エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2018-09-16

#100 RAYBRIG NSX-GTがスリリングなNSX同士のバトルに競り勝ち、今季初優勝

表彰台

 みちのくの山岳コースとして知られるスポーツランドSUGO。3.7kmのこのチャレンジングなサーキットを舞台に、9月15〜16日「SUGO GT 300km RACE」が開催され、#100 RAYBRIG NSX-GTがスリリングなNSX同士のバトルに競り勝ち、今季初優勝を飾った。

 下り坂の天気予報が出された週末。その予報通り、土曜の公式練習では雨が降るなど不安定なコンディションでの走行となったが、午後の公式予選ではなんとかライン上はドライコンディションでのアタックとなった。
 短いコースということもあり、今回GT300クラスではABの2組に別れてのQ1アタックを行なったが、午後2時にスタートしたA組では61号車スバルBRZがトップタイムをマーク。9号車ポルシェ、65号車メルセデスが2〜3番手に。
 5分後に始まったB組では、クラッシュが発生し赤旗中断となったものの、再開後に21号車アウディR8がトップに。これに31号車PRIUS GT、10号車GT-Rが続いた。

 続いて計測10分間でのGT500のQ1が行われたが、ここでも終盤にクラッシュが発生し赤旗中断となる中、#17 KEIHIN NSX-GTがトップタイムを獲得。2番手に#12 カルソニック IMPUL GT-Rが入り、#100 RAYBRIG NSX-GTが3番手に。

 午後3時26分にスタートしたGT300のQ2では、完全に路面がドライに転じる中、61号車スバルBRZがただ1台18秒を切る1分17秒685を叩き出し、なんと4年ぶりのポールシッターに。25号車86 MCが2番手、9号車ポルシェが3番手という結果に。

 一方GT500のQ2は午後3時44分から、再び10分間のアタックが展開されたが、レコードタイムの応酬となった中で、#100 RAYBRIG NSX-GTが1分10秒248でポールシッターに。#12 カルソニック IMPUL GT-Rが2番手に続き、以降#8 ARTA NSX-GT、#17 KEIHIN NSX-GT、#16 MOTUL MUGEN NSX-GTと、5番手までNSXが並ぶ結果となった。

 翌日曜の菅生も雨の予報があったものの、決勝はそれに反して晴れ間が広がり、予想以上に路面温度が高まる中、午後2時05分に81周の決勝レースがスタートした。
 GT500では、ポールポジションからスタートした#100 RAYBRIG NSX-GTが、序盤からレースをリード。一時は6〜7秒差を築いた#100 RAYBRIG NSX-GTだったが、路温が上がりタイヤとのマッチングに手こずりペースが上げられなくなると、23周目についに#12 カルソニック IMPUL GT-Rに逆転されトップの座を譲ることに。
 34周目、2番手の#100 RAYBRIG NSX-GTがピットインし、トップの#12 カルソニック IMPUL GT-Rは38周目にピットイン。#12 カルソニック IMPUL GT-Rは#100 RAYBRIG NSX-GTの前でコース復帰を果たすが、タイヤの温まっていた#100 RAYBRIG NSX-GTに逆転を許し両者の順位が入れ替わる。
 すると、45周目の最終コーナーで#12 カルソニック IMPUL GT-Rがコースオフ。復帰を果たすも、直後はペースが上がらず#8 ARTA NSX-GTの後塵を拝する。
 ところが、57周目にトップの#100 RAYBRIG NSX-GTも最終コーナーでコースアウト。さらに67周目にコースアウトした車両があり、セーフティーカーが導入されると、#100 RAYBRIG NSX-GTと#8 ARTA NSX-GTはギャップが失われてしまう。
 レースは残り6周、75周目にリスタートとなったが、この終盤にもコースアウトする車両が相次ぐ中、#100 RAYBRIG NSX-GTは辛くも#8 ARTA NSX-GTの追撃をしのいで今季初優勝。僅差で続いた#8 ARTA NSX-GTが2位、3位には#12 カルソニック IMPUL GT-Rが入った。

 なお、Q1、Q2ともに8番手とした#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rは、レース半ばに6番手までポジションを上げると、ポジションをキープしつつ前を行く#16 MOTUL MUGEN NSX-GTと接近戦を演じることとなり、終盤のリスタートで肉薄もオーバーテイクは叶わず、そのまま6位でのチェッカーとなっている。

 一方GT300ではポールポジションの61号車スバルBRZがスタートから盤石のレースを展開。背後で9号車ポルシェ、25号車86 MC、10号車GT-R、さらには21号車アウディR8が接戦を展開する中、61号車スバルBRZはギャップを15秒にまで拡大するが、終盤のセーフティーカーによりこれを失うものの、リスタート後もトップを譲ることなく逃げ切り、見事なポール・トゥ・ウインを飾ることとなった。2位には10号車GT-R、3位には0号車メルセデスが入った。

 なおシリーズ第7戦となる「AUTOPOLIS GT 300km RACE」は、10月20〜21日に大分県のオートポリスにて開催される予定だ。

Po. Driver Machine Time Support
1 山本 尚貴 / ジェンソン・バトン RAYBRIG NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E 1:52'08.765 NGK
2 野尻 智紀 / 伊沢 拓也 ARTA NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +0.562s NGK
3 佐々木 大樹 / ヤン・マーデンボロー Calsonic IMPUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +1.350s NGK
4 武藤 英紀 / 中嶋 大祐 MOTUL MUGEN NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +1.693s NGK
5 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +3.304s  
6 J.P.デ・オリベイラ / 高星 明誠 Forum Engineering ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +5.188s NGK
7 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +5.579s NGK
8 本山 哲 / 千代 勝正 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +6.772s NGK
9 塚越 広大 / 小暮 卓史 KEIHIN NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +10.304s NGK
10 ヘイキ・コバライネン / 小林 可夢偉 DENSO KOBELCO SARD LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +11.674s  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る