• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2019-11-03
第18戦 マレーシアGP

セパン・インターナショナル サーキット

路面:ドライ、気温:32度、観客:103,850人

ビニャーレス、独走
第8戦以来の今季2勝目

 3連戦最後の大会となった第18戦マレーシアGPは、予選2番手からホールショットを奪い、それから20周に渡り首位を快走したM・ビニャーレス(ヤマハ)が今季2勝目を挙げた。ビニャーレスの得意とする勝ちパターン。フリー走行、予選で見せた速さと連続周回での高いアベレージを見事決勝でも再現した。
 「スタートが決まり、セクター2でややリードを広げることが出来た。それからはとにかくプッシュ、プッシュ、プッシュの連続だった。1周目を終えたときに今日は勝てるかも知れないと思ったが、自分でも信じられない展開だった」と喜びを爆発させた。

 日本GPからの3連戦。もてぎでは4位と表彰台に立てず。オーストラリアGPでは最終ラップまでトップを走るもM・マルケス(ホンダ)に抜かれ、その後、転倒リタイヤ。今大会もマルケスが追い上げてきたが、1周目に1秒のリードを築き、その後、2秒まで広げて追撃を振り切った。
 「今日の優勝は、いろんな意味で可能性を感じるレースだった。フィリップアイランドは悔しいレースだった。早く次のレースがしたいと思っていたが本当に素晴らしいレースになった」と、第8戦オランダGP以来の優勝に満面の笑みだった。

 前戦オーストラリアGPまで5連勝と勢いが止まらないマルケスが、今大会は2位でフィニッシュした。予選の転倒で11番手グリッドから決勝に挑み、素晴らしいダッシュで1コーナーで5番手に浮上、それからも次々に前者をパスして2番手へとポジションを上げた。2周目はJ・ミラー(ドゥカティ)に抜き返されるが3周目に再び大接戦となったグループのトップに浮上し、ビニャーレスを追った。しかし、序盤のこの戦いでタイヤを消耗させたことで、ビニャーレスとの差を縮めることが出来なかった。
 「今日は素晴らしいレース、素晴らしい一周目だった。おそらく15年のイタリアGP(予選13番手)に並ぶ最高のレースだった。昨日の夜はそのときのレースを見てその走りをイメージした。2番手に浮上してからマーベリックを追ったが最初の3周でタイヤを消耗させてしまった。差を縮めようと頑張ったが自分のミスもありリードを広げてしまった。優勝できなかったが、今日のレースには満足している。そして今日は弟がタイトルを獲得した。本当にうれしい一日になった」
 Moto2クラスで弟のアレック・マルケスが念願のタイトルを獲得。14年に続き2度目の兄弟制覇という偉業達成となった。

 10番手グリッドから追い上げたA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が、V・ロッシ(ヤマハ)、A・リンス(スズキ)との戦いを制し、ドライコンディションで行われたマレーシアGPではベストリザルトとなる3位でフィニッシュした。「スタートが決まったときに今日はいいレースができると思った。優勝争いには届かなかったが、今日の表彰台は自分にとってもドゥカティにとっても重要なレースになった」と成果をアピールした。

 前戦オーストラリアGPで8位に終わるも序盤にトップに立ち復活をアピールしたロッシが、今大会はさらにペースを取り戻し3位争いに加わった。ドヴィツィオーゾとのし烈な戦いで惜しくも表彰台には届かなかったが、ファステストラップをマークするなど速さを見せた。「コーナーではドヴィツィオーゾより速かったがストレートで苦戦した。表彰台には立てなかったが、いつものレースに較べてタイヤの消耗もそれほどひどくなかった」とセットアップが進んだことでリザルトも上昇した。

 予選7番手から5位でフィニッシュのリンスは、「序盤にグリップが悪くて苦しかったが、後半に向けて良くなり、ドヴィツィオーゾとロッシに追いついた。二人と3位争いのバトルに加われなかったがベストを尽くした」と序盤の遅れを取り戻しての5位に納得の表情だった。

 今季3回目のフロントロー3番手から決勝に挑んだF・モルビデリ(ヤマハ)が、チームメートでPPスタートのF・クアルタラロ(ヤマハ)との接戦を制して6位。クアルタラロは序盤にペースが上げられず後退し7位だった。

 序盤トップグループに加わったミラーが8位。D・ペトルッチ(ドゥカティ)が9位。ウォームアップでトップタイムをマークして注目を集めたJ・ミル(スズキ)は、J・ザルコ(ホンダ)と接触してロングラップペナルティを課せられて10位だった。

 右肩手術のため欠場している中上貴晶(ホンダ)の代役のザルコは予選9番手から8位争いを繰り広げたが、ミルと接触してリタイヤだった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 40'14.632 NGK
2 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +3.059 NGK
3 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +5.611 NGK
4 46 バレンティーノ・ロッシ Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +5.965 NGK
5 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +6.350 NGK
6 21 フランコ・モルビデリ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +9.993 NGK
7 20 ファビオ・クアルタラロ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +12.864 NGK
8 43 ジャック・ミラー Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP19 +17.252  
9 9 ダニーロ・ペトルッチ Ducati team Ducati Desmosedici GP19 +19.773 NGK
10 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +22.854 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る