エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2018-05-06

予選3番手からスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-R
逆転優勝を果たす

MOTUL AUTECH GT-R

  • RAYBRIG NSX-GT
  • KEIHIN NSX-GT
  • ARTA NSX-GT
  • S Road CRAFTSPORTS GT-R
  • フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R
  • Epson Modulo NSX-GT
  • カルソニック IMPUL GT-R
  • MOTUL MUGEN NSX-GT

 GWのビッグイベントとして今年も5月3〜4日に富士スピードウェイで開催された「FUJI GT 500km RACE」。濃霧の影響を受けた3日から一転、快晴に恵まれた4日に行われた2018シリーズ第2戦、レース距離500kmと長丁場の決勝では、予選3番手からスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-Rが逆転で今季初優勝を果たした。

 今季シリーズにおいて2番目にレース距離が長い注目のイベント「FUJI GT 500km RACE」。しかし、走行初日となった3日は全国的に大荒れの空模様。富士スピードウェイも前夜半から激しい風雨に見舞われたが、この雨は早朝まで続いた。しかし、雨が止んだものの、今度は濃い霧がサーキットを覆うことに。このため、3日午前に予定されていた公式練習はキャンセルされ、変わって午後零時50分から30分間の公式練習が設定されたのち、午後2時45分からGT300、GT500それぞれ20分間での一発勝負の公式予選が行われることとなった。

 お昼頃にはすっかり霧も晴れ、午後2時45分からの公式予選は完全なドライコンディションでの争い。まずはGT300のアタックが行われ、55号車BMWが1分36秒573でクラスポールを獲得し、61号車BRZ、65号車メルセデスが2〜3番手に。
 続いて午後3時15分から行われたGT500の予選では、序盤に39号車LC500がトップタイムを刻んだものの、2セット目のアタックで38号車LC500が1分27秒904を叩き出してポールシッターに。2番手に6号車LC500が続き、速さを見せるレクサス勢に割って入る形で、3番手に#23 MOTUL AUTECH GT-Rが食い込んだ。

 一夜明け、4日の富士は早朝から快晴。5万5000人の大観衆が詰めかける中、午後2時40分に静岡県警の先導によるパレードラップに続きフォーメーションラップが行われ、1周の後いよいよ500kmレースがスタートした。
 スタート直後こそポールシッターの38号車LC500がトップを守ったものの、オープニングラップで#23 MOTUL AUTECH GT-Rが一気にトップに浮上し序盤のリーダーとなる。
 しかし、予選5番手から追い上げた39号車LC500が23周目に逆転しトップを奪う。ここから39号車LC500がレースを引っ張り、最初のピットストップを終えた後も#23 MOTUL AUTECH GT-Rに6〜7秒のギャップを築きながら周回を重ねていく。
 そのままトップで2度目のピット作業を終えた39号車LC500だったが、2回目のピットを終えた#23 MOTUL AUTECH GT-Rは見事39号車LC500に先んじてピットアウト。ここから最後のスティントで39号車、38号車など追いすがるレクサス勢を突き放すことに成功した#23 MOTUL AUTECH GT-Rは、そのままトップでチェッカー。見事今季初優勝を飾ることに。なお、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが6位に入り、#8 ARTA NSX-GTがホンダ勢の最上位となった。

 なお、予選15位からの追い上げが期待された#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rは、パレードラップで一瞬コース上にストップするなど心配されたが、無事レースをスタート。しかし、路面コンディションとタイヤのマッチングに苦戦を強いられることとなり、2周遅れの13位でのチェッカーとなっている。

 一方GT300では、ポールシッターの55号車BMWがスタートからレースをリード。2番手には61号車BRZ、3番手には0号車メルセデスが続いたが、レース序盤で31号車プリウスが3番手を奪うなど追い上げを見せる。
 ところが、55周目に2番手で追走していた61号車BRZがまさかのリタイア。これで2番手には31号車プリウスが浮上も、55号車BMWは盤石の走りでポール・トゥ・ウイン。31号車プリウスが2位に入り、3位には11号車GT-Rが入った。

 次戦第3戦「SUZUKA GT 300km」は、今年から装いも新たに、鈴鹿サーキットでレース距離300kmで争われることとなった。富士大会からおよそ2週間後の5月19〜20日開催の予定だ。

Po. Driver Machine Time Support
1 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 2:52'02.048 NGK
2 ヘイキ・コバライネン / 坪井 翔 DENSO KOBELCO SARD LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +9.738s  
3 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +23.450s  
4 ジェームス・ロシター / 関口 雄飛 au TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +33.144s  
5 大嶋 和也 / F.ローゼンクヴィスト WAKO'S 4CR LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +35.326s  
6 佐々木 大樹 / ヤン・マーデンボロー カルソニック IMPUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +36.216s NGK
7 平川 亮 / ニック・キャシディ KeePer TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +38.510s  
8 野尻 智紀 / 伊沢 拓也 ARTA NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +1'02.192s NGK
9 山本 尚貴 / ジェンソン・バトン RAYBRIG NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +1'17.582s NGK
10 本山 哲 / 千代 勝正 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 1Lap NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る