• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-10-06
第15戦 タイGP

チャーン・インターナショナル・サーキット

路面:ドライ、気温:31度、観客:95,352人

マルケス、今季9勝目
4年連続のタイトル獲得

 M・マルケス(ホンダ)のタイトル王手で迎えた第15戦タイGPは、予選3番手のマルケスとPP獲得のF・クアルタラロ(ヤマハ)の一騎打ちとなり、先行するクアルタラロを最終ラップに逆転したマルケスが優勝、今季9勝目を挙げて4年連続6回目のタイトルを獲得した。
 「今回は大きなアドバンテージを持って大会に挑んだが、モチベーションをキープするためのなにかが必要だった。今日はそれがレースに勝つことだったし、その通りのレースをした。ファビオは速かったが、けして諦めなかった。最終ラップもタイトルのことは考えていなかった。優勝という素晴らしい形でタイトルを獲得できて本当にうれしい」

 最終ラップはし烈なバトルが続いた。優勝したマルケスは、ロングストレートからのブレーキング競争となる3コーナーで先行するクアルタラロを交わしトップに浮上したが、最終コーナーの12コーナーのブレーキングでクアルタラロが再度逆転する。しかし、クロスラインで立ち上がったマルケスが0.171秒先行し、真っ先にチェッカーを受けた。
 「今年は自分のキャリアの中でベストシーズンになった。(13勝を挙げてチャンピオンを獲得した)14年とは、レギュレーションも変わり、いまのMotoGPはすごい接戦になっている。厳しい戦いだったがHondaのアドバンテージを生かせた」と喜びを爆発させた。
 最高峰クラスにデビューして7年で6回のタイトル獲得。ホンダではM・ドゥーハンが持つ5回のタイトル獲得の記録をブレイクした。これまで史上最年少優勝、チャンピオンなど数々の記録を樹立してきたマルケスだが、今年も多くの記録をブレイクした。

 そのマルケスを最後まで苦しめたクアルタラロは、「ミサノ(第13戦サンマリノGP)に較べても今回の方が残念だった。最終コーナーはとにかくチャレンジしなければと思った。負けたけれど、僕はルーキー。マルクは8回のタイトルを獲得したチャンピオン。そのチャンピオンと互角のレースができたことを思うとうれしい」とまたしても優勝を逃す悔しいレースだったが、納得の表情だった。
 MotoGPルーキーのクアルタラロは、第4戦スペインGPで、マルケスの持つ史上最年少PP記録をブレイク。以来、今大会で4回目のPP獲得。そして5回目の表彰台を獲得となった。今年もっとも成長著しいライダーのひとり。マルケスに「ファビオは速い。来年は強敵になるだろう」と言わせしめる走りだった。

 その2人を追いかげたM・ビニャーレス(ヤマハ)が3位だった。フリー走行、予選では、マルケス、クアルタラロ、そしてビニャーレスの3人の走りが抜きん出ていた。フロントローを獲得したこの3人のうちのだれかが勝つだろうという予測だったが、序盤の遅れがそのままレース結果となった。戦いを終えたビニャーレスは「今日はフロントが安定していた。ブレーキングは良かったのだが、リアタイヤのグリップに苦しんだ。ファビオのマシンはセットアップが良く加速が良かった」と厳しいレースを振り返った。

 そして4位には、ただひとりチャンピオンの可能性を残していたA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)で、A・リンス(スズキ)とのし烈な戦いを制した。マルケスのタイトル決定を日本GPに持ち越すことは出来なかったが、やるだけのことはやったというレースだった。「中速コーナーが続く後半セクションで今大会は苦労した。今年もマルケスに挑もうと頑張ったが、マルケスとホンダは素晴らしい仕事をした。チャンピオンおめでとう。また来年、全力でチャレンジするよ」とマルケスに祝福のことを送り、厳しいレースを振り返った。

 予選10番手から追い上げたリンスは、先行するドヴィツィオーゾに追いついたが抜くまでには至らなかった。「アンドレアを抜くのは難しかったが、10番手から追い上げたことを思えばうれしい。チャンピオンシップでも今日の5位は重要だった。次はスズキのホームGP。いいレースにしたい」。ビニャーレス、D・ペトルッチ(ドゥカティ)とのし烈なポイント争いが続いているが、なんとか総合3位をキープした。

 F・モルビデリ(ヤマハ)が6位。怪我から復帰3戦目のJ・ミル(スズキ)が、V・ロッシ(ヤマハ)とのバトルを制して7位。ロッシ8位。ペトルッチ9位。予選14位から追い上げた中上貴晶(ホンダ)が10位で2戦連続のトップ10フィニッシュを果たした。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 39'36.223 NGK
2 20 ファビオ・クアルタラロ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +0.171 NGK
3 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +1.380 NGK
4 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +11.218 NGK
5 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +11.449 NGK
6 21 フランコ・モルビデリ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +14.466 NGK
7 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +18.729 NGK
8 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +19.162 NGK
9 9 ダニーロ・ペトルッチ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +23.425 NGK
10 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +29.423 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る