エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2018-04-08

#17 KEIHIN NSX-GTがポール・トゥ・ウインを達成

 4月7〜8日、岡山県の岡山国際サーキットにて「OKAYAMA GT 300km RACE」が行われた。不安定な天候に加え、予想外の冷え込みを見せた週末となる中、GT500では#17 KEIHIN NSX-GTがポール・トゥ・ウインを達成。また元F1ドライバーのジェンソン・バトンがドライブした#100 RAYBRIG NSX-GTが2位に入った。

 2月に逆戻りしたかのような冷え込みとなった土曜。午前の公式練習では雨が降るなど不安定なコンディションとなったが、午後の公式予選を前に、曇り空ながらも路面は完全なドライに転じ、まずはGT300のQ1が午後2時45分にスタート。ここでは25号車86 MCが1分25秒232で暫定ポールを奪い、2号車ロータス、11号車GT-Rが2〜3番手。
 続くGT500のQ1もドライコンディションで行われ、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rが高星明誠のアタックで1分18秒160を叩き出し暫定ポールを獲得。#100 RAYBRIG NSX-GT、#17 KEIHIN NSX-GTのホンダ勢が2〜3番手となる一方、昨年の岡山大会ウイナーの1号車LC500がQ1敗退となる波乱も。

 ところが、この直後に強い雨が降り出してしまい、午後3時30分のGT300のQ2開始時点では、路面は黒く湿った状態に。この難しい状況の中でGT300のポールポジションを手にしたのは1分34秒143を刻んだ88号車ランボルギーニ。21号車アウディ、11号車GT-Rがこれに続いた。
 一方徐々に雨は上がっていったものの、午後3時48分に始まったGT500のQ2も路面はウェット。ここで速さを見せたのは#17 KEIHIN NSX-GT。塚越広大が1分26秒905をマークし、堂々のポールシッターに。さらに#8 ARTA NSX-GTが2番手、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rが3番手と好グリッドを手中にした。

 翌8日の日曜も一層の冷え込みとなり、雨だけでなく時には雪がちらつくほどの不安定な天候となるものの、午後のGTの決勝が近づく頃には雨の気配は遠のき、薄日が差す中でいよいよ午後2時46分、82周の決勝レースがスタートした。
 GT500ではポールポジションの#17 KEIHIN NSX-GTが飛び出す中、背後には#23 MOTUL AUTECH GT-Rと#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R、2台のGT-Rが肉薄しトップを伺うものの、惜しくもこれはジャンプスタートとの裁定がくだり、この2台に代わって1号車LC500が2番手に浮上、いったんは#17 KEIHIN NSX-GTを捉えてトップに立つ。
 しかしレース中盤、タイヤ無交換作戦を採った#100 RAYBRIG NSX-GTが優位に。#17 KEIHIN NSX-GTはピットインの際に#100 RAYBRIG NSX-GTの後塵を配したが、後半のスティントでこれを逆転。全車がピットを終えた段階で、再び首位返り咲く。
 終盤、他車のパーツがフロント部分に刺さり、ひやりとした#17 KEIHIN NSX-GTだったが、追いすがる#100 RAYBRIG NSX-GTを抑えて見事ポール・トゥ・ウイン。2位に#100 RAYBRIG NSX-GTが入り、3位には1号車LC500。
 なお、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rはスタート直後は3番手につけるも、ジャンプスタートのためドライブスルーペナルティーを受けて後退。それでも徐々にポジションを回復し41周目にピットイン。ここでいったん10番手あたりまでポジションを下げたものの、再び挽回し最終的には6位フィニッシュを飾っている。

 一方GT300ではタイヤ無交換作戦を採った18号車86 MCが逆転優勝。2位に7号車ポルシェ、3位に25号車86 MCとなった。

 第2戦「FUJI GT 500km RACE」は今年もゴールデンウィークの風物詩として、5月3〜4日に富士スピードウェイで開催される予定だ。

Po. Driver Machine Time Support
1 塚越 広大 / 小暮 卓史 KEIHIN NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E 1:55'14.381 NGK
2 山本 尚貴 / ジェンソン・バトン RAYBRIG NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +1.610s NGK
3 平川 亮 / ニック・キャシディ KeePer TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +5.582s  
4 大嶋 和也 / F.ローゼンクヴィスト WAKO'S 4CR LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +5.759s  
5 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +36.990s NGK
6 J.P.デ・オリベイラ / 高星 明誠 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +48.375s NGK
7 本山 哲 / 千代 勝正 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +59.362s NGK
8 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +1'00.357s  
9 国本 雄資 / 山下 健太 WedsSport ADVAN LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +1'05.532s  
10 武藤 英紀 / 中嶋 大祐 MOTUL MUGEN NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +1'06.532s NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る