• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-06-11
第7戦 カタルーニャGP

カタルーニャ サーキット

路面:ドライ、気温:33度、観客:99,873人

ドヴィツィオーゾ、逆転優勝
連勝で今季2勝目

 イタリアGPからの連戦となった第7戦カタルーニャGPは、前戦イタリアGPで今季初優勝を達成したA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が好調をキープ、カタルーニャGPも制した。予選7番手から決勝に挑んだドヴィツィオーゾは、オープニングラップ5番手。2周目には、J・ロレンソ(ドゥカティ)、M・マルケス(ホンダ)、D・ペドロサ(ホンダ)に続いて4番手につけると、6周目にはペースが落ちてきたロレンソを交わし3番手に上がると、前を走るペドロサとマルケスと3台でトップグループを形成した。  中盤はペドロサを先頭にドヴィツィオーゾは2番手につける。そして、終盤に入った17周目には、レース序盤と同じ1分46秒台までペースを上げて一気に首位に浮上すると、そのままハイペースでラップを刻み、25周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

 ドヴィツィオーゾは、「今日はタイヤをマネージメントするのが大変だった、リアタイヤが消耗してからは全くプッシュできなくなったが、でもスピードがあったので、プッシュせずに首位をキープすることが出来た。このサーキットではテストを行っていたし、レースウィークを通していい仕事ができた。タイヤには厳しかったが、ストレートでは早かった」と、イタリアGP同様、デスモセディチGP17の速さを武器に自身初の2連勝を達成した。この連勝でドヴィツィオーゾは、総合首位のM・ビニャーレス(ヤマハ)との差を12点から7点へと縮めることに成功した。

 2位には、ホームGPに闘志を燃やしたマルケス。レース中盤まではトップ集団の中でタイヤを温存。後半、ドヴィツィオーゾがペースを上げたときにはすかさずプッシュしたが、「今日のドヴィツィオーゾのマシンは本当に速かった。ドヴィツィオーゾが逃げようとしていたので何周かプッシュしたが、あまりにもリスクが大きので2位キープに切り替えた。今回は土曜日に4回、日曜日のフリー走行でも転倒。精神的にすごく厳しいレースだったが、いつものように攻めの走り、諦めない走りで挑んだ」と、転倒ばかりの波乱のレースウィークを表彰台で締めくくり満面の笑みだった。これでマルケスは総合4位から3位へと浮上。ビニャーレスとのポイント差を23点とし、「今年のチャンピオンシップはまるでジェットコースターのようだ。一戦一戦集中しなくてはいけない」と、3戦ぶりの表彰台に大喜び。地元ファンの期待に応え、大きな声援を受けていた。

 今季2回目のPPを獲得、中盤までトップを快走したペドロサが3位でフィニッシュした。後半、タイヤの消耗でペースを落とし、苦しいレースを戦い抜いたペドロサは「今日はタイヤがかなり苦しくて最初からプッシュできず、グリップも感じられなかった。最後まで自分のリズムを維持できるようにタイヤをマネージメントしようとしたが、今日のドヴィツィオーゾはとても速く、ストレートですぐに追いつかれた。MotoGPは表彰台に立つのが厳しいレース。こうしてホームの観客の前で表彰台に上がることができて最高の気分」と、転倒リタイヤに終わったイタリアGPの雪辱を果たした。

 序盤トップを走り、中盤8番手までポジションを落としたロレンソは、前後にハードタイヤを選択したことが功を奏し、後半追い上げて4位でフィニッシュ。予選14番手から着実に追い上げたJ・ザルコ(ヤマハ)が5位。前半、表彰台に立った3人とトップグループを形成したJ・フォルガー(ヤマハ)が6位でチェッカーを受けた。

 前戦イタリアGPで5位に登り調子のA・バウティスタ(ドゥカティ)が、ホームGPに闘志を燃やし7位。フリー走行、予選とタイヤのグリップに苦しみ「Q2」進出を逃す13番手グリッドから決勝に挑んだV・ロッシ(ヤマハ)は8位。「昨年優勝したサーキットだけに本当に残念。今日は路面温度も高くタイヤのグリップに苦しんだが、ベストは尽くした」と納得の表情だった。

 H・バルベラ(ドゥカティ)が9位。そのバルベラに最終ラップに交わされ10位のビニャーレスは、総合首位をキープするも、レースウィークを通じてタイヤのグリップ不足と格闘。「がっかりしたが、こういう日もある。こういうレースでしっかりポイントを獲得するのがチャンピオンシップを戦い抜くためには重要」と我慢の走りで貴重な6点を獲得した。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 44'41.518 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +3.544 NGK
3 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +6.774 NGK
4 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +9.608 NGK
5 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +13.838 NGK
6 94 ジョナス・フォルガー MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +13.921 NGK
7 19 アルバロ・バウティスタ Pull&Bear Aspar Team Ducati Desmosedici GP16 +16.763  
8 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +20.821 NGK
9 8 エクトル・バルベラ Reale Esponsorama Racing Ducati Desmosedici GP16 +23.952  
10 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +24.189 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る