• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2021-08-29
第12戦 イギリスGP

シルバーストーン

路面:ドライ 24℃、気温:17℃、湿度:66%、観客数67,000人

クアルタラロ、快走
今季5勝目

 コロナ禍の影響で2年ぶりの開催となった第12戦イギリスGPは、予選3番手から5周目に首位に浮上、その後、後続を引き離し独走態勢に持ち込んだF・クアルタラロ(ヤマハ)が3戦ぶり今季5勝目を挙げた。今大会のクアルタラロは初日から好調で、特にレースタイヤでの連続ラップでライバルを圧倒。その走りを見事に再現した。

 序盤は4番手。PPスタートのP・エスパルガロ(ホンダ)、A・エスパルガロ(アプリリア)、F・バニャイア(ドゥカティ)に先行を許したが、3周目にバニャイア、4周目にA・エスパルガロ、5周目にP・エスパルガロを抜いて首位へ。それからチェッカーフラッグが振られる20周目まで危なげない走りだった。
 開幕前に「今大会を終えて2位に50点以上のリードを築きたい」と語っていたが、今大会9位で総合2位に浮上したJ・ミル(スズキ)に65点のアドバンテージを築いた。
 「最高にうれしい勝利。今日は何も考えずレースに集中できた。マシンのフィーリングが素晴らしくて、ひたすらライディングをエンジョイできた。まさに完ぺきな勝利」と表彰台で喜びを爆発させた。
 今回の勝因はブレーキングが良かったこと。後続との差が3秒まで開いたところで、その差をキープすることに集中したこと。「アッセンで優勝したときもファンがいたが、今回はすごい観客だった。大勢の観衆とともにこの瞬間を分かち合えることがうれしい」。スタンドを埋め尽くした6万7000人のファンから盛大な歓声と拍手が送られた。

 予選10番手のA・リンス(スズキ)が素晴らしい追い上げを見せた。オープニングラップは8番手。その後、着実にポジションを上げてレース中盤の12周目に2位に浮上すると、A・エスパルガロと後半追い上げてきたJ・ミラー(ドゥカティ)の追撃を振り切った。
 2年前のイギリスGPで優勝、そして今大会2位のリンスは、「表彰台に戻るために諦めずに努力を続けてきたし、今日は本当に最高の気分。この数戦、表彰台のチャンスがあっただけにすごくうれしい。今日の目標はトップ5に入ることだったが、マシンのフィーリングが良くて無理なく攻めることができた」と満面の笑みだった。今年は転倒や怪我が多く、苦戦が続いていた。昨年のヨーロッパGP(バレンシア)以来、14戦ぶりの表彰台獲得を果たし、チームスタッフも大喜びだった。

 3位争いを繰り広げたミラーが4位。A・エスパルガロを最終ラップに一度は抜くもクロスラインで抜き返された。「厳しいレースだったが、今日の結果には満足している。勿論、表彰台に立てていたらもっとうれしいが、自分たちのパフォーマンスを見せられ」と予選7番手から追い上げのレースに納得の表情。今大会はブレーキングが決まらなかったことが優勝争いに加われなかった要因。チームメートのバニャイアは序盤トップグループにつけるもリアのグリップに苦戦して14位まで後退した。

 レプソル・ホンダに移籍して12戦目を迎えるP・エスパルガロが今季初PPから5位でフィニッシュ。序盤トップグループを牽引するなど、ホンダに移籍して初めてトップを走った。
 「今日はレースをとても楽しめた。苦戦しているときは、ずっとこの気持ちを探していた。表彰台には立てなかったが、PPを獲得してトップを走れた。全体的にすばらしい週末だった」と今季イチバンの走りに笑みが絶えなかった。

 以下、B・ビンダー(KTM)、I・レクノア(KTM)と続き、予選17番手から追い上げたA・マルケス(ホンダ)が8位。予選11位と苦戦のミルが9位も総合2位に浮上。D・ペトルッチ(KTM)が10位だった。

 中上貴晶(ホンダ)は13位。チームと契約を解消したM・ビニャーレスに代わり出場のC・クラッチロー(ヤマハ)が17位。怪我で欠場しているF・モルビデリの代役として出場のJ・ディクソン(ヤマハ)は19位。M・マルケス(ホンダ)とJ・マルティン(ドゥカティ)は1周目に接触して転倒、ともにリタイヤとなった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 20 ファビオ・クアルタラロ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 40’20.579 NGK
2 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +2.663 NGK
3 41 アレイシ・エスパルガロ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +4.105  
4 43 ジャック・ミラー Ducati Lenovo Team Ducati Desmosedici GP21 +4.254 NGK
5 44 ポル・エスパルガロ Repsol Honda Team Honda RC213V +8.462 NGK
6 33 ブラッド・ビンダー Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +12.189  
7 27 イケーラ・レクノナ Tech3 KTM Factory Racing KTM RC16 +13.560  
8 73 アレックス・マルケス LCR Honda Castrol Honda RC213V +14.044 NGK
9 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +16.226 NGK
10 9 ダニロ・ペトルッチ Tech3 KTM Factory Racing KTM RC16 +16.287  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る