エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦

ポイントランキング

2017-05-07

好調のレクサス勢が表彰台独占。
#23 MOTUL AUTECH GT-Rが惜敗の4位入賞

MOTUL AUTECH GT-R

  • RAYBRIG NSX-GT
  • KEIHIN NSX-GT
  • ARTA NSX-GT
  • S Road CRAFTSPORTS GT-R
  • フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
  • Epson Modulo NSX-GT
  • カルソニック IMPUL GT-R
  • MOTUL MUGEN NSX-GT

 ゴールデンウィークの5月3〜4日、静岡県の富士スピードウェイで「FUJI GT 500km RACE」が開催された。大型連休と相まって、毎年多くの観衆を集める今大会、今年は9万人を超えるファンがサーキットに詰めかける中、#23 MOTUL AUTECH GT-Rが4位、#100 RAYBRIG NSX-GTが6位に入賞を果たした。

 まずまずのドライコンディションとなった5月3日、午後2時40分からスタートした公式予選のQ1では、まずGT300がアタック。11号車、4号車のメルセデス勢が速さを見せる中、#3 B-MAX NDDP GT-Rも高星明誠のアタックで1分36秒549をマーク、9番手でQ2進出を果たす。
 続くGT500のQ1では、開幕戦同様にレクサス勢が上位を占める中、野尻智紀のドライブした#8 ARTA NSX-GTが1分28秒480で5番手に食い込んだほか、#23 MOTUL AUTECH GT-Rも松田次生が1分28秒674でからくもQ1を突破する。

 オンタイムの午後3時25分からスタートしたGT300のQ2では、9号車ポルシェが2番手に進出したものの、40kgのウエイトハンデを積む4号車メルセデスが、1分35秒824でポールポジションを獲得。#3 B-MAX NDDP GT-Rは、1分37秒090で11番手からの決勝スタートが確定した。
 GT500のQ2も予定通り午後3時45分に開始されたが、ここで#23 MOTUL AUTECH GT-Rが健闘を見せ、1分28秒168を叩き出して2番手に。38号車にPPは譲ったものの、#23 MOTUL AUTECH GT-Rは上位を独占したレクサス勢に割って入り、フロントロウを獲得することとなった。

 一夜明け、快晴となった5月4日、午後2時10分からシリーズ2番目の長丁場となる500km、110周の決勝レースがスタート。今大会はドライバー交代を含む2回のピットストップが義務付けとなっており、そのあたりの戦略も戦況を左右すると目された。
 スタート直後はPPから逃げる38号車を#23 MOTUL AUTECH GT-Rがピタリとマークし、マッチレースの様相を呈していたものの、徐々にペースに苦しむこととなり、追い上げてきたレクサス勢の後塵を拝することに。このため、#23 MOTUL AUTECH GT-Rは4番手あたりまで後退。一方、30周を前に#17 KEIHIN NSX-GT、#8 ARTA NSX-GTなどNSX勢が早めのルーティンピットを行うが、#64 Epson Modulo NSX-GTがタイヤのパンクに見舞われたほか、#12 カルソニック IMPUL GT-Rもトラブルに見舞われ、レース復帰を果たすものの、上位争いから脱落してしまう。

 こうしたライバル勢の苦戦を後目に、レクサス勢は終始上位を独占。#23 MOTUL AUTECH GT-Rも必死に表彰台を目指したが、一歩届かず4位でのチェッカーとなった。また、#100 RAYBRIG NSX-GTも粘り強く戦い6位に。#17 KEIHIN NSX-GT、#8 ARTA NSX-GTも8〜9位とポイント獲得を果たす結果となった。

 一方、GT300では序盤からトップのメルセデス2台がレースをリードする中、4号車メルセデスは2度のタイヤトラブルに見舞われて後退。代わってレース半ばにトップを奪った51号車RC Fがそのまま逃げ切って初優勝。2位に11号車メルセデス、3位に33号車ポルシェが入った。
 また、優勝争いには届かなかったものの、着実な追い上げを果たした#3 B-MAX NDDP GT-Rは6位に入賞を飾っている。

 次戦、シリーズ第3戦「SUPER GT in KYUSHU 300km」は3週間後の5月20〜21日、オートポリスにて開催予定。スーパーGTとしては2年ぶりの九州開催となる。

Po. Driver Machine Time Support
1 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG 2:52'28.925  
2 大嶋 和也 / A.カルダレッリ WAKO'S 4CR LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +4.797s  
3 平川 亮 / ニック・キャシディ KeePer TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +25.196s  
4 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +31.792s NGK
5 伊藤 大輔 / ジェームス・ロシター au TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +33.567s  
6 山本 尚貴 / 伊沢 拓也 RAYBRIG NSX-GT / Honda NSX GT / HR-417E +35.071s NGK
7 ヘイキ・コバライネン / 平手 晃平 DENSO KOBELCO SARD LC500 / LEXUS LC500 / RI4AGA +51.376s  
8 塚越 広大 / 小暮 卓史 KEIHIN NSX-GT / Honda NSX GT / HR-417E +55.931s NGK
9 野尻 智紀 / 小林 崇志 ARTA NSX-GT / Honda NSX GT / HR-417E +1'11.115 NGK
10 関口 雄飛 / 山下 健太 WedsSport ADVAN LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG 1Lap  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る