• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2020-09-27
第9戦 カタルーニャGP

カタルーニャ サーキット

路面ドライ、 気温17度、 湿度38%、 路面温度20度

クアルタラロ、3勝目
チャンピオン争いトップに返り咲き

 イタリア・ミサノからの3連戦最後の戦いとなった第9戦カタルーニャGPは、予選2番手からトップグループに加わったF・クアルタラロ(ヤマハ)が、今季3勝目を挙げ、大混戦のチャンピオン争いで再び首位に浮上した。序盤は初PPを獲得したチームメートのF・モルビデリ(ヤマハ)、今季初フロントロー3番手のV・ロッシ(ヤマハ)に続く3番手だったが6周目にロッシを交わし2番手へ。9周目にモルビデリを抜いて首位に立つと、24周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

 新型コロナウイルスの感染拡大でMotoGPクラスは7月のスペイン・ヘレスが開幕となったが、ヘレスの2連戦では2連勝を達成したが、それからなかなか勝てないレースが続いた。「苦しいレースが続いていたし、ヘレスの2回の優勝よりもうれしい。それにしても終盤のスズキの二人の速さには驚いた。我々の課題はそこにあるが、こうして再び表彰台の頂点に立てたことはすごく重要。今年は開催地が少ないのに、次はル・マンでレースが出来ることがうれしい」と、最高のモチベーションでホームGPを迎えることになった。

 ホームGPで初優勝を目指したJ・ミル(スズキ)が猛烈な追い上げを見せて2位でフィニッシュした。予選8番手からトップを快走するヤマハ勢3人。それに続くJ・ミラー(ドゥカティ)を追撃した。中盤、ロッシの転倒、そしてミラーを抜いて3番手へ。さらにラスト2周となった終盤の23周目にモルビデリを交わし、最終ラップはクアルタラロの背後に迫った。「3列目からのスタートだったので序盤はすごく集中した。とにかく事故にまきこまれないようにチャンスを待った。今日は序盤のペースが良かったし、あと数周あれば優勝も可能だった」と、初優勝は次戦以降に持ち越したが、3戦連続4回目の表彰台を喜んだ。

 終盤、ミルに続いて猛烈に追い上げたチームメートのA・リンス(スズキ)が3位。5列目13番手という厳しいグリッドから素晴らしい追い上げを見せた。ラスト2周となった23周目には、ミルに続いてモルビデリをパス。スズキにとっては、2007年のサンマリノGP以来のダブル表彰台獲得となった。 「ヘレスで右肩を怪我してから辛い時期が続いていたが、やっと表彰台に立てるレースができた。ホームGPだったし、本当にうれしい」。今季初の表彰台獲得。復調を果たした。

 初PPを獲得、前半トップを快走したが中盤以降苦しい走りとなったモルビデリは、「4位に終わって残念。序盤、ファビオとのバトルでタイヤを使いすぎた。そしてミスをして遅れた」と悔しそうだった。

 5位にミラー。6位にF・バニャイア(ドゥカティ)。11番手グリッドから後半追い上げた中上貴晶(ホンダ)が7位でフィニッシュした。バニャイア、そして、D・ペトルッチ(ドゥカティ)とのし烈な戦いで、最後はペトルッチに先行した。「ドゥカティ勢ふたりの戦いは厳しかったが、終盤のペースは表彰台も優勝も狙えるものだった。グリッドが良ければもっといいレースができたと思う」とイタリアから続く3連戦、予選のミスが悔やまれる結果だった。

 初日のフリー走行で大苦戦も予選でなんとか9番手に上がったペトルッチが「今日はタイヤをうまくセーブできた」と8位、予選5位から序盤にペースがあがらなかった前戦ウイナーのM・ビニャーレス(ヤマハ)が9位。右腕の手術の影響で3戦ぶりに決勝出場のC・クラッチロー(ホンダ)が10位だった。

 総合首位のA・ドヴィビツィオーゾ(ドゥカティ)がスタート直後の事故に巻き込まれてリタイヤ、ノーポイント。その結果、クアルタラロ、ミル、ビニャーレス、ドヴィツィオーゾという総合順位となったが、まだまだ混戦状態のチャンピオン争いは変わらない。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 20 ファビオ・クアルタラロ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 40'33.176 NGK
2 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +0.928 NGK
3 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +1.898 NGK
4 21 フランコ・モルビデリ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 +2.846 NGK
5 43 ジャック・ミラー Pramac Racing Ducati Desmosedici GP20 +3.391  
6 63 フランチェスコ・バニャイヤ Alma Pramac Racing Ducati Desmosedici GP20 +3.518  
7 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +3.671 NGK
8 9 ダニロ・ペトルッチ Ducati Team Ducati Desmosedici GP20 +6.117 NGK
9 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +13.607 NGK
10 35 カル・クラッチロー LCR Honda CASTROL Honda RC213V +14.483 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る