• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2018-06-03
第6戦 イタリアGP

ムジェロ サーキット

路面:ドライ、気温:29度、観客:90,310人

ロレンソ、今季初優勝
ドゥカティ、ホームで1-2フィニッシュ

 青空が広がった第6戦イタリアGPは、29℃まで気温が上昇、路面温度も51度を記録するタイヤに厳しいコンディションとなり、今季初のフロントロー2番手からホールショットを奪うと、一度も首位をゆずらなかったJ・ロレンソ(ドゥカティ)が、今季初優勝を達成した。ドゥカティ移籍2年目、24戦目にしてドゥカティ初優勝を達成したロレンソは、「優勝になかなか手が届かなかったが、決してあきらめなかった。ドゥカティのホームコースで優勝するのが夢だったし、これまでの人生の中でもっともハッピーな一日となった」と喜びを爆発させた。

 イタリアGPの開催されるムジェロは、タイヤに厳しいサーキットだが、ホームコースのアドバンテージを最大限に生かしたドゥカティが昨年に続き連勝。フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトを選択したロレンソは、「フロントタイヤを温存するためにライディングスタイルを変えた。新しい燃料タンクも良かった。ムジェロは大好きなコースだからね」とムジェロ通算7勝目に大喜びだった。

 2位には、予選7番手から着実に追い上げたA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)。大会2連覇は果たせずも、5台に膨れあがった2位争いから抜け出すことに成功。ドゥカティ・ワークスがホームGPで1,2フィニッシュを果たした。
 「昨日より気温が高くなったことでフロントタイヤにハードを選択したが、思ったように機能しなかった。ホルヘをつかまえようと全力を尽くしたが何度も転びそうになった。コーナーの進入でしっかり入っていけず辛かった」と気温の上昇で、アドバンテージを取り過ぎたことが裏目に出てしまった。しかし、スペインGP、フランスGPと2戦連続でリタイヤと悪い流れに終止符を打つ表彰台獲得。開幕戦カタールGPの優勝以来の表彰台を喜んだ。

 3位には、2年ぶりにPPを獲得、地元ファンを喜ばせたV・ロッシ(ヤマハ)で、ムジェロで3年ぶりの表彰台獲得を果たした。タイヤの選択が勝敗に大きく影響したレースだが、フロントはドヴィツィオーゾと同じハードコンパウンド。リヤはミディアムを選んだ。「中盤自分を抜いていった選手たちはソフトを選択していた。その選手たちがペースを落としていくことになったし、自分の選択は良かったと思う。ムジェロで表彰台に立つのは久しぶり。最高だった」と、ムジェロに集まった9万を越えるファンを熱狂させた。

 ロッシとし烈な3位争いを繰り広げ、何度も先行したA・イアンノーネ(スズキ)が4位。ロッシとイアンノーネを激しく追撃したA・リンス(スズキ)が5位。予選8番手から3位争いのグループに追いついたC・クラッチロー(ホンダ)が6位。後半グループのトップに浮上したD・ペトルッチ(ドゥカティ)は、タイヤの消耗に苦しんで7位へと後退した。

 8位争いもし烈で、3台の戦いを制したM・ビニャーレス(ヤマハ)が先着、A・バウティスタ(ドゥカティ)が9位、J・ザルコ(ヤマハ)10位という結果だった。

 予選6番手から好スタートを切って2番手に浮上したM・マルケス(ホンダ)は、5周目の10コーナーでフロントから転倒。再スタートしたが16位だった。「今大会割り当てられたタイヤは、何を履いてもソフトすぎてセットアップに苦しんだ。決勝はトップグループにいてプッシュもしなかったのだが、あっという間にフロントから切れ込んだ。なんとか立てなおそうとしたが無理だった」とウイークを通じてもっとも暑いコンディションにタイヤが悲鳴を上げた格好だった。
 今季2回目のノーポイントに終わったマルケスだが、総合2位に浮上したロッシに23ポイント差で首位をキープ。「去年のいまごろは37点差を追いかけていた。それを思えば23点のリードはすごくいい」と悔しいレースを振り返っていた。

 今大会予選20番手と低迷したD・ペドロサ(ホンダ)は、スタート直後の2コーナーでバウティスタと接触、バランスを崩し、中上貴晶(ホンダ)を巻き込んで転倒リタイヤ。中上は再スタートを切ったが18位。「ダニがバランスを崩してぶつかってくるのが見えた。再スタートしてからのペースは良かったし、もし何もなければ目標のトップ10は達成できたし、予想以上に良い結果を得られたかもしれない」と悔しがった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP18 41'43.230 NGK
2 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP18 +6.370 NGK
3 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +6.629 NGK
4 29 アンドレア・イアンノーネ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +7.885 NGK
5 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +7.907 NGK
6 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +9.120 NGK
7 9 ダニロ・ペトルッチ Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP18 +10.898  
8 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +11.060 NGK
9 19 アルバロ・バウティスタ Angel NietoTeam Ducati Desmosedici GP17 +11.154  
10 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +17.644 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る