エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2018-11-11

#8 ARTA NSX-GTがポール・トゥ・ウイン
また、#100 RAYBRIG NSX-GTがGT500のシリーズチャンピオンを獲得した

表彰台

 11月10〜11日、栃木県のツインリンクもてぎにて今季最終戦となるシリーズ第8戦「MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」が行われ、#8 ARTA NSX-GTが見事なレース運びでポール・トゥ・ウイン。また、#100 RAYBRIG NSX-GTが3位に入り、GT500のシリーズチャンピオンを獲得した。

 例年よりは、やや暖かな週末となったツインリンクもてぎ。10日(土)には公式予選が行われ、午後2時にGT300のQ1からスタートとなった。
 ここではまず11号車GT-Rが1分46秒553で暫定PPを奪い、55号車BMW、0号車メルセデスなどタイトル争いを展開する車両が上位を占める。
 続いて午後2時20分から始まったGT500のQ1では、同ポイントのポイントリーダーで最終戦に臨む#100 RAYBRIG NSX-GTが1分36秒344で暫定トップに。#64 Epson Modulo NSX-GT、#8 ARTA NSX-GTとNSX勢がトップ3を独占する。

 午後2時45分にはGT300のQ2が始まったが、ここでは88号車ランボルギーニが1分45秒911のレコードタイムでポールシッターに。65号車、0号車のメルセデス勢が2〜3番手、61号車BRZが4番手となった。
 続いて行われたGT500のQ2では、#8 ARTA NSX-GTが1分35秒550のレコードでポールポジションをゲット。#100 RAYBRIG NSX-GT、#64 Epson Modulo NSX-GTが2〜3番手に続き、ここでもNSX勢が1-2-3を独占。4番手に38号車LC500が入り、100号車と同ポイントで連覇を狙う1号車LC500は6番手という結果となった。

 一夜明け、11月12日(日)も変わらぬ暖かさとなった秋晴れのもてぎ。いよいよ今季最終戦は、F2戦闘機2機の展示飛行や栃木県警によるパレードラップの後、午後1時37分に53周の決勝レースがスタートを迎えた。

 上位グリッドを固めたNSX勢が手堅いスタートを切る一方、5番手につけていた#17 KEIHIN NSX-GTがボンネットが浮き上がってしまい、急遽ピットインしたことから38号車に続き、1号車が5番手に浮上。それでもトップ2台のNSXが3番手以下を引き離していく。
 しかしトップの#8 ARTA NSX-GTはいち早く19周目にピット作業。さらに後続もピットインをし始めるが、#100 RAYBRIG NSX-GTと1号車LC500は互いに前半スティントを引っ張る戦略を採る。

 この2台は、29周目に同時にピットイン。#100 RAYBRIG NSX-GTは3番手、1号車LC500は8番手あたりでコース復帰を果たすが、ここから1号車が猛追。37周目に4番手にまでポジションを上げた1号車は、瞬く間に#100 RAYBRIG NSX-GTとのギャップを1秒台に詰めると、残り10周で行き詰まるタイトル争いが展開されることに。
 しかし、#100 RAYBRIG NSX-GTは3番手を死守することに。優勝した#8 ARTA NSX-GT、2位に入った38号車LC500に続いて3位でチェッカー。4位でフィニッシュした1号車LC500との直接対決に勝ち、チーム国光として初のチームチャンピオン、ドライバーチャンピオンのダブルタイトル獲得となった。

 

 なお、今大会苦しい戦いを強いられたGT-R勢にあって、#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-Rは、予選で高星明誠がアタック、1分37秒185をマークも11番手とQ2進出はならず。決勝での巻き返しに期待がかかったが、抜きどころの少ないコースということもあってなかなかポイント圏内に進出することは叶わず、我慢のレースを戦う。それでも、#23 MOTUL AUTECH GT-R、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rなどに続き、10位でのチェッカーを受け1ポイントを獲得。結局今季をドライバーランキング14位、チームランキング12位で終えることとなっている。

 一方GT300では、序盤からポールスタートの88号車ランボルギーニが後続を大きく引き離し独走態勢に。その背後では、0号車メルセデスが2番手に浮上し、61号車BRZ、11号車GT-R、65号車メルセデス、さらには31号車PRIUSらが上位争いを展開。
 タイトル争いも絡み、息詰まる接戦が続いたが、独走していた88号車ランボルギーニが19周目に左リヤのタイヤバーストに見舞われてピットイン。タイヤを交換しコースへ戻ったものの、再びタイヤがバーストしてしまい、優勝戦線から離脱を強いられる。
 この結果、タイヤ無交換作戦などでピットを短縮した65号車メルセデスがトップに立ち、0号車メルセデス、31号車PRIUSらが追い上げるも、65号車メルセデスが逃げ切って優勝。2位に31号車PRIUS、3位に0号車メルセデスが入ったが、ランキング首位だった55号車BMWが9位となったため、逆転で65号車メルセデスがチャンピオンを獲得している。

Po. Driver Machine Time Support
1 野尻 智紀 / 伊沢 拓也 ARTA NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E 1:31'09.252 NGK
2 立川 祐路 / 石浦 宏明 ZENT CERUMO LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +1.806s  
3 山本 尚貴 / ジェンソン・バトン RAYBRIG NSX-GT / Honda NSX-GT / HR-417E +8.096s NGK
4 平川 亮 / ニック・キャシディ KeePer TOM'S LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +9.672s  
5 国本 雄資 / 山下 健太 WedsSport ADVAN LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +23.171s  
6 大嶋 和也 / F.ローゼンクヴィスト WAKO'S 4CR LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +35.697s  
7 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ MOTUL AUTECH GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +36.167s NGK
8 ヘイキ・コバライネン / 小林 可夢偉 DENSO KOBELCO SARD LC500 / LEXUS LC500 / RI4AG +40.731s  
9 本山 哲 / 千代 勝正 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +40.803s NGK
10 J.P.デ・オリベイラ / 高星 明誠 Forum Engineering ADVAN GT-R / NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A +44.458s NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る