝目を達成した。  「最高の気分。最終ラップはベストを尽くした。100%でバレンティーノに対してプッシュしたし、彼がミスをしてからは200%で走った。アメリカ、スペインと最悪のレースだったので、こうしてまた優勝することが出来てすごく嬉しい」と喜びを爆発させた。

 この優勝でヤマハはグランプリ通算500勝目を達成。ビニャーレスは記念すべき500勝目のウィナーとして名前を刻んだ。「優勝しただけではなく、ランクでもトップに戻れた。そして記念すべき500勝目。もう言葉がない」とコメントも弾んだ。

 序盤をリードするも、ビニャーレスとロッシの戦いについていくのがやっとだったザルコが、ロッシの転倒で2位でフィニッシュ。1988年のフランスGPでクリスチャン・サロンが500ccで2位になって以来、最高峰クラスでは29年ぶりにフランスGPでフランス人が表彰台に立つという快挙を達成。10万人を超える大観衆から「ザルコ・コール」が沸き起こった。  「今週に入って、本当に多くの人に表彰台・表彰台と言われた。そのたびにイエスと言ってきたがすごいプレッシャーだった。今日は優勝できなくて残念だったが、2位でも最高」とMotoGP5戦目の初表彰台獲得。それをホームGPで達成して満面の笑みだった。

 最終ラップに転倒したロッシは、「今日は勝負するレースだった。コース終盤は得意だったし逆転のチャンスはあると思っていた。なぜ転んだのかわからない」とがっくりと肩を落とした。  ヤマハ勢が予選でフロントローを独占したのは2008年のカタールGP以来、9年ぶり。そして、ロッシが転倒しなければ08年のフランスGP以来の表彰台独占となったが、ル・マンとZRーM1の相性の良さをあらためて感じさせるレースだった。

 3位にはD・ペドロサ(ホンダ)で、前戦スペインGPの優勝に続き、2戦連続の表彰台獲得となり、総合首位に復活したビニャーレスに続き総合2位に浮上した。  「今日は5列目からのスタートだったので難しいレースになることは覚悟していた。とにかくミスをしないように、それでいてアグレッシブにいかなくてはいけないと思っていたが、思っていた以上にうまくいった。マルクが転んでからペースを上げたが前の3人には届かなかった。最終ラップにバレンティーノが転倒したことで3位なれた。嬉しいプレゼントになった」と2戦連続表彰台の喜びをかみしめていた。

 レース前半、ペドロサと5位争いの集団を形成したA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)はC・クラッチロー(ホンダ)との戦いを制して4位。「目標は6位」と語っていたクラッチローが5位でチェッカーを受けた。 ル・マンを得意とするJ・ロレンソ(ドゥカティ)は6位。J・フォルガー(ヤマハ)が7位。フリー走行、予選と2度の転倒を喫したJ・ミラー(ホンダ)が今季ベストタイの8位。ホームGPに気合満点のL・バズ(ドゥカティ)が9位。A・イアンノーネ(スズキ)が今季2回目のトップ10フィニッシュとなる10位でチェッカーを受けた。

 予選5番手からレース後半まで4番手を走ったM・マルケス(ホンダ)は、フリー走行、予選と同じ3コーナーで今大会3回目の転倒を喫しリタイヤ。総合首位のビニャーレスと27点差の総合4位にダウン。「今大会、3コーナーと相性が悪かった。次戦から挽回したい」とコメントした。

 ル・マンで開催されるようになり初の10万人越え。熱い戦いにファンも大喜びだった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 43'29.793 NGK
2 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +3.134 NGK
3 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +7.717 NGK
4 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +11.223 NGK
5 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +13.519 NGK
6 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +24.002 NGK
7 94 ジョナス・フォルガー MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +25.733 NGK
8 4393 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +32.603 NGK
9 76 ロリス・バズ Avintia Racing Ducati Desmosedici GP16 +45.784  
10 29 アンドレア・イアンノーネ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +48.332 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る