• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2021-09-12
第13戦 アラゴンGP

モーターランド・アラゴン

路面:ドライ 48℃、気温:30℃、湿度:40%、観客数13,500人

バニャイヤ、最高峰クラス初優勝
M・マルケスとの一騎討ちを制す

 第13戦アラゴンGPは、F・バニャイア(ドゥカティ)とM・マルケス(ホンダ)の一騎打ちとなり、バニャイアがMotoGPクラス初優勝を達成した。バニャイアは開幕戦カタールGP以来、12戦ぶり2回目のPPを獲得。決勝ではホールショットを奪い、23周のレースで終始主導権を握った。ラスト3周はマルケスが1コーナー、5コーナー、12コーナー、15コーナーで果敢にアタック。ブレーキングで一度は前に出るもクロスラインでバニャイアが逆転するというスリリングな戦いとなり、最終ラップの15コーナーの攻防でマルケスがややアウトにはらみ決着がついた。

 予選では2015年から破られなかったマルケスのサーキットベストタイムを6年ぶりに塗り替えた。このPPはドゥカティにとって50回目。そして決勝では、このサーキットを得意とし、過去5回の優勝を達成しているマルケスの猛列アタックを一度のミスもなく凌いだ。
 「今大会はいい走りが出来ていたしいいレースができると思っていたが、優勝出来たのは信じられない気持ちだ。今日はスタートが決まったが、後ろにマルクがいるのがわかったので序盤からプッシュした。ラスト3周はマルクに何度も抜かれたし長かった。本当に何とも言えない気持ち。今回はFP1から完ぺきだった」
 バニャイアは18年のMoto2チャンピオンで19年にドゥカティのジュニアチームのプラマック入り。今年からワークス入りして、13戦目の勝利だった。

 今季ベストグリッドの4番手からバニャイアをピタリとマーク。終盤、猛列アタックでファンを興奮させたマルケスは、「今日はスタートからゴールまで全力でプッシュした。ラスト3周は出来ることはすべてやったが、ドゥカティはブレーキが深く、加速もいい。そしてペッコが今日は素晴らしい走りで一度もミスがなかった。優勝出来なかったが、今日はバトルが出来たし、レースペースも速かったので満足」と、マルケスらしい走りが復活し、スタンドのファンから大きな声援と拍手が送られた。

 3位にはJ・ミル(スズキ)で3戦ぶり5回の表彰台を獲得した。予選7番手から序盤は5番手だったが、後半は先行するJ・ミラー(ドゥカティ)、A・エスパルガロ(アプリリア)を交わした。「今日は思ったような速さがなかったが、なんとか表彰台に立つことが出来た。今日は路面温度が高く、グリップを引き出すのが難しかった」と厳しい戦いを振り返った。この日の気温は30℃。路面温度48℃と、レースウイークを通じてもっとも気温と路面温度が高くなり、タイヤに厳しいレースだった。

 4位にはA・エスパルガロ。5位には、序盤バニャイアとマルケスを追撃したミラー、後半はミスや問題を抱え5番手へと後退した。「後半はタイヤを温存して5位をキープするのがやっと。ペッコの優勝を祝福したい」というチームメートの初優勝を喜んだ。

 6位にE・バスティアニーニ(ドゥカティ)、7位にB・ビンダー(KTM)。そして5台のグループの戦いを制したF・クアルタラロ(ヤマハ)が8位でチェッカーを受けた。総合首位で11戦連続フロントロー3番手から決勝に挑んだクアルタラロは序盤からペースが上がらなかった。「何がおきたのかわからないが、今日は厳しい戦いになった。朝のウォームアップは快調だったのに」と悔しそうだった。これで総合首位は変わらずも総合2位に浮上のバニャイアと53点差、総合3位のミルとも57点差とわずかにポイントが縮まった。

 9位にJ・マルティン(ドゥカティ)、10位に中上貴晶(ホンダ)という結果だった。ヤマハからアプリリアに移籍したM・ビニャーレスは18位だった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 63 フランチェスコ・バニャイヤ Ducati Lenovo Team Ducati Desmosedici GP21 41'44.422 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +0.673 NGK
3 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +3.911 NGK
4 41 アレイシ・エスパルガロ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +9.269  
5 43 ジャック・ミラー Ducati Lenovo Team Ducati Desmosedici GP21 +11.928 NGK
6 23 エネア・バスティアニーニ Avintia Esponsorama Racing Ducati Desmosedici GP20 +13.757  
7 33 ブラッド・ビンダー Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +14.064  
8 20 ファビオ・クアルタラロ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +16.575 NGK
9 89 ホルヘ・マルティン Pramac Racing Ducati Desmosedici GP21 +16.615  
10 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +16.904 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る