• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-10-22
第16戦 オーストラリアGP

フィリップアイランド・サーキット

路面:ドライ、気温:16度、観客:36,200人

マルケス、今季6勝目
チャンピオンへ王手

 日本GPからの連戦となった第16戦オーストラリアGPは、日本GP同様、雨の多い不安定な天候となった。しかし、決勝レースはドライコンディションで行われ、今季7回目のPPを獲得したM・マルケス(ホンダ)が今季6勝目を達成、2年連続4回目のタイトル獲得に王手を掛けた。  フリー走行、予選、ウォームアップと、ウエットでもドライでもライバルを圧倒したマルケスは、序盤から7台のバトルになった決勝では、中盤まで激しいポジション争いの中でめまぐるしくポジションを換えたが、終盤になってスパートを掛け、2位以下に約2秒のリードを築いてチェッカーを受けた。

 「素晴らしいレースだった。ファンの前でファンタスティックなショーを見せることができた。今日は重要なレースだということはわかっていた。今大会はドヴィツィオーゾが苦戦していたが、自分は好調だった」と3日間を振り返った。  フィリップアイランドならではのスリップストリームを使い合っての大混戦。めまぐるしくポジションを入れ替える戦いは、何度も接触する熱いバトルになった。そのためタイヤを温存する作戦だったマルケスだが、「序盤ザルコと当たってからこれは厳しい戦いになると思った。守ることも重要だが、攻めの走りをしなくてはいけないと決めた。ラスト8周は全力を尽くした。優勝できたことも嬉しいが、ドヴィツィオーゾに33点差をつけてマレーシアに行くことができることも嬉しい」と、タイトル王手を掛け、チームスタッフと喜びを爆発させた。  前戦日本GPは、マルケスとドゥカティ勢の戦いだったが、今大会はドゥカティが低迷。代わって、2位になったV・ロッシ(ヤマハ)、3位のM・ビニャーレス(ヤマハ)、4位のJ・ザルコ(ヤマハ)とマルケスはヤマハ勢とし烈な戦いを繰り広げた。

 フリー走行、予選と、やや苦戦したロッシは、予選7番手からトップグループに加わり2位でフィニッシュ。「今日は信じられないレースだった。ザルコ、ビニャーレス、イアンノーネ、そしてマルケスとすごいバトルになった。そのバトルで2位になれて本当に嬉しい。今日はみんなすごい走りをしていた。その中で前に出るにはもっと激しいライディングが必要だった」と熱狂的なロッシファンが多いオーストラリアの大観衆の声援に表彰台に立って応えた。

 総合3番手でチャンピオンシップにかすかな望みを残していたビニャーレスは、そのし烈な戦いの中で表彰台に立つも、マルケスとの差が50点となり、チャンピオン争いから脱落した。「本当に厳しいレースだった。2位になれるかなと思ったが、今日の結果には満足している。これでチャンピオンシップの可能性はなくなったが、後半戦に入ってからは正直厳しいと思っていた。チームは素晴らしい仕事をしてくれた。ウエットコンディションでも良い走りができるようになったし、マレーシアに行くのが楽しみ」と、残り2戦、総合2位争いに集中することになった。

 3強に混じって最後までし烈なバトルに加わったザルコが惜しくも表彰台を逃した。序盤から積極的な走りを見せて何度も首位に立つ走りに大きな拍手が送られた。「表彰台には立てなかったが、今年のターゲットはルーキー・オブ・ザ・イヤー。この調子で総合6番手をキープしたい」と悔しい4位も納得の表情だった。

 ウエットコンディションだった朝のウォームアップで「これまで経験したことがないハイサイドで転倒した。ドクターストップになるかも知れなかった」というC・クラッチロー(ホンダ)が5位。

 A・イアンノーネ(スズキ)が今季ドライコンディションでベストリザルトの6位。怪我から復帰、ホームGPに気合を入れたJ・ミラー(ホンダ)が予選5位から決勝でも7位でフィニッシュした。

 以下、A・リンス(スズキ)、P・エスパルガロ(KTM)、B・スミス(KTM)と続き、ここまでがトップ10フィニッシュ。11位にS・レディング(ドゥカティ)でドゥカティ最上位。12位にD・ペドロサ(ホンダ)。総合2番手のA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は、予選11位、決勝13位と低迷。「今日の結果には本当にがっかりしている。厳しいレースだった」と、マルケスに33点差をつけられて崖っぷちに立つことになった。しかし、次戦マレーシアGPでの巻き返しに闘志を見せた。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 40'49.772 NGK
2 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +1.799 NGK
3 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +1.826 NGK
4 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +1.842 NGK
5 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +3.845 NGK
6 29 アンドレア・イアンノーネ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +3.871 NGK
7 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +5.619 NGK
8 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +12.208 NGK
9 44 ポル・エスパルガロ RED BULL KTM FACTORY RACING KTM RC16 +16.251  
10 38 ブラッドリー・スミス RED BULL KTM FACTORY RACING KTM RC16 +16.262  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る