• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-06-16
第7戦 カタルーニャGP

カタルーニャ サーキット

路面:ドライ、気温:26度、観客:91,734人

マルケス、4勝目
チャンピオン争い一歩前進

 第7戦カタルーニャGPは、波乱の幕開けとなった。2周目の10コーナーでトップグループにいたJ・ロレンソ(ホンダ)が転倒、そのアウト側にいたA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とM・ビニャーレス(ヤマハ)が巻き添えになり、さらにその後方にいたV・ロッシ(ヤマハ)が多重クラッシュを避けきれず転倒と、予選で上位につけた選手たちがあっという戦列から姿を消した。
 この多重クラッシュの直前、ドヴィツィオーゾを交わし首位に浮上したM・マルケス(ホンダ)は、運良くこの多重クラッシュを回避し、首位を独走。この日、マルケスは、フロントにハード、リアにソフトを選択し、「序盤からプッシュしてリードを広げる。それからはリアタイヤをオーバーヒートさせないようにコントロールしようと思っていた」という作戦だったが、思わぬ形でその通りの展開となった。

 2周目を終えたときには、2番手に浮上したD・ペトルッチ(ドゥカティ)との差は1秒。それから1ラップで0.5秒づつリードを広げ、レース中盤には5.5秒の大量リード。それからは2位グループのペースを確認しながらレースをコントロール。24周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。
 カタルーニャGPでは、2014年に優勝して以来、優勝から見放された。15年は転倒リタイヤ、16年から18年までは3年連続2位。なかなか優勝に手が届かなかった大会だが、5年ぶりの優勝を果たし、喜びを爆発させた。先に行われたMoto2クラスでは、弟のアレックス・マルケスが優勝。カタルニアGPでは5年ぶりの兄弟優勝を達成した。「今日は完璧なレース。応援してくれたファンにありがとうと言いたい。今日は弟と一緒に優勝できたことがなによりもうれしい」と、9万人を越える大観衆の期待に見事に応え、満面の笑みだった。

 2位には、マルケスの史上最年少PP記録を第4戦スペイン大会でブレイク、今大会2度目のPPを獲得したF・クアルタラロ(ヤマハ)だった。セカンドグループは、中盤まではペトルッチがリード。それをクアルタラロとA・リンス(スズキ)が追う展開だった。後半に入るとリンスとペトルッチが何度もポジションを入れ替える。そして、終盤、この二人を交わしたクアルタラロがグループを抜け出してマルケスを追った。「腕上がりの手術をしたばかりで後半は痛みがあったが、表彰台に立ったことを思えばなんでもないこと。とてもうれしい」とチームスタッフと喜びを爆発させた。今大会は、マルケスの史上最年少優勝記録をブレイクするラストチャンスだった。それは果たせなかったが、マルケスを追っての2位表彰台にファンは大喜び。フランス国籍ながら、8歳からバルセロナを拠点にレースを続けたきたクアルタラロにファンは惜しみない拍手を送った。

 3位にはリンスとの戦いを制したペトルッチで、フランスGP(3位)、初優勝を達成した前戦イタリアGPに続き、3戦連続の表彰台獲得となった。フリー走行、予選と過去数戦に比べて苦戦したペトルッチは、「2周目のアクシデントがなければ、今日の結果は難しかったかも知れない。でも、アレックスと何度も抜き合いをした。終盤はファビオに抜かれたが最後までベストを尽くした」と3戦連続の表彰台獲得に笑みだった。

 そのペトルッチとし烈な戦いを繰り広げたリンスは、「路面温度が高く、タイヤが厳しかった。右コーナーで特に苦労した」と4位。セカンドグループで表彰台争いに加わったJ・ミラー(ドゥカティ)は、終盤、リンスに抜かれ5位、その二人に続き、ルーキーのJ・ミル(スズキ)がベストリザルトの6位でチェッカーを受けた。

 P・エスパルガロ(KTM)が7位。それを追った中上貴晶(ホンダ)が8位となり、今季6回目のトップ10フィニッシュを果たした。9位にはホームGPに闘志を燃やすT・ラバット(ドゥカティ)で今季ベストリザルトだった。

 今大会は24台が出場して完走13台という厳しいレース。ベストグリッド獲得のF・モルビデリ(ヤマハ)、好調な走りを見せたF・バニャイア(ドゥカティ)、セカンドグループで表彰台争いに加わったC・クラッチロー(ホンダ)なども転倒リタイヤに終わった。

 2周目の多重クラッシュの犠牲者になり、総合2位をキープもマルケスに37点差をつけられたドヴィツィオーゾは、「チャンピオンシップを考えれば厳しい結果。言葉もない」と肩を落とした。多重クラッシュの原因をつくったロレンソは、「自分のミス。本当に申し訳ない」と謝罪した。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 40'31.175 NGK
2 20 ファビオ・クアルタラロ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +2.660 NGK
3 9 ダニーロ・ペトルッチ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +4.537 NGK
4 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +6.602 NGK
5 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP19 +6.870  
6 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +7.040 NGK
7 44 ポル・エスパルガロ Red Bull KTM Factory Racing KTM RC +16.144  
8 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +17.969 NGK
9 53 ティト・ラバト Reale Avintia Racing Ducati Desmosedici GP18 +22.661  
10 5 ヨハン・ザルコ Red Bull KTM Factory Racing KTM RC +26.228  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る