エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2018-05-20

ホンダ勢同士のマッチレースを制した
#8 ARTA NSX-GTが今季初優勝を飾った。

表彰台

  • Forum Engineering ADVAN GT-R
  • MOTUL AUTECH GT-R
  • ARTA NSX-GT
  • KEIHIN NSX-GT
  • MOTUL MUGEN NSX-GT
  • CALSONIC IMPUL GT-R
  • CRAFTSPORTS MOTUL GT-R
  • RAYBRIG NSX-GT
  • Epson Modulo NSX-GT

 富士スピードウェイでの第2戦から約2週間と短いインターバルで迎えた第3戦は、「SUZUKA GT 300km」。昨年まで開催されていた伝統の1000kmレースから装いも新たに300kmレースとなった今大会、優勝はポールポジションからホンダ勢同士のマッチレースを制した#8 ARTA NSX-GTが今季初優勝を飾った。

 5月19日、強風と予想外の冷え込みとなった鈴鹿サーキット。各種イベントが強風のために中止となる中、公式練習に続いて午後2時35分にスタートした公式予選では、まずGT300のQ1が行われ25号車86 MCがトップタイムを奪い、96号車RC F、7号車ポルシェが2〜3番手に。
 続いて行われたGT500のQ1では、1分44秒806という驚異的なタイムを叩き出した#8 ARTA NSX-GTが暫定ポールを手にすると、2番手に#64 Epson Modulo NSX-GT、3番手に#100 RAYBRIG NSX-GT、4番手に#16 MOTUL MUGEN NSX-GTが入るなど、NSX勢が上位を独占する。

 午後3時30分にスタートしたGT300のQ2では、1分55秒531というレコードタイムで96号車RC Fが初ポールを獲得。25号車86 MCが2番手、3番手に0号車メルセデスが続くことになったが、この後行われたGT500のQ2でも好タイムが続出。Q1で既に1分44秒代に突入していた#8 ARTA NSX-GTが、野尻智紀のアタックで1分44秒319を叩き出して今季初ポールを奪取、僅差で#100 RAYBRIG NSX-GT、#17 KEIHIN NSX-GTも続き、トップ3をNSX勢が占める結果となった。

 20日の日曜はやや強風と冷え込み共に和らぎ、まずまずの天候の中での決勝となったが、今度はお昼頃に鈴鹿サーキットの計時システムがダウンしてしまい、スタート進行が40分間ディレイ。予想外のアクシデントにより、決勝は午後3時20分の開始となった。

 GT500では、スタートから#8 ARTA NSX-GTが逃げるも、#100 RAYBRIG NSX-GTがこれを追走。1号車LC500が3番手に浮上も、#100 RAYBRIG NSX-GTが1号車LC500を押さえる間に、トップのNo.8 ARTA NSX-GTがマージンを稼ぐ展開に。
 ところが14周目に39号車LC500がデグナー立ち上がりでスピンしストップ。これでセーフティーカーが入り、#8 ARTA NSX-GTのマージンは失われるものの、リスタートから再び#8 ARTA NSX-GTは逃げを打つ。

 レース半ばにドライバー交代を終えた#8 ARTA NSX-GTの背後には、一足先にピットを終えていた#100 RAYBRIG NSX-GTが迫るが、両者は順位を入れ替えることなくそのままチェッカー。逃げ切った#8 ARTA NSX-GTが見事ポール・トゥ・ウインを達成、2位に#100 RAYBRIG NSX-GTが入った。以下、4位に#12 カルソニック IMPUL GT-R、6番手に予選最後尾から追い上げた#23 MOTUL AUTECH GT-Rが続いている。

 一方、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rは、タイヤの消耗に苦しんだ他、レース半ばにヘアピンで他車の追突を受けるなどアクシデントがあったものの、粘り強く戦い9位入賞を飾っている。

 GT300では、ポールシッターの96号車RC Fが序盤をリード、6〜7秒のマージンを稼ぐも、こちらもセーフティーカーによってそのギャップを失う苦しい展開に。
 リスタート後に再びマージンを築くも、後半にはタイヤ無交換作戦を採った0号車メルセデスや61号車BRZ、25号車86 MCなどが上位で鍔迫り合いを演じるなど大接戦となる中、4輪を交換して追い上げた96号車RC Fが終盤に再びトップを奪い返してこちらもポール・トゥ・ウインを飾ることに。2位には25号車86 MCが続き、3位には61号車BRZが入り激戦の幕を閉じることとなった。

 次の第4戦は海外戦となるタイでの「Chang SUPER GT RACE」。今年も酷暑なことで知られるチャン・インターナショナル・サーキットを舞台に、6月30日〜7月1日に開催される。

Po. Driver Machine Time Support
1 野尻 智紀 / 伊沢 拓也 ARTA NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E 1:46'39.770 NGK
2 山本 尚貴 / ジェンソン・バトン RAYBRIG NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +2.793s NGK
3 平川 亮 / ニック・キャシディ KeePer TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +11.387s  
4 佐々木 大樹 / ヤン・マーデンボロー Calsonic IMPUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +38.088s NGK
5 中嶋 一貴 / 関口 雄飛 au TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +38.704s  
6 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +40.753s NGK
7 本山 哲 / 千代 勝正 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +1'04.810s NGK
8 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +1'05.387s  
9 J.P.デ・オリベイラ / 高星 明誠 Forum Engineering ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +1'05.558s NGK
10 ベルトラン・バゲット / 松浦 孝亮 Epson Modulo NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +1'06.095s NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る