• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

ポイントランキング

2016-11-13

11月11~13日、シリーズ初となる2レース制大会、そして今季最終大会として「MOTEGI GT GRAND FINAL」が栃木県のツインリンクもてぎで開催され、中止となったオートポリス大会の代替として土曜に行われた第3戦では、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが見事優勝を飾った。

第3戦

 11月11~13日、シリーズ初となる2レース制大会、そして今季最終大会として「MOTEGI GT GRAND FINAL」が栃木県のツインリンクもてぎで開催され、中止となったオートポリス大会の代替として土曜に行われた第3戦では、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが見事優勝を飾った。

 熊本地震復興支援大会として開催された今季最終大会。変則的に金曜午前と午後にフリー走行が行われたが、午前は生憎のウェットコンディション。ここでは#1 MOTUL AUTECH GT-Rがトップタイムを奪うも、雨で十分な走行が出来ず、天候回復が予想された午後のセッションが延長されたが、あまりコンディションは好転せずドライタイヤでの走り込みができないまま、各陣営は土曜の公式予選に臨むこととなった。

 今大会は両日ともに予選、決勝が行われるため、公式予選は各クラスごとに15分間のみ。土曜の第3戦予選、日曜の第8戦予選でアタックできるドライバーはひとりというルール。土曜の第3戦予選は午前8時35分にスタート。雨は上がっていたものの、前日の影響が残りウェット路面となる中、まずはGT300が15分間行われ、11号車メルセデスがPPを獲得。21号車アウディ、61号車BRZがトップ3。続くGT500の第3戦予選では、39号車RC Fがポールポジションを奪い、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが2番手。4番手に#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT、5番手に#64 Epson NSX CONCEPT-GTが入った。

 そして路面が乾いた午後1時10分、53周で争われる第3戦決勝がスタート。序盤はPPの39号車RC Fがレースをリード、スタート直後に2番手に浮上した36号車RC Fがトップを追うが、3周目にGT300車両が2箇所でクラッシュしたためにセーフティーカーが入る。

 8周目のリスタート後も39号車、36号車のRC F2台が1-2体制を築くが、3番手を死守していた#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが、タイヤ無交換作戦でピットタイムを短縮し一気にトップに浮上を果たす。

 終盤、39号車RC Fの猛追を受けたものの、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが見事逃げ切り優勝。2位に39号車RC F、3位には36号車RC Fが入り、7位に#12 カルソニック IMPUL GT-Rが入った。

 一方、GT300でもポールポジションの11号車メルセデスが序盤からトップを守り、予選2番手の21号車アウディを引き離す展開となったが、24周目のピットインの際、ピットで21号車が逆転しトップに浮上する。

 その後、レース後半でタイヤが厳しくなった11号車メルセデスが後退する中、トップを守りきった21号車アウディ R8が初優勝、2位に33号車ポルシェ、3位には88号車ランボルギーニが入ったが、#3 B-MAX NDDP GT-Rは13位とポイント獲得はならなかったものの、最終戦でのタイトルに望みをつないだ。

Po. Driver Machine Time Support
1 佐々木 大樹 / 柳田 真孝 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 1:40'10.155 NGK
2 ヘイキ・コバライネン / 平手 晃平 DENSO KOBELCO SARD RC F / LEXUS RC F / RI4AG 0.239  
3 伊藤 大輔 / ニック・キャシディ au TOM'S RC F / LEXUS RC F / RI4AG 6.003  
4 大嶋 和也 / A.カルダレッリ WAKO'S 4CR RC F / LEXUS RC F / RI4AG 6.327  
5 関口 雄飛 / 国本 雄資 WedsSport ADVAN RC F / LEXUS RC F / RI4AG 10.156  
6 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO RC F / LEXUS RC F / RI4AG 25.940  
7 安田 裕信 / J.P.デ・オリベイラ カルソニック IMPUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 34.239 NGK
8 本山 哲 / 千代 勝正 S Road CRAFTSPORTS GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 34.548 NGK
9 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 43.835 NGK
10 山本 尚貴 / 伊沢 拓也 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT / Honda NSX CONCEPT-GT / HR-414E 57.450 NGK

NGKはNGKサポートチームです。


第8戦

 一夜明け、爽やかな秋晴れとなった日曜。午前8時40分からスタートした第8戦の公式予選は、前日同様GT300のアタックから行われ、終盤にタイムを上げた31号車PRIUS GTがポールポジションをゲット。65号車メルセデスが2番手、88号車ランボルギーニが3番手。またも#3 B-MAX NDDP GT-Rは予選で苦しみ、14番手からのスタートとなった。

 続くGT500の第8戦公式予選では、39号車RC Fがポールポジションを獲得しタイトルに一歩前進。37号車、6号車、19号車とRC F勢がトップ4を奪う中、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが5番手と健闘した。

 午後1時30分からの第8戦決勝も53周の戦い。スタートではポールポジションの39号車RC Fがトップを守り、オープニングラップに2番手に浮上した6号車RC F、さらに序盤で3番手に浮上した19号車RC Fがタイトルを懸けた攻防を展開する。

 連覇を狙う#1 MOTUL AUTECH GT-Rは、苦しい戦いの中でタイヤ無交換作戦を敢行、上位を目指すがRC F勢の牙城を崩すまでには至らない。

 結局、第8戦では39号車RC Fが6号車RC Fの追撃をかわして優勝、見事チャンピオンを獲得した。RC F勢がトップ5を独占する中、#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rが6位に入賞、#1 MOTUL AUTECH GT-Rは7位にとどまり、惜しくも連覇はならなかった。

 また、GT300ではポールスタートの31号車PRIUS GTが飛び出し、これを65号車メルセデス、88号車ランボルギーニが追うが、88号車は駆動系トラブルで序盤で姿を消し、4号車メルセデス、61号車BRZが上位につける。

 いったん10番手まで後退していた25号車86 MCだったが、タイヤ無交換作戦を選択しポジションを挽回すると、その後セカンドスティントで31号車PRIUS GTを抜き去ると、粘る31号車PRIUS GTを抑えきり、25号車86 MCが逆転優勝を果たした。

 この結果、25号車86 MCがタイトルを手中に収めることに。31号車PRIUS GTは2位、3位には4号車メルセデスが続き、追い上げた#3 B-MAX NDDP GT-Rは終盤の攻防での接触もあったものの、6位に入賞を果たしている。

Po. Driver Machine Time Support
1 ヘイキ・コバライネン / 平手 晃平 DENSO KOBELCO SARD RC F / LEXUS RC F / RI4AG 1:31'57.828  
2 大嶋 和也 / A.カルダレッリ WAKO'S 4CR RC F / LEXUS RC F / RI4AG 0.472  
3 関口 雄飛 / 国本 雄資 WedsSport ADVAN RC F / LEXUS RC F / RI4AG 7.471  
4 伊藤 大輔 / ニック・キャシディ au TOM'S RC F / LEXUS RC F / RI4AG 14.666  
5 ジェームス・ロシター / 平川 亮 KeePer TOM'S RC F / LEXUS RC F / RI4AG 16.160  
6 本山 哲 / 千代 勝正 S Road CRAFTSPORTS GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 19.132 NGK
7 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 20.461 NGK
8 安田 裕信 / J.P.デ・オリベイラ カルソニック IMPUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 25.829 NGK
9 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO RC F / LEXUS RC F / RI4AG 29.152  
10 佐々木 大樹 / 柳田 真孝 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 36.738 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る