• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2020-11-08
第13戦 ヨーロッパGP

サーキット・リカルド・トルモ

路面:ドライ気温:22度湿度:50%路面温度:25度

ミル、初優勝
初タイトルに王手

 今シーズンを締めくくる3連戦。その初戦となった第13戦ヨーロッパGPがサーキット・リカルド・トルモで行われ、5番手グリッドから決勝に挑んだJ・ミル(スズキ)が今季初優勝を達成、シーズン7回目の表彰台獲得で初タイトルに王手を掛けた。 ミルは、オープニングラップ3番手から4周目に2番手に浮上。その後、首位を走るチームメートのA・リンス(スズキ)とのランデブー走行となり、17周目の右ヘアピン(11コーナー)でリンスを抜いて首位に浮上すると、27周のレースで真っ先にチェッカーを受けた。

 今季7回目。そして初優勝達成のミルは、「タイトル争いの中にいるし、100%で走るのは簡単なことではなかった。でも、初優勝のチャンスが見えたので全力を尽くした。MotoGPクラスの初優勝の喜びは言葉では言い表せない。本当にうれしい」と喜びを爆発させた。 総合首位で今大会を迎えたミル。このレースで2位以下に37点差をつけ、いよいよタイトルに王手。同じサーキットで開催される第14戦バレンシアGPでタイトル獲得に挑む。

 2戦連続のフロントロー2番手から好スタートを切り、16周目までトップを走ったリンスがミルと0.651秒差の2位でフィニッシュ。3戦連続4回目の表彰台に立った。チームメートを従えて快調にラップを刻んだリンスだったが、17周目の11コーナーでシフトミス。ワイドラインになったことでミルの先行を許した。「シフトミスでジョアンに抜かれたが、首位に立ったジョアンのペースは本当に速かった。優勝は出来なかったけれどスズキの1,2フィニッシュ。これでランク3位になれたしね。チームにとっては最高のレース」と1982年以来となるスズキの1,2フィニッシュ。3戦連続今季4回目のW表彰台にチームも大喜びだった。

 3位にP・エスパルガロ(KTM)。そのエスパルガロを終盤、猛列に追い上げた中上貴晶(ホンダ)が今季ベストタイの4位でフィニッシュした。中上は2戦連続今季3回目のフロントローとなる3番手からオープニングラップ4番手。その後、M・オリベイラ(KTM)に抜かれ5番手にダウンも、レース中盤、再び4位にポジションを上げてトップグループを猛追撃した。フィニッシュしたときには優勝したミルと2秒差、3位のP・エスパルガロとは1秒差だった。「表彰台まであと一歩だった。表彰台には立てなかったが、いいレースができた」と納得の表情。前戦テルエリGPでは初PPから転倒リタイヤだったが、まずはその雪辱を果たした。

 5位にオリベイラ。6位にJ・ミラー(ドゥカティ)、7位にB・ビンダー(KTM)と続き、終盤、A・マルケス(ホンダ)とし烈な戦いを繰り広げたA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が8位。マルケスは転倒リタイヤだった。9位にJ・ザルコ(ドゥカティ)、10位にD・ペトルッチ(ドゥカティ)。序盤セカンドグループにつけたF・モルビデリ(ヤマハ)が11位。S・ブラドル(ホンダ)12位、今大会エンジン6基目を搭載したM・ビニャーレス(ヤマハ)は、そのペナルティでピットスタートから13位。F・クアルタラロ(ヤマハ)は転倒再スタートで14位。完走14台という厳しいレースだった。

 シーズンは残り2戦。タイトルの可能性を残すのは6人。大きなリードを築いた王手のミルを37点差でクアルタラロとリンスが追い、ビニャーレス41点差、モルビデリとドヴィツィオーゾは45点差となっている。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR 41'37.297 NGK
2 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +0.651 NGK
3 44 ポル・エスパルガロ Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +1.203  
4 30 中上 貴晶 LCR Honda IDEMITSU Honda RC213V +2.194 NGK
5 88 ミゲル・オリベイラ Red Bull KTM Tech 3 KTM RC16 +8.046  
6 43 ジャック・ミラー Pramac Racing Ducati Desmosedici GP20 +8.755  
7 33 ブラッド・ビンダー Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +10.137  
8 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP20 +10.801 NGK
9 5 ヨハン・ザルコ Esponsorama Racing Ducati Desmosedici GP19 +11.550  
10 9 ダニロ・ペトルッチ Ducati Team Ducati Desmosedici GP20 +16.803 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る