• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2021-11-07
第17戦 アルガルベGP

アルガルベ・インターナショナル・サーキット

気温:21℃、路面:ドライ・29℃、湿度:21%

バニャイヤ、ポールtoウイン
今季3勝目

 第3戦ポルトガルGPに続き、アルガルベ・サーキットで今季2回目の開催となった第17戦アルガルベGPは、5戦連続今季6回目のPPを獲得したF・バニャイア(ドゥカティ)が好スタートを切って独走。今季3勝目を挙げた。前戦エミリア=ロマーニャGPでタイトル争いにやぶれたが、来季のタイトル獲りに向けてスタートを切ったバニャイアは、フリー走行、予選とライバルを圧倒。決勝でもその走りを再現し、後続を寄せ付けなかった。

 戦いを終えたバニャイアは、「本当に嬉しい。最後は赤旗ではなくチェッカーフラッグを受けたかった。でも、今大会は信じられないような速さがあったし、すべてのセッションを楽しむことができた。スタートしてすぐに快適さを感じた。チャンピオンは獲れなかったが、ドゥカティのコンストラクターズタイトル獲得に貢献できた。ジャックが3位だったし、ドゥカティはそれに相応しいリザルトだった。最終戦バレンシアGPも素晴らしい結果で終われるようにしたい」と満面の笑みだった。
 今大会は25周のレースだったが、I・レクノア(KTM)の転倒にM・オリベイラ(KTM)が巻き込まれる多重クラッシュで赤旗。23周でレースは成立した。

 予選3番手からバニャイアを追走したJ・ミル(スズキ)が2位。「優勝はできなかったがこうして再び表彰台に戻れてうれしい。今大会は金曜日から好調で、セッションをこなすごとに前進できた。いい流れだったと思う。自分もいい走りが出来たがペコ(バニャイア)はひとつもミスをせず完璧だった。今回ペコにはかなわなかったが、この表彰台は次につながったと思う」と、4戦ぶり今季6回目の表彰台獲得をチームスタッフとともに喜んだ。

 予選2番手から、A・マルケス(ホンダ)とし烈な3位争いを繰り広げたJ・ミラー(ドゥカティ)が3位。10戦ぶり今季4回目の表彰台に立った。「赤旗中断で終わったのはちょっと消化不良だが、久しぶりに表彰台に立ててうれしい。最終ラップはアレックスとのバトルを覚悟していたが、赤旗中断でちょっと拍子抜けだった。でも、すごくうれしい。ドゥカティのコンストラクターズタイトル獲得もうれしい。いま、ドゥカティはコース上で1番強いマシンだと思うしバレンシアGPも最高の形で締めくくりたい」と今季3勝目に闘志を燃やした。

 A・マルケスが、ベストグリッドの8番手から今季ベストの4位でフィニッシュした。今大会はフリー、予選と好調で、これまで良かった連続ラップの安定性に加え、新品タイヤのパフォーマンスをしっかり発揮。これまではグリッドの悪さがリザルトに影響していたが、今大会は、これまでの課題をしっかり克服した。
 表彰台を逃すも久しぶりに快走したA・マルケスは「本当に、本当にうれしい。全体的にすばらしい週末だったと思うし、ラップタイムが上がってくるにつれて、結果もあがってきた。今日はいいスタートを切り、とにかく自分のリズムをキープすることに集中した。まだ改善しなければならない部分はあるが次につながるレースだった」と喜んだ。昨年はルーキーながら2度の表彰台に立つ活躍だったが、今年は苦戦の連続。やっと本領発揮のレースにチームも大喜びだった。

 以下、J・ザルコ(ドゥカティ)、P・エスパルガロ(ホンダ)、J・マルティン(ドゥカティ)、A・リンス(スズキ)、E・バスティアーニ(ドゥカティ)、B・ビンダー(KTM)と続き、予選の転倒で最後尾22番手グリッドから決勝に挑んだ中上貴晶(ホンダ)が11位だった。

 今季を最後に引退するV・ロッシ(ヤマハ)がヤマハ勢トップの13位でフィニッシュした。「今大会の目標はポイント獲得だった。予選までよりペースもフィーリングも良かった。今日はいろんなライダーとバトルが出来た。アルガルベでレースが行われるのはこれが3回目だが、今回は観客がいて雰囲気も良かった。すべての人に感謝したい」とラストランを前にヤマハ勢首位で終え明るい表情だった。

 アメリカズGP、エミリア=ロマーニャGPと2連勝を達成し、今季3勝を挙げているM・マルケス(ホンダ)は大会開幕前のトレーニング中の怪我で欠場。代役のS・ブラドル(ホンダ)が15位だった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 63 フランチェスコ・バニャイヤ Ducati Lenovo Team Ducati Desmosedici GP21 38'17.720 NGK
2 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +2.478 NGK
3 43 ジャック・ミラー Ducati Lenovo Team Ducati Desmosedici GP21 +6.402 NGK
4 73 アレックス・マルケス LCR Honda Castrol Honda RC213V +6.453 NGK
5 5 ヨハン・ザルコ Pramac Racing Ducati Desmosedici GP21 +7.882  
6 44 ポル・エスパルガロ Repsol Honda Team Honda RC213V +9.573 NGK
7 89 ホルヘ・マルティン Pramac Racing Ducati Desmosedici GP21 +10.144  
8 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +10.742 NGK
9 23 エネア・バスティアニーニ Avintia Esponsorama Ducati Desmosedici GP20 +13.840  
10 33 ブラッド・ビンダー Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +14.487  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る