• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2021-05-30
第6戦 イタリアGP

ムジェロ サーキット

気温:23℃、路面:ドライ 42℃、 湿度:30%

クアルタラロ、今季3勝目
イタリアGP初制覇

 新型コロナウイルスのパンデミックのため2年ぶりの開催となった第6戦イタリアGPは、4戦連続PPを獲得したF・クアルタラロ(ヤマハ)が、今季3勝目を挙げた。序盤はF・バニャイア(ドゥカティ)、J・ザルコ(ドゥカティ)の先行を許すが、バニャイアが2周目に転倒し2番手へ、3周目にザルコを交わすと、それからは後続を寄せ付けない強さで23周を走り切った。  第4戦スペインGPでほぼ勝利を手中にしながら腕上がりのために13位にダウン。すぐに手術を決断。続くフランスGPで3位。そしてイタリアGP初制覇達成し、序盤の速さを完全に取り戻した。

 予選ではサーキットベストタイムを塗り変える快走。速さと強さをアピールしたクアルタラロは、「素晴らしいレースだったが気持ちを集中させるのが難しかった。毎周、ジェイソン・ジュパスキエのことを考えていた。今日のレースは、全員が彼のために走っていたと思う」と予選の事故で亡くなったMoto3クラスのジュパスキエ選手への黙祷を捧げてスタートした苦しい戦いを振り返った。  レース内容については「バニャイアが転んでから5ラップは全力で走った。一昨年の大会は予選2番手から8位だったから、今日の結果には満足している」と表彰台に立った3選手でスイス国旗を持ちジュパスキエ選手に今大会の表彰台を捧げた。

 2位には予選7番手から追い上げたM・オリベイラ(KTM)。し烈な3位争いを制したJ・ミル(スズキ)が9番手グリッドから今季2回目の表彰台を獲得した。ミルは、チームメートとのし烈なバトル。そして終盤はザルコと厳しい戦いを繰り広げた。「今日はヘルメットをかぶるのも辛い気持ちだった。ジェイソンの事故のことを考えると悲しくて仕方なかった。ファビオもミゲールも同じ気持ちだったと思う。今日の表彰台は彼と彼の家族に捧げたい」とコメント。クアルタラロ同様、精神的に辛いレースだったことをコメントした。

 4位にはザルコ。5位にB・ビンダー(KTM)。そして6位に終わったJ・ミラー(ドゥカティ)は「今日は厳しいレースだった。最後までポジションを上げようと頑張ったが、完璧なフィーリングではなかった」と表彰台争いに加われないまま3連勝を逃した。7位にA・エスパルガロ(アプリリア)、8位にはM・ビニャーレス(ヤマハ)で「フロントにソフトを装着するといい走りができたのだが、ミディアムだとソフトのような走りができなかった。しかしレースを考えるとソフトは選択できなかった」とタイヤ選択に苦しんだ。9位にD・ペトルッチ(KTM)、10位にV・ロッシ(ヤマハ)で「今回はMoto3の予選で事故があり、辛いレースだった。レースは満足できる順位ではないがトップ10フィニッシュできた」と今季ベストリザルトでゴールした。

 今大会も苦戦のホンダ勢は、予選12番手からスタートしたP・エスパルガロが12位。「ジェイソンの悲しい事故があり辛いレースだった。だれもがそうだったと思うが今日は彼のための走った。レース中はウイングが無くなりコントロールが難しかった」と厳しいレースを振り返った。 予選最下位からスタートしたA・マルケスが予選最下位からスタート14位。予選15番手から8番手まで追い上げた中上貴晶はラスト4周で転倒リタイヤ、復帰4戦目となるM・マルケスは2周目に転倒リタイヤ。  その転倒を回避したF・モルビデリ(ヤマハ)は16位だった。

 予選2番手からホームGP制覇に向けて2周目までトップを走ったバニャイアは、「悲しいレースで集中力をキープできなかった。チームに申し訳ない気持ち」とコメントした。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 20 ファビオ・クアルタラロ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 41'16.344 NGK
2 88 ミゲル・オリベイラ Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +2.592  
3 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +3.000 NGK
4 5 ヨハン・ザルコ Pramac Racing Ducati Desmosedici GP21 +3.535  
5 33 ブラッド・ビンダー Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +4.903  
6 43 ジャック・ミラー Ducati Lenovo Team Ducati Desmosedici GP21 +6.233 NGK
7 41 アレックス・エスパルガロ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +8.030  
8 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +17.239 NGK
9 9 ダニロ・ペトルッチ Tech3 KTM Factory Racing KTM RC16 +23.296  
10 46 バレンティーノ・ロッシ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +25.146 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る