• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-09-22
第14戦 アラゴンGP

モーターランド・アラゴン サーキット

路面:ドライ、気温:27度、観客:59,112人

マルケス、独走で今季8勝目
タイトル獲得に大手

 第14戦アラゴンGPは、フリー走行と予選で圧倒的な速さを見せたM・マルケス(ホンダ)が、決勝でもその走りを見事に再現し、今季8勝目を挙げた。今季9回目のPPから好スタートを切った。序盤から1分48秒台の快速ラップを刻んで2位以下を突き放した。レース中盤にはリードは5秒まで広がる。終盤には7秒もの大差をつける独走だった。
 「レース戦略も、そして、レース中になにをすればいいのかということもクリアだった。今日はコースインしたときからフィーリングが良かったので序盤からプッシュしようと決めた。地元ファンの前で優勝することが出来てうれしい」。今大会はキャリア200戦目。「200」の数字が書き込まれた旗を掲げてのウイニングランにファンも大喜びだった。

 これでアラゴンGP4連覇と大会5勝目を達成。前戦サンマリノGPからの連勝で、総合2番手で今大会2位のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)との差を98点とし、5戦を残しタイトル獲得に王手をかけた。次戦タイGPでドヴィツィオーゾに2点差以上をつければ4年連続6回目のタイトル獲得となる。
 モーターランド・アラゴンは、マルケスが得意とする左回りのサーキット。左コーナーで驚異的なスピードを誇るマルケスの豪快な走りは、ライバルを圧倒し、ファンを魅了した。「簡単な勝利に見えたかも知れないが、そんなことはない。ウイークを通して限界を探った。勝つために一生懸命だった」。今年も得意とするサーキットでは着実に勝利し、苦手なサーキットでは粘り強い走りを見せる。14戦を終えて8勝13回の表彰台獲得は郡を抜くリザルト。昨年より一戦早い王手となった。

 予選10番手から追い上げたドヴィツィオーゾが2位になり、3戦ぶりの表彰台に立った。「グリッドについたときに、あまりにもたくさんのライダーが前にいて、厳しいレースになると思った。しかし、2周目にリンスとモルビデリの接触事故があり、一気に前に出ることが出来た。今日はタイヤに厳しいレースになると思った。ペースを抑えて走ったことで終盤ビニャーレスをパスすることが出来た」。ドヴィツィオーゾらしい冷静な判断と我慢強い走りが、厳しい戦いの中で表彰台獲得につながった。
 しかし、どのサーキットでも強い走りをするマルケスに王手をかけられた。「イギリスGPでノーポイントに終わったのが痛い。サンマリノGPでも問題を抱えて6位だった。アラゴンでは、とにかく表彰台に立たなければといけないと思った」。過去2戦、躍進するヤマハ勢を抑えた。

 予選4位から好スタートを切って2位争いのグループに加わったJ・ミラー(ドゥカティ)が3位でフィニッシュ、今季3回目の表彰台を獲得した。序盤はマルケスを追って2番手。中盤はM・ビニャーレス(ヤマハ)に先行を許したが、終盤は、ドヴィツィオーゾに続き、ビニャーレスをパスして表彰台に立った。
 「スタートは良かったが、クアルタラロを抜くのに時間がかかった。抜いたときにはもう2秒も差が開いていた。今日のマルクは別次元のレースをしていた。とてもかなわない」とマルケスの速さに脱帽。「これまでアラゴンはいい結果を残したことがなかったが、今日は素晴らしい結果だった」と最終ラップの逆転で手にいれた表彰台に喜びを爆発させた。

 ドゥカティの二人に抜かれたビニャーレスが4位。序盤、F・クアルタラロ(ヤマハ)を抜くのに時間がかかりタイムロス。2番手に浮上してからは猛列にプッシュしたが、終盤、タイヤの消耗に苦しんで表彰台争いから後退した。「今日は2位になれると思った。しかし、ラスト2周はタイヤが限界となり厳しかった。勝負するのは無理だったし、4位でチェッカーを受けろと自分に言い聞かせた。表彰台に立てなかったのは残念だが、ヤマハ勢のトップでフィニッシュできたことがうれしい」と納得の表情だった。

 予選でマルケスに肉薄、2番手スタートのクアルタラロが5位。予選7番手から追い上げたC・クラッチロー(ホンダ)が6位。A・エスパルガロ(アプリリア)7位。V・ロッシ(ヤマハ)8位。序盤、F・モルビデリ(ヤマハ)と接触、大きく遅れたA・リンス(スズキ)が追い上げて9位。予選14番手から終盤、4台による10位争いを制した中上貴晶(ホンダ)が10位だった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 41'57.221 NGK
2 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +4.836 NGK
3 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP19 +5.430  
4 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +5.811 NGK
5 20 ファビオ・クアルタラロ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +8.924 NGK
6 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +10.390 NGK
7 41 アレックス・エスパルガロ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +10.441  
8 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +23.623 NGK
9 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +27.998 NGK
10 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +31.242 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る