エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2021-08-22

#23 MOTUL AUTECH GT-Rが今季初優勝

表彰台

 当初5月に予定されていたものの順延となっていた「FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE」が、8月21〜22日、三重県の鈴鹿サーキットで開催された。土日を通じて時折雨が降る不安定な天候となったものの、無事有観客で大会が開催され、#23 MOTUL AUTECH GT-Rが今季初優勝。2〜3位にもGT-Rが入り、ニッサン勢の表彰台独占という結果となった。

 土曜の午前中は小雨がパラつくなど不安定なコンディションとなったものの、午後になると徐々に天候が回復。FIA-F4選手権の決勝前後にも小雨が降ったが、午後のSUPER GTの公式予選はほぼドライコンディションでの攻防となった。
 午後2時30分から行われたGT300noQ1では、まずA組で61号車BRZがトップタイムを奪い、34号車NSX GT3、48号車GT-Rが続く。B組では244号車GRスープラ、10号車GT-R、そして7号車BMW M6 GT3がトップ3に。
 GT300のQ1に続き、午後3時03分から始まったGT500のQ1では、#64 Modulo NSX-GTが44秒台の好タイムでトップタイム。#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT、#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが2〜3番手に。GRスープラ勢は全6台がQ1敗退を喫する波乱となった。
 GT300のQ2は午後3時23分にスタート。Q1のABそれぞれの組でトップを奪った2台がPPを争うこととなったが、ここでは61号車BRZに軍配があがり、今季2度目のPPを手に。終了間際にタイムを上げた5号車86 MCが2番手、244号車GRスープラが3番手となった。
 一方GT500のQ2では、Q1トップの#64 Modulo NSX-GTがコースアウト、ヒヤリとする場面があったものの、他を寄せ付けずポールポジションをゲット。2番手も同じダンロップを履く#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTで、3〜4番手には#23 MOTUL AUTECH GT-Rと#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが続いた。

 一夜明けた22日の鈴鹿は、朝から薄曇りながらも雨は降らず、気温も30℃を超えるなど真夏の雰囲気の中での決勝レースとなった。
 52周で争われる決勝は、ウォームアップでの18号車NSX GT3のクラッシュの影響で10分ディレイとなり、午後2時40分にスタートした。
 序盤、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTにプッシュされるも、徐々にマージンを築いていったPPの#64 Modulo NSX-GTがレースをリード。しかし、まだ本格的な周回遅れが現れる前、5周目のシケイン進入でトップの#64 Modulo NSX-GTがブレーキトラブルに見舞われてコースアウト、バリアにクラッシュしてしまう。
 このためFCY〜セーフティーカーが導入されたが、12周目にレースは再開。トップは#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTとなり、これを#23 MOTUL AUTECH GT-R、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R、#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rと3台のGT-R勢が追う展開となり、20周前後のルーティンピットでGT-R勢が逆転。#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R、#12 カルソニック IMPUL GT-R、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTがトップ3となったが、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTは#23 MOTUL AUTECH GT-Rにかわされ後退し、GT-R勢が1-2-3体制に。
 ここからハイペースで追い上げた#23 MOTUL AUTECH GT-Rが、#12 カルソニック IMPUL GT-R、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rを次々に攻略し、41周目についにトップに浮上を果たすと、終盤雨が降るなどしたものの、大きな影響はなくそのまま52周を走りきって昨年の鈴鹿大会以来の優勝を果たした。
 2位には#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R、終盤6位にまで後退した#12 カルソニック IMPUL GT-Rに代わり、#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが3位に入り、GT-Rによる表彰台独占と言う結果に。
 なお、4位には#1 STANLEY NSX-GT、5位には36号車GRスープラが続いた。

 一方GT300では、序盤こそ61号車BRZがトップを守ったものの、セーフティーカー明けの再開後も今ひとつペースが上がらず244号車GRスープラ、9号車フェラーリの追撃を受けることとなり、13周目にこの2台の先行を許し首位から陥落してしまう。
 ルーティンピットでは4番手の5号車86 MCが無交換作戦を採り事実上の首位に。244号車GRスープラは4輪交換でいったん後退したものの、徐々に5号車86 MCに迫り38周目にこれをパス。また、追い上げてきた88号車ランボルギーニGT3もこの争いに加わり、5号車86 MCをオーバーテイクする。
 トップに立った244号車GRスープラは、終盤GT500車両と接触、コースアウトするシーンもあったが、無事にコース復帰しトップチェッカー、見事初優勝を飾った。
 2位には88号車ランボルギーニGT3、3位には4号車メルセデスGT3となった。

 次大会は、シリーズ第5戦、「SUGO GT 300km RACE」が、9月11〜12日にスポーツランドSUGOで開催予定となっている。

Po. Driver Machine Time Support
1 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ NISMO / MOTUL AUTECH GT-R 52Laps NGK
2 平手 晃平 / 千代 勝正 NDDP RACING with B-MAX / CRAFTSPORTS MOTUL GT-R +0’11.362 NGK
3 高星 明誠 / 佐々木 大樹 KONDO RACING / リアライズコーポレーション ADVAN GT-R +0’20.127 NGK
4 山本 尚貴 / 牧野 任祐 TEAM KUNIMITSU / STANLEY NSX-GT +0’25.214 NGK
5 関口 雄飛 / 坪井 翔 TGR TEAM au TOM’S / au TOM’S GR Supra +0’26.208  
6 平峰 一貴 / 松下 信治 TEAM IMPUL / カルソニック IMPUL GT-R +0’45.076 NGK
7 塚越 広大 / ベルトラン・バゲット Astemo REAL RACING / Astemo NSX-GT +0’45.527 NGK
8 立川 祐路 / 石浦 宏明 TGR TEAM ZENT CERUMO / ZENT CERUMO GR Supra +0’46.485  
9 笹原 右京 / 大湯 都史樹 TEAM Red Bull MUGEN / Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT +0’47.175 NGK
10 平川 亮 / 阪口 晴南 TGR TEAM KeePer TOM’S / KeePer TOM’S GR Supra +0’48.180  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る