エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2018-08-05

第5戦「FUJI GT 500mile Race」
富士スピードウェイで開催

表彰台

 再び国内に舞台を戻し、シリーズ後半戦に突入した2018年のSUPER GTシリーズ。その第5戦「FUJI GT 500mile Race」が、8月4〜5日に富士スピードウェイで開催された。

 装いも新たにシリーズ最長の500マイル(800km)レースとなった今回の富士大会。迷走台風の上陸や酷暑など、不安定で厳しい天候が続く中で迎えたレースウィークは、予想通りの暑さに見舞われた。
 土曜の公式予選では、まずはGT300のQ1が午後2時35分にスタート。公式練習でのアクシデントに巻き込まれた34号車NSXは、残念ながら現場での修復が叶わずリタイアとなる中、ここでは2号車ロータス MCが1分38秒030で暫定PPを奪い、25号車86 MCが2番手、3番手に10号車GT-Rが続いた。
 午後2時55分から行われたGT500のQ1では、GT-R勢が速さを見せて#23 MOTUL AUTECH GT-Rが1分29秒006でトップタイム。#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは1分29秒076で2番手につけ、36号車LC500が3番手に。なお、公式練習でブレーキトラブルから大クラッシュを喫した38号車LC500が、マシン修復が間に合わず予選参加を見送ることとなった他、#17 KEIHIN NSX-GTがエンジンが始動できないトラブルに見舞われ走行できず、ともにQ1落ちとなっている。

 GT300のQ2は、午後3時20分にスタート。ここでは25号車86MCが1分37秒312でPPをゲット、55号車BMWが僅差の2番手、3番手には10号車GT-Rとなった。
 引き続き午後3時38分にスタートしたGT500のQ2でもGT-R勢の優位は続き、#23 MOTUL AUTECH GT-Rが1分28秒461を叩き出してPPを獲得した他、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rも1分28秒461と好タイムを刻んで2番手と、GT-R勢がフロントロウを獲得。36号車LC500が3番手につけ、NSX勢の最上位は#8 ARTA NSX-GTの8番手となった。

 翌日の決勝はいつものようにパトカーと白バイによるパレードラップに続き、午後1時30分にスタート、フィニッシュは夕刻が予想される500マイルの長丁場の戦いだ。
 レース序盤は予想通り予選から好調のGT-R勢がレースをリード。23、24、そしてポジションを上げてきた12号車、3台のGT-Rが1〜3番手を占め、レースの3分の1ほどを消化する。
 しかし、中盤にかけてはピット作業で遅れていた36号車LC500が徐々にペースアップ。24号車、23号車をかわすと、トップに立っていた#12 カルソニック IMPUL GT-Rに迫る。しかし、36号車LC500は再びピット作業で遅れ、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが優位にレースを進めることに。
 36号車LC500、1号車LC500が2〜3番手に浮上するも、20秒以上のマージンを稼いでいた#12 カルソニック IMPUL GT-Rは、最後のピットイン後もトップを死守。このまま今季初優勝かと思われたが、なんと残り30周を切った148周目に吸気系のトラブルが発生。スローダウン走行の後、ピットで修復を受けコースに戻った#12 カルソニック IMPUL GT-Rだったが、大きく順位が後退してしまい、優勝は36号車LC500の手に。1号車LC500が2位となり、3位には予選トラブルから見事な追い上げを見せた#17 KEIHIN NSX-GTが入った。

 なお、高星明誠のアタックで予選2番手と、フロントロウを獲得した#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rは、序盤#23 MOTUL AUTECH GT-Rを追走し、力強いレースを展開も、レース中盤以降ペースに苦しむことに。結局GT-R勢最上位となる6位を得たものの、惜しくも表彰台には届かなかった。

 一方GT300ではスタート直後こそ25号車86MCがトップを死守も、8周目に55号車BMWが逆転。3番手は31号車PRIUSや0号車メルセデスが争うこととなったが、富士を得意とする55号車BMWは、盤石のレースを展開。大きなマージンに守られた55号車BMWがそのまま優勝し、これで今季富士で2勝目、昨年から通算では富士3連勝と新記録の勝利となった。2位に0号車メルセデスが続き、3位は31号車PURIUS。25号車86MCは、65号車メルセデスにかわされ、5位フィニッシュとなっている。

 シリーズ第6戦となる「SUGO GT 300km RACE」は、9月15〜16日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される。

 毎日のようにスコールが襲う不安定な天候の週末となる中、GT500ではレクサス勢が決勝で上位を独占も、#16 MOTUL MUGEN NSX-GTがPPから5位に入賞、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが6位と気を吐いた。

 6月30日の公式練習は気温30℃を超える暑さの中、ドライコンディションでの走行となったが、午後のピットウォーク終了のあたりから雨が降り始め、完全なウェットコンディションに。雨は上がったものの、路面状況の回復を待って15分遅れの午後3時15分からGT300のQ1がスタート。
 レインタイヤでのアタックとなった結果、ここでは32号車ベントレーが暫定PPを奪い、21号車アウディ、65号車メルセデスが2〜3番手に入ったが、この後GT500のQ1は午後3時35分から行われ、ここではレインタイヤとスリックタイヤの入り混じる走行となった。この結果、#12 カルソニック IMPUL GT-Rが1分27秒015でトップタイム。これに#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R、#17 KEIHIN NSX-GTが続いた。

 午後4時から始まったGT300のQ2からは、各車スリックでのアタックとなったが、65号車メルセデスが今季2回目のPPを獲得。21号車アウディ、55号車BMWが2〜3番手となった。
 続いて行われたGT500のQ2では、NSX勢によるPP争いが展開された結果、#16 MOTUL MUGEN NSX-GTがレコードタイムとなる1分23秒341を叩き出して今季初PPを獲得。2番手には#17 KEIHIN NSX-GT、3番手には39号車LC500となった。

 7月1日、心配された雨はなく、気温32℃、路面温度は50℃近くまで上昇してのドライコンディションでの戦いとなった。
 午後3時ちょうどにスタートした66周の決勝では、PPの#16 MOTUL MUGEN NSX-GTがトップをキープも、追撃する39号車LC500が19周目に首位を奪うと、徐々に#16 MOTUL MUGEN NSX-GTは苦しい展開となり、6号車LC500が2番手に浮上。レース中盤からは19号車、36号車も首位争いに加わることとなり、レクサス勢による優勝争いという様相に変わっていった。
 この攻防はファイナルラップまで続いたが、2番手の36号車LC500がガス欠でストップというドラマティックな展開で39号車LC500に軍配が上がることに。結局6号車、19号車が表彰台に上がり、レクサス勢がトップ4を独占。PPから優勝を狙った#16 MOTUL MUGEN NSX-GTは、ポジションを下げたものの好レースを戦って5位、GT-R勢の最上位は#12 カルソニック IMPUL GT-Rの6位。

 予選2位から決勝をスタートした#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rは、序盤は好位置をキープする形での戦いとなったが、23周目に#12 カルソニック IMPUL GT-Rとの5番手争いの中、サイド・by・サイドの状況でホームストレートで接触。1コーナーでスピン、グラベルへコースオフした#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rは、惜しくもここでリタイアとなっている。

 なお、GT300クラスではPPを獲得していた65号車メルセデスに代わり、スタート直後に同じくフロントロウを獲得していた21号車アウディがトップに躍り出るとともに、55号車BMWも3番手に。しかし、21号車アウディはGT500車両との接触からダメージを負ってピットイン、一度はコース復帰もその後リタイアとなってしまう。
 この後55号車BMWがリードするも、各チームがピット作業を行い始めるが、ここで早めにピットを終えていた11号車GT-Rが躍進。55号車BMWは29周目にピットを終えてコース復帰も11号車GTーRの後塵を配することに。
 結局そのまま11号車GT-Rが今季初優勝。2位には終盤に順位を上げた31号車PRIUSが入り、3位には60号車RC Fとなった。

 

Po. Driver Machine Time Support
1 中嶋 一貴 / 関口 雄飛 au TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG 4:40'08.601  
2 平川 亮 / ニック・キャシディ KeePer TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +1.564s  
3 塚越 広大 / 小暮 卓史 KEIHIN NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +21.184s NGK
4 野尻 智紀 / 伊沢 拓也 ARTA NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +26.906s NGK
5 山本 尚貴 / ジェンソン・バトン RAYBRIG NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +32.197s NGK
6 J.P.デ・オリベイラ / 高星 明誠 Forum Engineering ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +52.449s NGK
7 大嶋 和也 / F.ローゼンクヴィスト WAKO'S 4CR LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +56.084s  
8 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +1'22.587s  
9 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +1'23.911s NGK
10 国本 雄資 / 山下 健太 WedsSport ADVAN LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG 1 Lap  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る