エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2019-09-08

#17 KEIHIN NSX-GTが、優勝こそ逃したものの2位表彰台を手中にした。

表彰台

 富士での500マイルという長丁場の戦いから約1カ月。2019 SUPER GTシリーズは9月7〜8日、第6大会となるオートポリスでの「AUTOPOLIS GT 300km RACE」を迎え、決勝は天候に翻弄される展開となった中で、ポールポジションからスタートの#17 KEIHIN NSX-GTが、優勝こそ逃したものの2位表彰台を手中にした。

 九州地区で唯一のシリーズ開催となる今大会の舞台は、阿蘇の外輪地区にあるオートポリス。折しも接近中の台風13号、さらには15号の影響を受け、不安定な天候の中でのレースウィークとなったが、土曜の公式練習、公式予選は無事ドライコンディションでの走行となった。
 午前8時50分から行われた公式練習では、GT500では#17 KEIHIN NSX-GTがトップタイムをマーク、#8 ARTA NSX-GTが2番手に続いた。一方GT300では2号車 ロータスMCがトップタイムを奪った。
 迎えた公式予選は、午後2時30分、GT300からスタートとなったが、GT300のQ1では引き続き2号車 ロータスMCが首位を手にし、360号車GT-R GT3が2番手。3番手には3号車NSX GT3が続く。
 続いて午後2時50分から行われたGT500のQ1では、公式練習同様に#17 KEIHIN NSX-GTが1分34秒415で暫定PPを獲得し、38号車、36号車、37号車、39号車と2〜5番手にLC500勢が並び、#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが6番手に。
 午後3時15分にスタートしたGT300のQ2では、好調の2号車 ロータスMCに代わって同じMCの25号車 86 MC、52号車マークX MCが僅差で1-2を獲得。1分44秒423をマークした25号車は、これで3年連続でのオートポリスでのPPとなった。
 そして午後3時33分、オンタイムで始まったGT500のQ2では、ここまでトップを譲らなかった#17 KEIHIN NSX-GTが、1分33秒262を叩き出してポールポジションを獲得、土曜のオートポリスを席巻することに。2番手にも#8 ARTA NSX-GTが続き、NSX勢がフロントロウに並ぶことに。3番手にはトップ2同様33秒台をマークした#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが続いた。

 土曜の公式予選終了後、スコールのような雨が降り始めるものの、その影響を受けずに済んだSUPER GTだが、一夜明けた日曜の決勝は、トリッキーな雨に翻弄されることとなってしまう。
 雲は多いながらも降雨はなく、午後2時30分のスタート時点ではドライコンデイションのままで、無事に大分県警による白バイとパトカーによるパレードラップ、続いてフォーメーションラップが行われた後、予定通りに65周の決勝レースがスタート。
 GT500では、ポールポジションの#17 KEIHIN NSX-GTが予想通り好スタートを決めた一方、NSX勢の中ではオープニングラップの攻防で不運なアクシデントが。#16 MOTUL MUGEN NSX-GTとの接触で#1 RAYBRIG NSX-GTがバリアにクラッシュ、まさかの0周リタイアとなってしまう。
 これでセーフティーカーが導入されるが、リスタートからスパートした#17 KEIHIN NSX-GTを追って、#8 ARTA NSX-GTを攻略した#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rが2番手に浮上。序盤はこの2台がレースを牽引し、36号車、39号車らレクサス勢が追走する展開となったが、20周を少し過ぎたあたりから、1コーナー付近に雨が落ち始める。
 コース上でところにより降ったり止んだり、という難しいコンディションとなる中、30周付近でルーティンピットが始まり、37号車、36号車はスリックタイヤを再び履いてコースへ。しかし、雨は強まり2度目のセーフティーカーが入ることとなり、このタイミングで多くの車両がピットインするが、41周目の再開後、ペースを上げトップを奪ったのはレインタイヤを履いた39号車LC500。さらに38号車、19号車のレクサス勢が上位を占める展開に。
 しかし、GT300のコースアウトにより再び43周目に三度セーフティーカーが入り、50周目にリスタート。残り15周の攻防となったが、スリックを履きペースの上がらないライバル勢を尻目に、トップの39号車が逃げ、そのまま逃げ切って今季初優勝。42周目にレインタイヤに履き替えて怒涛の追い上げを見せた#17 KEIHIN NSX-GTは、一歩届かず2位となり、スリックタイヤで終盤ペースを一気に上げた37号車LC500が最終ラップに一気にポジションを上げ、3位に入った。

 一方GT300でも難しいレース展開となり、スタート直後はポールシッターの25号車 86 MCが52号車マークX MC、61号車スバルBRZらに対してリードを築くも、1回目のセーフティーカー中にトラブルに見舞われた61号車が後退し、4号車メルセデス GT3が3番手に浮上することに。
 さらに12周目には52号車マークX MCがトップに立つも、17周目には4号車メルセデス GT3、7号車アストンマーチン GT3がこれを捕らえて1-2に浮上、さらに55号車NSX GT3が3番手に上がってくる。
 雨が降り始めると、22号車メルセデス GT3のクラッシュや9号車ポルシェ GT3のコースオフなども続き、上位争いは混迷を深めることとなり、セーフティーカーが立て続けに入る。レース中盤以降、速さを見せたのはレインタイヤに履き替えた55号車NSX GT3、88号車ランボルギーニ GT3、720号車マクラーレン GT3だったが、終盤になるとスリックで我慢していたマシンが逆転。
 残り4周までトップに立っていたのはレインタイヤ勢の720号車マクラーレン GT3だったが、これをスリックタイヤの60号車RC-F GT3がオーバーテイクし、そのまま今季初優勝。2位に720号車マクラーレン GT3、3位には88号車ランボルギーニ GT3が続く結果となった。

 次大会は2週間後の9月21〜22日、みちのくは宮城県のスポーツランドSUGOで「SUGO GT 300km RACE」が開催される予定となっている。

Po. Driver Machine Time Support
1 ヘイキ・コバライネン / 中山 雄一 DENSO KOBELCO SARD LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG 2:19'15.779  
2 塚越 広大 / ベルトラン・バゲット KEIHIN NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +3.774s NGK
3 平川 亮 / ニック・キャシディ KeePer TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +24.137s  
4 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +27.931s  
5 野尻 智紀 / 伊沢 拓也 ARTA NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +32.440s NGK
6 大嶋 和也 / 山下 健太 WAKO'S 4CR LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +32.676s  
7 ナレイン・カーティケヤン / 牧野 任祐 Modulo Epson NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +34.575s NGK
8 国本 雄資 / 坪井 翔 WedsSport ADVAN LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +1'04.754s  
9 高星 明誠 / ヤン・マーデンボロー Realize corporation ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +1'09.629s NGK
10 中嶋 一貴 / 関口 雄飛 au TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +1'47.470s  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る