• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-10-27
第17戦 オーストラリアGP

フィリップアイランド・サーキット

路面:ドライ、気温:16度、観客:34,900人

マルケス、逆転優勝
5連勝、今季11勝め

 日本GPからの連戦となった第17戦オーストラリアGPは、PPスタートのM・ビニャーレス(ヤマハ)と予選3番手のM・マルケス(ホンダ)の一騎打ちとなり、最終ラップに先行するビニャーレスを抜いて首位に立ったマルケスが今季11勝目を達成した。
 「今日のマーベリックはとても速い走りをしていた。全力でプッシュしていたし、とても速いペースだったが、4周か5周ついていったときに今日は優勝できるんじゃないかと思った。今日はリアにソフタイヤを選び、少し賭けに出た。最後は限界の走りだった」。
 スタートに失敗したマルケスはオープニングラップ4番手から着実にポジションを上げて首位を走るC・クラッチロー(ホンダ)を追った。10周目には追い上げてきたビニャーレスが一気に首位に浮上。すかさずマルケスもビニャーレスを追撃した。

 中盤からは、ビニャーレスとマルケスの一騎打ちとなり、後続を引き離す。そして迎えた最終ラップの27周目。メインストレートでマルケスがビニャーレスを交わし首位に浮上する。ビニャーレスも追撃したが、ダウンヒルからの10コーナーで転倒し、戦いの決着はついた。
 これでサンマリノGPから5連勝。マルケスの活躍でレプソル・ホンダは、チームタイトルで首位のドゥカティに1点差に迫った。第15戦タイGPで9勝目を挙げてライダースタイトル、第16戦日本GPで10勝目を挙げてホンダのコンストラクターズポイントを獲得。そして今大会の優勝でチームタイトルの可能性も浮上するなど、大活躍のマルケスに大きな声援と拍手が送られた。この優勝で通算55勝目。優勝数でM・ドゥーハンの記録を抜き単独3位に浮上した。

 マルケスの逆転を許し、大会2連覇を逃したビニャーレスは、「今日は勝つために走った。2位では意味がなかった。ストレートで抜かれるのは覚悟していたし、10コーナーで抜き返そうと準備をしていた。でもリアをロックさせてしまった」と悔しいレースを振り返った。
 今大会は寒冷前線の影響で、フィリップアイランドは不安定な天候が続いた。土曜日は断続的に降る雨と強風でモトGPクラスの予選が日曜日の午前中に延期される変則スケジュール。このサーキットを得意とするビニャーレスは、今季3回目のPP獲得も、あと一歩で優勝を逃した。

 ビニャーレスの転倒で、単独3位を走っていたクラッチローが2位でフィニッシュ。今季3回目の表彰台獲得を果たした。「今大会は調子が良くて、初日のフリー走行を3番手で終えたときに表彰台に立てると思った。その通りの走りが出来た」と第9戦ドイツGP以来の表彰台獲得に満面の笑みだった。昨年の大会はフリー走行で右足首を骨折した。復帰も厳しいと言われた怪我だったが、昨年の大会の雪辱を果たした。

 ビニャーレスの転倒で、8人がグループを形成していた4位争いは、一気に表彰台争いとなりヒートアップ。終盤グループの中で追い上げていたJ・ミラー(ドゥカティ)が、母国GPで初表彰台に立った。
 「最終ラップ、マーベリックの転倒を見たときに、表彰台に立つために全力を尽くした。今日はリアにソフトを選んだので厳しいレースになったが、表彰台に立てて最高の気分。家族や友人がいるホームGPで表彰台獲得。忘れないレースになった」とサーキットに集まった地元ファンを大いに沸かせた。

 その集団の中でF・バニャイア(ドゥカティ)がベストリザルトとなる4位、J・ミル(スズキ)がベストリザルトとなる5位でチェッカーを受けた。ミルは「あと一周あったら表彰台も夢ではなかった。今大会は不安定なコンディションだったがドライではいい走りが出来ていた」と大きなステップを刻み、これからの活躍を期待させた。

 序盤トップグループに加わったA・イアンノーネ(アプリリア)が6位。A・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が7位。好スタートから序盤トップを走ったV・ロッシ(ヤマハ)が8位だった。
 今大会400戦目となったロッシは「序盤にトップを走れてエキサイティングだった。今日はストレートで苦しくてポジションを落としたが、これまでより一歩前進した」と手応えあるレースになった。

 8位にA・リンス(スズキ)。10位にA・エスパルガロ(アプリリア)。中上貴晶の代役として終盤の3戦に出場するJ・ザルコ(ホンダ)は13位。F・クアルタラロ(ヤマハ)、D・ペトルッチ(ドゥカティ)は転倒リタイヤ。強風の影響で土曜日のフリー走行で転倒したM・オリベイラ(KTM)は決勝をキャンセルした。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V 40'43.729 NGK
2 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +11.413 NGK
3 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP19 +14.499  
4 63 フランチェスコ・バニャイヤ Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP19 +14.554  
5 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +14.817 NGK
6 29 アンドレア・イアンノーネ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +15.280  
7 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +15.294 NGK
8 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +15.841 NGK
9 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +16.032 NGK
10 41 アレックス・エスパルガロ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +16.590  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る