• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

ポイントランキング

2016-07-24

#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが逆転で今季初優勝を飾った。

 GWの富士大会から約2カ月半もの長いインターバルを経て、7月23~24日にスポーツランドSUGOで「SUGO GT 300km RACE」が開催され、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが逆転で今季初優勝を飾った。

 夏休み最初の週末、宮城県の山岳コースであるスポーツランドSUGO迎えた久々のレースウィークは、予想よりも涼しく、また時折雨が降るというトリッキーなコンディションでの攻防となった。

 まず、7月23日土曜の午後2時30分に曇天の下でスタートしたGT300のQ1では、31号車プリウス以下、12番手までがレコードタイムを更新するという結果に。

 一方、GT500のQ1は予定どおり午後2時50分にスタート。各車が終盤のアタックを行う中、なんと#1 MOTUL AUTECH GT-RがSPコーナーでクラッシュしてしまいセッションは赤旗終了に。この結果、38号車RC Fが暫定ポールを手にし、#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GTが2番手、6号車RC Fが3番手となるが、満足にアタック出来なかったGT-R勢が全車Q1敗退という不運となった。

 GT300のQ2はGT500のアクシデントの影響で午後3時27分にスタート。時折雨がパラつく状況ながら、大きく天候が崩れることなくアタックが行われた結果、25号車86 MCがポールポジションを獲得。31号車プリウス、61号車BRZ、18号車86 MCが2~4番手に続き、JAF-GT勢の早さが目立つ結果に。

 そしてGT500のQ2では、6号車RC Fが今季初ポールを奪取し、#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTが今季最高の2番手を獲得。5番手に#15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTが食い込んだ。

 決勝日の日曜は、朝から霧雨が降るなど天候が悪化。その後小康状態となった雨だが、午後2時の決勝スタート前にも霧雨が降るものの、なんとか全車がドライタイヤでのスタートを迎えた。

 GT500ではグリッドへの試走中にトラブルに見舞われた#12 カルソニック IMPUL GT-Rはピットスタートとなったが、残る14台が午後2時にスタート。スタート直後はポールシッターの6号車RC Fがレースをリードも、周回遅れが登場すると様相は一変。背後に#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTが迫り、緊迫した攻防に。その中で、6周目の1コーナーでGT300と6号車RC Fが接触し後退し、#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTが首位に立つが、#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTも独走は許されず、17周目に38号車RC Fの攻勢を受けた際に接触。#17 KEIHIN NSX CONCEPT-GTはスピンを喫して後退してしまう。

 その後は38号車、39号車、19号車などのRC F勢がトップを争うが、26周目にセーフティーカーが導入され、ここでピットインするマシンとコースに留まるマシンで明暗が分かれることに。ピットインの際、タイヤ無交換を選択していた#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが、レース後半にピットインを終えたRC F勢に先行する形でトップを奪ったのだ。

 徐々にRC F勢に詰め寄られた#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rだったが、残り6周で再びアクシデントが発生しレースは赤旗終了。予想外の結末ながら、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが今季初優勝を飾り、2~3位に39号車、38号車のRC F勢という表彰台となった。

 一方、GT300ではポールポジションからスタートの25号車86 MCが、2番手に浮上した61号車BRZを抑え、リードを拡大していく展開に。その背後では31号車プリウスと11号車メルセデスが激しく3番手を争う。

 しかし、25周目に最終コーナーで5号車86 MCがクラッシュし、セーフティーカーが入ったことで25号車86 MCは一気にマージンを失ってしまい、レースは後半戦へ。

 レース後半、各陣営がピット作業を終えたところで、GT500同様タイヤ無交換作戦でトップに立ったのは88号車ランボルギーニだったが、ペースに苦しみ31号車、25号車86 MCらに次々かわされてしまう。

 結局71周目の最終コーナーで18号車86 MCがクラッシュ。レースは赤旗終了となり、31号車プリウスが今季初優勝。2位に25号車86 MC、3位には61号車BRZとなったが、予選で21位と大きく後れを取っていた#3 B-MAX NDDP GT-Rは、見事な追い上げで5位でのチェッカーを受けている。

 次戦は2週間後の8月6~7日、再び富士スピードウェイを舞台にシリーズ第5戦となる「FUJI GT 300km RACE」が開催される。

Po. Driver Machine Time Support
1 佐々木 大樹 / 柳田 真孝 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 1'14.678 NGK
2 ヘイキ・コバライネン / 平手 晃平 DENSO KOBELCO SARD RC F / LEXUS RC F / RI4AG 1'13.665  
3 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO RC F / LEXUS RC F / RI4AG 1'13.212  
4 大嶋 和也 / A.カルダレッリ WAKO'S 4CR RC F / LEXUS RC F / RI4AG 1'12.989  
5 関口 雄飛 / 国本 雄資 WedsSport ADVAN RC F / LEXUS RC F / RI4AG 1'14.001  
6 塚越 広大 / 小暮 卓史 KEIHIN NSX CONCEPT-GT / Honda NSX CONCEPT-GT / HR-414E 1'12.818 NGK
7 武藤 英紀 / オリバー・ターベイ ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT / Honda NSX CONCEPT-GT / HR-414E 1'13.682 NGK
8 ジェームス・ロシター / 平川 亮 KeePer TOM'S RC F / LEXUS RC F / RI4AG 1'13.751  
9 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 1'14.838 NGK
10 山本 尚貴 / 伊沢 拓也 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT / Honda NSX CONCEPT-GT / HR-414E 1'13.701 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る