エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2019-05-26

#8 ARTA NSX-GTが4位フィニッシュを飾り、好調のレクサス勢に果敢に挑む戦いを見せた。

表彰台

 開幕からの2戦を雨に祟られていた今季のスーパーGT。しかしながらシリーズ3大会目となる三重県・鈴鹿市で5月25〜26日に開催された「SUZUKA GT 300km RACE」は、好天に恵まれ、GT500では#8 ARTA NSX-GTが4位フィニッシュを飾り、好調のレクサス勢に果敢に挑む戦いを見せた。

 週末を通じて雨の心配がなく、夏を思わせる暑さとなった鈴鹿サーキット。土曜の公式練習では#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R、#23 MOTUL AUTECH GT-Rが2〜3番手に食い込むなど、ニッサン勢がまずまずの滑り出しを見せる一方、ホンダ勢はすべて10番手以下と苦しい立ち上がり。また、GT300では61号車BRZ、88号車ランボルギーニGT3、4号車メルセデスAMG GT3がトップ3を占める。

 しかし、午後2時40分からの公式予選では状況が変化。まずGT300のQ1では5号車86 MCがトップタイムをマークし、25号車86 MC、2号車ロータス MCが2〜3番手とMC勢が躍進。続くGT500のQ1でも#8 ARTA NSX-GTが1分45秒916で暫定PPを奪取。4〜5番手に#17 KEIHIN NSX-GT、#1 RAYBRIG NSX-GTがつけるなど、ホンダ勢が逆襲。一方ニッサン勢は#12 カルソニック IMPUL GT-Rが8番手でギリギリQ1を突破するも、その他は敗退と苦戦を強いられる。
 そして午後3時34分からのGT300のQ2では、25号車86 MCが1分57秒008でポールポジションを獲得。96号車RC F GT3、5号車86 MCが2〜3番手となった。
 続くGT500のQ2では、レクサス勢が挽回し36号車LC500、37号車LC500が1〜2を奪い、#8 ARTA NSX-GTは3番手、#12 カルソニック IMPUL GT-Rは4番手という予選結果となった。

 一夜明け、ようやく今季初めてのドライコンディションでの決勝スタートとなり、3戦目にして白バイとパトカー先導によるパレードラップが午後2時30分にスタート。翌周にフォーメーションラップが行われ、1周の後午後2時38分に52周の戦いの火蓋が切って落とされた。
 気温29℃、路面温度39℃でスタートした決勝。序盤は36号車LC500、37号車LC500がレースを引っ張り、背後で#8 ARTA NSX-GTと#12 カルソニック IMPUL GT-R、そして6号車LC500が接戦を演じるが、6号車LC500が2台を捉えて3番手に浮上する。
 しかし、レクサス勢が安定してレースを進める一方、ポイントリーダーの#23 MOTUL AUTECH GT-Rにアクシデントが発生。17周目に130R進入でメカニカルトラブルからコースアウト、激しくバリアにクラッシュしてしまう。
 これにより4周に渡ってセーフティーカーが入ることとなったが、SC明けに相次いで上位陣がルーティンのピット作業を行うことに。それでもレクサス勢の優位は変わらず、レース中盤に各車がピット作業を終えた段階でトップ3は36号車LC500、6号車LC500、37号車LC500というオーダーに。
 終盤、#17 KEIHIN NSX-GT、#16 MOTUL MUGEN NSX-GT、#1 RAYBRIG NSX-GT、さらには#12 カルソニック IMPUL GT-Rが相次いでタイヤトラブルやアクシデントで後退する中、レクサス勢は上位を独占する勢いで戦いを進める。そんな中にあって#8 ARTA NSX-GTは粘り強くトップ3に次ぐ4番手につけるも、レクサス勢の牙城は崩しきれず。
 結局優勝は36号車LC500で、2位に37号車LC500、3位に6号車LC500。#8 ARTA NSX-GTは検討も4位、ニッサン勢の最上位はスタート違反によりドライブスルーペナルティーを科せられるも、しぶとく挽回した#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rの8位だった。

 GT300では、スタートからPPの25号車86 MCがレースをリード。セーフティーカーによりいったん後続とのギャップが縮まったものの、タイヤ無交換作戦を敢行した25号車86 MCが、再び大きなマージンを稼ぐことに。
 同じくタイヤ無交換を選択した5号車86 MCは2番手に浮上も、終盤96号車RC F GT3の猛追を受け、31周目に2番手を明け渡す。一方、96号車RC F GT3は勢いそのままに、終盤タイヤを消耗しペースの落ちた25号車86 MCを攻略。そのまま開幕戦に続き今季2勝目をマーク。25号車86 MCは最終ラップの最終コーナーでオーバーランを喫し、5号車86 MC、61号車BRZが2〜3番手に。25号車86 MCは無念の5位でのチェッカーとなった。

 唯一の海外大会となるシリーズ第4戦は、6月29〜30日、タイのチャン・インターナショナルサーキットで開催される。

Po. Driver Machine Time Support
1 中嶋 一貴 / 関口 雄飛 au TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG 1:47'21.606  
2 平川 亮 / ニック・キャシディ KeePer TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +8.071s  
3 大嶋 和也 / 山下 健太 WAKO'S 4CR LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +10.534s  
4 野尻 智紀 / 伊沢 拓也 ARTA NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +16.826s NGK
5 ヘイキ・コバライネン / 中山 雄一 DENSO KOBELCO SARD LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +34.340s  
6 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +42.353s  
7 国本 雄資 / 坪井 翔 WedsSport ADVAN LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +56.487s  
8 高星 明誠 / ヤン・マーデンボロー Realize corporation ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +1'07.597s NGK
9 平手 晃平 / フレデリック・マコヴィッキィ CRAFTSPORTS MOTUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +1'08.234s NGK
10 佐々木 大樹 / ジェームス・ロシター Calsonic IMPUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A 1Lap NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る