• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-08-04
第10戦 チェコGP

チェコ・ブルノサーキット

路面:ウエット、気温:23度、観客:85,125人

マルケス、ポールtoウイン
2連勝、今季6勝め

 第10戦チェコGPは、2戦連続今季6回目のPPを獲得したM・マルケス(ホンダ)が、決勝でもライバルを寄せ付けない走りで2戦連続今季6勝目を挙げた。予選では断続的に降り続ける雨と不安定な路面コンディションの中で、誰よりも早くスリックタイヤを入れてスーパーラップを刻んだ。決勝は、スタート直前に一時的に強い雨が降り、スタート時間が40分間ディレイとなった。そして、全車スリックタイヤでグリッドに並び再開されたレースでは、まだウエットパッチが残る難しいコンディションの中でマルケスが快調にラップを刻み、独走優勝を果たした。

 チェコGPは、どちからといえば、これまで苦手としてきたサーキットのひとつ。デビューした13年に初優勝、2回目の優勝は”フラッグ・トゥ・フラッグ”となった17年と、なかなか勝てないシーズンが続いたが、今大会は不安定なコンディションも追い風となり、最高峰クラスでチェコGP3度目の制覇を達成した。
 「今日はウエットパッチが残る難しいコンディションだった。序盤は路面コンディションに細心の注意を払い、終盤はタイヤのフィーリングに気をつけて走らなければならなかった。予選も決勝も難しいコンディションだったが、いいレースができた」と満面の笑み。フロントのハードは、わずか4人だけが選択、リアはほとんどの選手がソフトを選択したが、タイヤ選択もペース配分も、マルケスの走りが際立った。

 予選ではミック・ドゥーハンの持つ最高峰クラス最多PP記録の「85」に並び、決勝では最高峰クラス50勝目を達成。通算76勝を挙げて、歴代4位のマイク・ヘイルウッドに並んだ。これで今大会2位のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)に63点差、総合3位で今大会8位のD・ペトルッチ(ドゥカティ)に81点差。4年連続6回目のタイトル獲得に向けて一歩前進のレースだった。

 ドヴィツィオーゾは「今日はマルクとバトルをしたかったが、序盤に離され、その差をつめることができなかった。マルクはソフトを選び、自分はミディアムを選択した。マルケスは後半、右コーナーで苦労しているのがわかったがマルクにはかなわなかった。勝てなかったが今日はベストを尽くした」と、マルケスに突き放される悔しい展開も納得の表情だった。

 ウエットコンディションの予選で2番手につけたJ・ミラー(ドゥカティ)が、A・リンス(スズキ)とのし烈なバトル制し、今季2回目の表彰台に立った。「今日の表彰台は僕のキャリアの中で一番のレース。終盤、リンスがリアのグリップに苦しんでいるのがわかったので、抜くチャンスを待った。今日はタイヤの選択が難しかった。フロントにハードを履けばもっといい走りが出来たかも知れない」と厳しい戦いを振り返った。

 惜しくも表彰台を逃したリンスは、「序盤はトップグループの中でマルケスとドヴィツィオーゾを追った。しかし、中盤過ぎからリアタイヤが厳しくなり、スピニングもひどいので早めにシフトアップしなければならずタイムをロス。ミラーとのバトルになった。表彰台には立てなかったが、2戦連続リタイヤの後なので4位になれて良かった」と厳しいレースを振り返った。

 予選11番手のC・クラッチロー(ホンダ)がオープニングラップ8番手からペトルッチ、P・エスパルガロ(KTM)、V・ロッシ(ヤマハ)を抜いて5位。予選7番手から6位でフィニッシュのロッシは、「6位という結果にはとても喜べないが、前戦ドイツGPよりは内容は良かったと思う。とにかくいまはやらなければいけないことがたくさんある。ひとつひとつ解決していかなくてはいけない」と巻き返しに向けてモチベーションを高めていた。

 終盤ロッシを追撃したF・クアルタラロ(ヤマハ)が7位、ペトルッチ8位、予選13番手から好スタートを切った中上貴晶(ホンダ)が9位。9番手グリッドから序盤15番手までポジションを落とし10位でフィニッシュのM・ビニャーレス(ヤマハ)は、「グリップが低いときに苦しい走りとなる。これがいまの課題」とフリー走行の好走を結果につなげられず厳しい表情だった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 39'24.430 NGK
2 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +2.452 NGK
3 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP19 +3.497  
4 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +4.858 NGK
5 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +6.007 NGK
6 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +9.083 NGK
7 20 ファビオ・クアルタラロ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +12.092 NGK
8 9 ダニーロ・ペトルッチ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +13.976 NGK
9 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +15.724 NGK
10 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +16.558 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る