• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-10-29
第17戦 マレーシアGP

セパン・インターナショナル サーキット

路面:ウエット、気温:25度、観客:97,457人

ドヴィツィオーゾ、今季6勝目
タイトル決定最終戦へ

 第15戦日本GP、第16戦オーストラリアGP、そして第17戦マレーシアGPと続いた3連戦は、A・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が3連戦で2勝目を達成、タイトル王手のM・マルケス(ホンダ)に並ぶ6勝目を挙げた。2位にはチームメートのJ・ロレンソ(ドゥカティ)、3位にJ・ザルコ(ヤマハ)。この大会、ドヴィツィオーゾに33点のリードを築いてタイトル王手のマルケスは、ドヴィツィオーゾが優勝したことで2位でチェッカーを受ければチャンピオン決定だったが、トップ3にはついていけず4位でフィニッシュ。タイトル決定は最終戦バレンシアGPへと持ち越しとなった。

 崖っぷちから見事な走りでマルケスのタイトル獲得にストップを掛けたドヴィツィオーゾは、「パーフェクトなウィークだった。ドライでもウエットでもいい走りが出来た。しかし、決勝は路面のコンディションが変わり、序盤はグリップが悪かった。そのためスムーズに走れるようになるまで様子を見た。フィーリングが良くなってきたので徐々にペースを上げて、マルク、ヨハン、そしてホルヘをパスした。今日のホルヘはすごく速かった。抜くために集中しなければならなかった」と満面の笑みを浮かべた。  Moto3とMoto2クラスはドライコンディションだった。それがMoto2クラスのレースが終わってから強い雨になり、MotoGPクラスはフルウエットで始まった。前半はJ・ザルコ(ヤマハ)。中盤はJ・ロレンソ(ドゥカティ)。そして終盤はドヴィツィオーゾが主導権を握る。マルケスのタイトル決定を阻止するには、「とにかく優勝するだけ」と言い切っていたドヴィツィオーゾ。優勝してもマルケスが3位以下になることが条件だった。「チャンピオンシップの主導権は我々にはないし、とにかく勝つことだけ。今日はそれが達成できてうれしい。最終戦バレンシアも状況は変わらない。ただ、リラックスしてレースに挑める」と、失うものがない追う側の心境で喜びを語った。

 2位にはロレンソで今季ベストリザルト。後半戦に入って調子を上げてきたが、それを結果で証明した。「今日は集中力を失わないようにした。そして、リアタイヤを温存するために同じペースでラップを刻んだが、終盤はフロントが切れ込むようになり何度も転びそうになった。最後までプッシュしたが今日は2位がやっとだった」とドゥカティ初優勝を目前にチームメートに抜かれ2位となったが、今季初のドゥカティ1,2フィニッシュ。そして、マルケスのタイトル決定にストップを掛け、逆転チャンピオンの可能性を残したことにドゥカティ陣営は大喜びだった。

 3位のザルコは今季2回目の表彰台獲得に満面の笑み。「今日はソフトを選択して勝負した。当然、序盤はリード出来たが、後半はタイヤが消耗して何度も転びそうになった。でも、こうして表彰台に立ててうれしい」と満面の笑み。ヤマハワークスを脅かす存在に成長した。

 その3人に遅れをとったマルケスは、最後は4位キープの走りで淡々とラップを消化した。「今日はドゥカティの二人が本当に速かった。そこで3位のヨハンと勝負しようかと思ったが、もし抜いたとしても24点差。抜かなくても21点差。わずか3点のためにリスクは犯さない方がいいと思った。今日はタイトルを決める日ではなく、タイトル獲得に近づくための日なんだと考えることにした」と冷静な判断と確実な走りで、タイトル獲得は果たせずも、2年連続4回目の王者に大きく近づいた。

 5位には今季3回目のPPを獲得したD・ペドロサ(ホンダ)で、この3連戦、ウエットコンディションに苦しんで来たが、「今日のレースはセッティングが大きく改善された。完璧ではないが、大きく前進できた。成果あるレース」とウエットでのパフォーマンスを取り戻し明るい表情だった。

 そのペドロサを後半、ピタリとマークしたD・ペトルッチ(ドゥカティ)が6位。予選4番手から序盤11番手と大きく遅れたV・ロッシ(ヤマハ)が追い上げて7位。J・ミラー(ホンダ)が、オーストラリアGPから2戦連続シングルフィニッシュとなる8位。序盤、オーバーランを喫し16番手までポジションを落としたM・ビニャーレス(ヤマハ)が9位。P・エスパルガロ(KTM)が10位だった。

 日本GP、オーストラリアGPと復調を感じさせたスズキ勢は今大会は低迷。病気のために欠場のJ・フォルガー(ヤマハ)の代役として出場のM・ファン・デル・マークは16位だった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 44'51.497 NGK
2 99 ホルヘ・ロレンソ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +0.743 NGK
3 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +9.738 NGK
4 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +17.763 NGK
5 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V +29.144 NGK
6 9 ダニロ・ペトルッチ Octo Pramac Yakhnich Ducati Desmosedici GP17 +30.380  
7 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +30.769 NGK
8 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +35.238 NGK
9 25 マーベリック・ビニャーレス Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +38.053 NGK
10 44 ポル・エスパルガロ RED BULL KTM FACTORY RACING KTM RC16 +39.847  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る