• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2018-10-07
第15戦 タイGP

チャーン・インターナショナル・サーキット

路面:ドライ、気温:32度、観客:100,245人

マルケス、今季7勝目
タイトル獲得に王手

 初開催となった第15戦タイGPは、32℃の猛暑の中で行われ、今季5回目のPPからホールショットを奪い、トップグループに加わったM・マルケス(ホンダ)が、今季7勝目を挙げた。タイGPの舞台となるチャーン・インターナショナル・サーキットは、一周、4,554km。今年2月に3日間の公式テストが行われており、フリー走行、そして予選はタイムが接近する大接戦。決勝も、トップグループが8台に膨れあがる厳しい戦いとなった。

 前半は、フロントローに並んだ3人。マルケスと予選2番手のV・ロッシ(ヤマハ)。予選3番手のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)がグループを形成。序盤はマルケス、その後、ロッシが首位に立ち、中盤から後半にかけてドヴィツィオーゾがトップに立ち、マルケスとロッシが追った。
 前半から中盤にかけては、C・クラッチロー(ホンダ)、M・ビニャーレス(ヤマハ),J・ザルコ(ヤマハ)、A・リンス(スズキ)、D・ペドロサ(ホンダ)が3人のグループに追いつき、トップグループは8台に膨れあがった。
 後半は、その中からドヴィツィオーゾ、マルケス、そしてロッシとビニャーレスの4人がグループを抜け出し、終盤はドヴィツィオーゾとマルケスが何度も首位を入れ替える一騎打ちとなり、最終ラップの攻防をマルケスが制した。

 最終ラップは、コース中盤の5コーナーでマルケスがドヴィツィオーゾを抜いて首位に浮上したが、このサーキットの勝負所である最終コーナーのブレーキングでドヴィツィオーゾが前に出て逆転。しかし、クロスラインで交わしたマルケスが再逆転を果たし、僅差で先着。アラゴンGPに続き2連勝を果たし、今季7勝目を挙げた。
 「いままで何度もドヴィとのバトルに負けてきたので今日も最終ラップは自信がなかった。でも、最終コーナーでは、今回は僕がドヴィの戦法を使い、ドヴィはマルケススタイルになり、立場が逆転した。こんな形でドヴィを破ったのは初めてだし、すごくうれしい」と、最終ラップの攻防でこれまで何度もドヴィツィオーゾの後塵を拝していたマルケスは大喜びだった。
 これで総合2位で2位に終わったドヴィツィオーゾとのポイント差を77点とし、4戦を残しタイトル王手。3年連続5回目のタイトルにあと一歩に迫ったマルケスは、「次の日本GPはホンダのホームGPなので重要なレースになる。タイトル王手で迎えるし、ベストを尽くす」と気合を入れた。

 後半戦に入って、マルケスとの厳しい戦いが続くドヴィツィオーゾは、「最終ラップの攻防で負けて残念。今日の作戦と最終ラップの走りにちょっと後悔は残るが、このサーキットは自分たちにアドバンテージはなかった。でも、2月のテストに比べたら格段に進歩していたので良かった」と納得の表情。タイトル王手をかけられてしまったことには、「もてぎは自分たちが有利だからね」と、今大会の雪辱を果たし、タイトル決定にストップを掛ける意気込みだ。

 し烈な優勝争いを背後で見守るしかなかったヤマハ勢ふたりの戦いは、終盤、ロッシを交わしたビニャーレスが先着。今季4回目の表彰台に立った。ビニャーレスは、「バレンティーノは抜けたが、前の二人を抜くのは不可能だった。でも、再びトップグループで戦えたし、この調子をキープしたい」と満面の笑み。一方、前半トップを走るも最終的に4位にダウンのロッシは、「表彰台獲得という目標を達成できなくて残念。ドヴィツィオーゾとマルケスの二人とバトルするのは難しかったが今日は表彰台争いが出来た」と納得の表情だった。

 5位にザルコ。6位にリンス。3位争いのすぐ後ろで繰り広げられたし烈な5位争いはザルコが先着。「なんとかリンスを抜いたが、今日は本当に厳しいレースだった」とインディペンデントチームでトップフィニッシュに笑み。3戦連続トップ6でチェッカーを受けたリンスは、「中盤までのバトルでタイヤを消耗させた。5位を逃したのは残念だが後半は落ち着きを取り戻して戦えた」とザルコに先行を許すも、好バトルの連続に手応えをアピールした。

 トップグループに加わるも後半ペースを落としたクラッチローが7位。以下、A・バウティスタ(ドゥカティ)、D・ペトルッチ(ドゥカティ)、J・ミラー(ドゥカティ)と続き、ここまでがトップ10フィニッシュだった。

 トップグループに加わったペドロサは転倒リタイヤ。中上貴晶(ホンダ)は転倒再スタートで22位。前戦アラゴンGPで転倒、負傷した右足が完治していないJ・ロレンソ(ドゥカティ)は、フリー走行で転倒、今大会を欠場した。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 39'55.722 NGK
2 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP18 +0.115 NGK
3 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +0.270 NGK
4 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +1.564 NGK
5 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +2.747 NGK
6 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +3.023 NGK
7 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +6.520 NGK
8 19 アルバロ・バウティスタ Angel NietoTeam Ducati Desmosedici GP17 +6.691  
9 9 ダニロ・ペトルッチ Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP18 +9.944  
10 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP17 +11.077  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る