• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦

ポイントランキング

2017-11-12
第18戦 バレンシアGP

バレンシアサーキット

路面:ドライ、気温:25度、観客:110,220人

ペドロサ、今季2勝目
マルケス、4度目のチャンピオン

 チャンピオン決定戦となった最終戦バレンシアGPは、今季8回目のPPからトップグループにつけたM・マルケス(ホンダ)が、3位でフィニッシュして2年連続4回目のタイトルを獲得した。好スタートからオープニングラップを制し3周目までトップを走るが、J・ザルコ(ヤマハ)を先行させ2番手へと後退。以下、D・ペドロサ(ホンダ)、J・ロレンソ(ドゥカティ)、A・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と続き、この5台がトップグループを形成。大きな動きがないまま周回を重ねた。  しかし、後半の23周目に入ると、ペースの上がらないザルコを交わしてマルケスが再びトップに浮上する。その直後の24周目の1コーナーでマルケスはフロントタイヤがスライドしてオーバーラン。グラベルを走り、コースに復帰したときには、5番手へとポジションを落としていた。  この日のタイトル決定の条件は、タイトルを争う総合2番手のドヴィツィオーゾが優勝しても11位以上でタイトルが決まるというもの。そのためマルケスは優勝を狙う走りからタイトル獲得のための走行へと切り替えたのだが。25周目に3番手に浮上していたロレンソと4番手にいたドヴィツィオーゾが次々に転倒。この時点でマルケスのタイトルはほぼ確実なものとなり、30周を終えて最終的に3位でチェッカーを受けたマルケスが、2年連続4回目のタイトルを獲得した。

 中盤までの緊迫したレース展開。対照的に次々に起きたハプニングの中でタイトルを決めたマルケスは喜びを爆発させた。  「夢のような気持ち。”6度目のタイトル”はすごく重い。正直な気持ちを言うと、今年は本当に一生懸命作業をしてきたので、本当にうれしい。特に今日のレースはもの凄く緊張感があってエキサイティングだった。ミスもしたが、”マルケス・スタイル”もあり、今年一番のセーブもした。ミスをした瞬間から、良い順位でレースを終えることだけに専念した。アンドレアはすばらしい対戦相手だったし、今日彼がフィニッシュすることができなかったことは残念。今日は一緒に表彰台に上がりたかった」と喜びを語り、リタイアに終わったライバルを賞賛した。  これでマルケスは、125cc、Moto2、そしてMotoGPで通算6回目のタイトルを獲得。最年少記録を次々に塗り替えてきたマルケスは、サイコロで「6」の目を出してファンの大喝采を浴びた。

 優勝したのはチームメートのペドロサ。マルケスがオーバーランを喫し5番手へと後退した後、ザルコと一騎打ちとなり、最終ラップの1コーナーでザルコを交わしトップに浮上。第4戦スペインGP以来となる今季2勝目を達成。125ccで1勝、250ccで2勝、最高峰クラスでは、07年、09年、12年に続き4回目のバレンシアGP制覇を達成し、総合5位から4位へとランキングを上げてシーズンを終了した。「今日はフロントのグリップ感が完ぺきとは言えず難しいレースだった。実際に転倒者が多かった。目の前でマルクがクラッシュしそうになり、彼が持ちこたえたシーンはすごかった」とマルケスの驚異的なライディングを賞賛。「ホームGPで優勝することができて本当に嬉しい」と喜びを爆発させた。

 レースのほとんどでトップを走ったザルコは、初優勝を逃すも今季3回目の表彰台に立ち喜びを爆発させた。「優勝できなかったのは残念だった。マルクは本当に強かったし、ダニとのバトルも楽しかった。表彰台でシーズンを終えられて嬉しい」と満面の笑みでシーズンを終えた。

 4位にはA・リンス(スズキ)で母国GPで今季ベストリザルト。5位にV・ロッシ(ヤマハ)、6位にA・イアンノーネ(スズキ)、7位にJ・ミラー(ホンダ)と続き、し烈だったこの5台の戦いもファンを喜ばせた。

 11万人を超える大観衆が集まったシーズン最終戦。C・クラッチロー(ホンダ)、M・ピロ(ドゥカティ)、T・ラバット(ホンダ)と続き、ここまでがトップ10フィニッシュ。気温25℃という絶好のコンディションだったが、完走17台。ドゥカティワークスの二人を含め、8台が転倒などでリタイアというタイヤに厳しいレースだった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 26 ダニ・ペドロサ Repsol Honda Team Honda RC213V 46'08.125 NGK
2 5 ヨハン・ザルコ MONSTER YAMAHA TECH 3 Yamaha YZR-M1 +0.337 NGK
3 93 マルク・マルケス Repsol Honda Team Honda RC213V +10.861 NGK
4 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +13.567 NGK
5 46 バレンティーノ・ロッシ Movistar Yamaha motoGP Yamaha YZR-M1 +13.817 NGK
6 29 アンドレア・イアンノーネ Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +14.516 NGK
7 43 ジャック・ミラー Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +17.087 NGK
8 35 カル・クラッチロー LCR Honda Honda RC213V +17.230 NGK
9 51 ミケーレ・ピロ Ducati Team Ducati Desmosedici GP17 +25.942 NGK
10 53 ティト・ラバト Estrella Galicia 0,0 Marc VDS Honda RC213V +27.020 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る