• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2018-08-12
第11戦 オーストリアGP

レッドブルリンク

路面:ドライ、気温:27度、観客:206,746人(3日間)

ロレンソ 、バトルを制し
今季3勝目

 チェコGPからの連戦となった第11戦オーストリアGPは、今季4回目のPPを獲得したM・マルケス(ホンダ)と予選2番手のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)、そして3番手のJ・ロレンソ(ドゥカティ)の3人が、序盤からトップグループを形成した。
 前戦チェコGPとまったく同じ展開。違ったのは、レース中盤になってドヴィツィオーゾがジリジリ遅れ始めたこと。後半は、マルケスとロレンソの一騎打ち。何度も首位を入れ替えた終盤の抜き合いは、ストレートでのスピードに優るドゥカティのロレンソに軍配が上がった。
 前戦チェコGPはドヴィツィオーゾ、ロレンソ、マルケスの三つ巴の戦いでドヴィツィオーゾが勝利。今大会は、ロレンソとマルケスの一騎打ちとなりロレンソが先着。今季初の2連戦はドゥカティの2連勝で決着した。

 チェコで2位、そしてオーストリアで今季3勝目を挙げたロレンソは、「最終ラップのマルクとのバトルはどうなるかと思った。マルクはスタートからプッシュする作戦。リードが1秒まで広がったときは不安になったが追いついて抜くことが出来た」と、後半はロレンソが主導権を握り、加速に優るドゥカティのスピードを武器にマルケスの猛追撃を抑えた。
 これで総合ポイントでは5位から3位へと一気に浮上。「まだレースがたくさん残っているしチャンピオン争いに復活と言われるが、現実的には2位争いだと思う。とにかく、いいレースが出来たことがすごくうれしい」と、マルケスとのし烈な戦いを制し、チームメートのドヴィツィオーゾをポイントで抜き、今大会6位に終わったV・ロッシ(ヤマハ)に12点差に迫ったことで、喜びを爆発させていた。

 2戦連続でドゥカティ勢の後塵を浴びたマルケスは、「今日は全力を尽くした。ここはドゥカティ勢が強いことがわかっていたので、スタートから逃げ切る作戦だった。スピードではドゥカティが優っていたが、ブレーキングとコーナーの進入では負けていなかった。これからのレースもこれが武器になる。今日は2位で、ホルヘには5点つめられたが、その他にはポイントでリードを広げられたのが嬉しい」と今大会6位のロッシとの差を49点から59点へと広げ、3年連続5回目のタイトル獲得に向けて、また一歩前進した。

 トップの二人からジリジリ遅れたドヴィツィオーゾは、「ラスト10周でリアタイヤが消耗してしまった。その原因はホルヘとのバトル。ライン取りが違ってリアタイヤを酷使してしまった。自分のラインならこんなことはなかったはず」と優勝争いから後退し、悔しい表情だった。

 トップの3台を視野に5位以下を寄せ付けない走りを見せたC・クラッチロー(ホンダ)が4位。「表彰台には立てなかったが、ホームGPの次戦イギリスGPに向けて弾みがついた」と手応えをアピール。D・ペトルッチ(ドゥカティ)、ロッシ、D・ペドロサ(ホンダ)のし烈な5位争いは、ペトルッチが先着。今季ワースト予選の14番手から追い上げたロッシは「7位か8位にはなれると思っていた。グリッドが良ければ、カルとバトルできたかも」と最悪の状況を脱出。予選9番手から他者との接触でオープンニングラップ14番手までポジションを落としたペドロサが7位でチェッカーを受けた。

 予選10番手のA・リンス(スズキ)は、「ダニとバレンティーノに抜かれたときについていきたかったが無理だった」と8位。J・ザルコ(ヤマハ)、A・バウティスタ(ドゥカティ)と続き、ここまでがトップ10フィニッシュだった。

 T・ラバット(ドゥカティ)が11位で今季7回目のポイント獲得。M・ビニャーレス(ヤマハ)が12位、A・イアンノーネ(スズキ)13位。地元レッドブルKTMのB・スミス(KTM)が14位。中上貴晶(ホンダ)が15位になり、6戦ぶりにポイントを獲得した。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP18 39'40.688 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +0.130 NGK
3 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP18 +1.656 NGK
4 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +9.434 NGK
5 9 ダニロ・ペトルッチ Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP18 +13.169  
6 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +14.026 NGK
7 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +14.156 NGK
8 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +16.644 NGK
9 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +20.760 NGK
10 19 アルバロ・バウティスタ Angel NietoTeam Ducati Desmosedici GP17 +20.844  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る