• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2021-09-19
第14戦 サンマリノGP

ミサノワールドサーキット・マルコ・シモンチェリ

路面:ドライ 29℃、気温:26℃、湿度:52%、観客数 25,000人

バニャイア、連勝
2戦連続のポール to ウィン

 アラゴンGPからの連戦となった第14戦サンマリノGPは、前戦で初優勝を達成したF・バニャイア(ドゥカティ)が、その勢いをキープして2連勝を達成した。予選では2戦連続でサーキットベストタイムを塗り替える快走でPP獲得。決勝では好スタートから後続を引き離す快進撃だった。終盤、予選3番手から追い上げてきたF・クアルタラロ(ヤマハ)が背後に迫るが、それを抑え切っての2戦連続のポール・トゥ・ウイン達成だった。

 ホームGPで初優勝。MotoGPクラスで2勝目を達成したバニャイアは、「今回も簡単ではなかったが完璧な週末になった。終盤、クァルタラロが追い上げてきたが、できる限り安定した走りをすることを心がけた。自分のホームコースで、多くのファンや僕を愛してくれる人たちの前で優勝できたことは特別なこと」と、喜びを噛みしめた。オーバーアクションしないバニャイア。いつも通り静かな喜びの表現だったが、終始、笑顔。スタンドからの声援にも手を振って応えた。
 今大会はドゥカティ勢がフリー走行、予選と優勢。予選ではトップ6にドゥカティ勢が4台とライバルを圧倒したが、その中でバニャイアはズバ抜けた速さだった。

 予選でドゥカティワークスのバニャイアとJ・ミラーの後塵を拝し、決勝でもこの二人に先行を許したクアルタラロが2位でフィニッシュした。レース折り返し点の14周目にミラーを抜いて2番手に浮上すると、バニャイアとの約3秒差を縮めて行く。最終ラップの27周目にはバニャイアの背後に迫るも逆転は果たせなかった。
 2戦連続でドゥカティ勢に苦しめられたクアルタラロは「最終ラップにバニャイアをパスしようと考えていたが、今日は彼の走りが素晴らし過ぎた。全力を尽くしたが届かなかった。正直なところ、レース中はチャンピオンシップのことはほとんど忘れていた。何度もフロントが滑り、すべてを失ってしまうかもしれない状況だったからね」と全力で追い上げたレースを振り返った。
 これでシーズンは残り4戦。総合首位のクラルタラロと総合2位のバニャイアの差が48点へと縮まった。

 3位には予選12番手から追い上げたE・バスティアニーニ(ドゥカティ)でMotoGP初表彰台を獲得。4位にはM・マルケス(ホンダ)で、予選7番手から好スタートを切って4位でフィニッシュした。序盤から4番手、5番手争いに加わり、終盤は、ジリジリ後退してきたミラーと追い上げてきたJ・ミル(スズキ)とのし烈な4位争いを制した。フリー走行、予選と2度の転倒を喫したマルケスは、「今日のパフォーマンスにはとても満足している。正直、このような結果は期待していなかった。今日は特別速くなかったが、一歩一歩確実に速くなっていった。序盤に落ち着いて最後にプッシュしたのが良かった」と体力を温存しながらのレース戦略だった。前戦アラゴンGPはバニャイアとバトルして2位。コースレイアウトが、完全な状態に戻っていない右腕に厳しいことは予測していたが、完全復活に向けてまた一歩前進するレースだった。

 予選、決勝前半に好走を見せたミラーは「スタートも良かったし、ペッコの後ろにいて後続にリードを広げられた。でも、リアに振動が出てペースを落とした。最後はポジションをできるだけ落とさないように頑張った」と苦しいレースを振り返った。

 予選11番手から追い上げたミルが6位。終盤はマルケスとミラーとし烈な4位争いを繰り広げ5位でチェッカーフラッグを受けたが、トラックリミットのペナルティで6位に降格となった。「予選は11番手だったが走りそのものは好調だった。序盤に思うようにペースを上げられなかったのが悔しい。残り4戦、自分の走りをしっかり結果につなげたい」と表彰台争いに加われず悔しそうだった。

 P・エスパルガロ(ホンダ)が7位。以下、A・エスパルガロ(アプリリア)。B・ビンダー(KTM)と続き、中上貴晶(ホンダ)が10位だった。

 今大会、怪我から復帰したF・モルビデリ(ヤマハ)は18位。今大会ヤマハからシーズン復帰のA・ドヴィツィオーゾ(ヤマハ)は21位だった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 63 フランチェスコ・バニャイア Ducati Lenovo Team Ducati Desmosedici GP21 41'48.305 NGK
2 20 ファビオ・クアルタラロ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +0.364 NGK
3 23 エネア・バスティアニーニ Avintia Esponsorama Ducati Desmosedici GP20 +4.789  
4 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +10.245 NGK
5 43 ジャック・ミラー Ducati Lenovo Team Ducati Desmosedici GP21 +10.469 NGK
6 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +10.325 NGK
7 44 ポル・エスパルガロ Repsol Honda Team Honda RC213V +13.234 NGK
8 41 アレイシ・エスパルガロ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +15.698  
9 33 ブラッド・ビンダー Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +16.129  
10 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +18.519 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る