• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-08-25
第12戦 イギリスGP

シルバーストーン

路面:ドライ、気温:31度、観客:50.254人

リンス、逆転優勝
今季2勝目

 第12戦イギリスGPは、今季8回目のPPから好スタートを切ったM・マルケス(ホンダ)と予選7番手からマルケスを追撃したA・リンス(スズキ)の一騎打ちとなり、最終ラップの最終コーナーでマルケスのインを差したリンスが、第3戦アメリカズGP以来の優勝を達成した。その差0.013秒。アウトにはらんだマルケスのインをスルリと抜け出したリンスは、「信じられない。今日は何度もミスをした。ラストラップに入るときには周回数を間違えていた。あと一周あるぞと気持ちを奮い立たせた」とスタッフと喜びを爆発させた。
 今年はシーズン序盤に好走を見せるも、中盤に入ってからは転倒が続きチャンピオン争いから大きく後退した。総合首位のマルケスとのバトルも、プレッシャーがない分、リンスに追い風だった。「アメリカズGPではバレンティーノ。そして今回はマルク。二人のレジェンドライダーに競り勝つことができた。スズキのバイクはすごくフィーリングがいい。これからもこういうレースをしていきたい」と、満面の笑みだった。

 一方、スタートから最終ラップまで、そのほとんどをリードしながら、最後の最後に抜かれたマルケスは、さすがにがっかり。「最終コーナーの立ち上がりでフロントがスライドしたのでアクセルを戻した。それでアレックスに先行された」と肩を落とした。
 今大会はフリー走行、予選と好調で、5年ぶりのイギリスGP制覇の期待が膨らんだ。そしてスタート直後には今大会最大のライバルになりそうな走りをしていたF・クアルタラロ(ヤマハ)が転倒、その転倒に総合2位のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が巻き込まれてともにリタイヤ。今季7勝目を逃したマルケスだが、これで総合2位のドヴィツィオーゾとの差を58点から78点とし、4年連続6回目のタイトル獲得に大きく前進した。
 「優勝できなかったのは悔しいが、チャンピオンシップでポイント差を広げられたのはうれしい。アンドレアの転倒は避けられないものだったし、本当に残念。怪我がないことを願う」とライバルの身体を気づかった。

 予選6番手からマルケスとリンスを追撃したM・ビニャーレス(ヤマハ)が3位でフィニッシュした。「シルバーストーンは長いストレートがあるし、エンジンパフォーマンスが重要になる。今日はすべてのポテンシャルを発揮できたと思うし3位になれて満足している。何よりもレースウイークを通じて、バイクの状態が良くなっていったことがうれしい」と、レース終盤は優勝争いも視野に入る快走。第9戦ドイツGP以来となる今季3回目の表彰台に納得の表情だった。

 対象的に予選2位から4位でフィニッシュのV・ロッシ(ヤマハ)は、「表彰台を期待していたし喜べない。今日はリアタイヤのパフォーマンスに苦しんだ。終盤はスライドが激しくペースを落とすしかなかった」と悔しそうだった。決勝日はレースウイークを通じてもっとも暑い31℃。路面温度44度というコンディションに、ロッシだけでなく多くの選手が翻弄された。

 F・モルビデリ(ヤマハ)がベストリザルトタイの5位。この数戦調子をあげてきたモルビデリが結果につなげた。地元ファンの大声援を受けるもタイヤのグリップに苦しんだC・クラッチロー(ホンダ)が6位。ホームGPで3年ぶりの表彰台を果たせず、厳しい表情だった。
 D・ペトルッチ(ドゥカティ)が4台による7位争いを制し、今大会苦戦のドゥカティ勢最上位でフィニッシュ。フロントロー3番手からスタートしたJ・ミラー(ドゥカティ)が8位。P・エスパルガロ(KTM)、A・イアンノーネ(アプリリア)と続いた。

 怪我から4戦ぶりに復帰のJ・ロレンソ(ホンダ)は、予選21番手から14位でフィニッシュ。「今大会は思ったよりも身体の状態が悪く、痛みもあり厳しいレースだった。でも、次のレースに向けて走りも体調も良くしようとがんばった。トップから1分差以内だったのは良かった」と苦しい走りも次戦につながるレースとなった。予選10番手から決勝に挑んだ中上貴晶(ホンダ)は、転倒再スタートで17位だった。

 予選4番手も、初日から好調で初優勝の期待が膨らんだクアルタラロはスタート直後の1コーナーで転倒リタイヤ。「前を走っていたリンスがリアをスライドさせたので慌ててアクセルを閉じたら転んでしまった。ドヴィツィオーゾに怪我がないことを願う」とコメント。クアルタラロのマシンに乗り上げて転倒したドヴィツィオーゾは、ヘリコプターで近郊の病院に運ばれたが、脳震盪だけで大きな怪我はなかった。しかし、今大会ノーポイントに終わり、チャンピオン争いが厳しくなった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR 40'12.799 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +0.013 NGK
3 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +0.620 NGK
4 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +11.439 NGK
5 21 フランコ・モルビデリ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +13.109 NGK
6 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +19.169 NGK
7 9 ダニーロ・ペトルッチ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +19.682 NGK
8 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP19 +20.318  
9 44 ポル・エスパルガロ Red Bull KTM Factory Racing KTM RC +21.079  
10 29 アンドレア・イアンノーネ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +25.144  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る