• モータースポーツ
  • イベント
  • キャンペーン
  • 動画・マンガ
  • スケジュール

エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > MotoGP™

Moto GP

MotoGP™

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦
  • 第9戦
  • 第10戦
  • 第11戦
  • 第12戦
  • 第13戦
  • 第14戦
  • 第15戦
  • 第16戦
  • 第17戦
  • 第18戦
  • 第19戦

ポイントランキング

2020-11-15
第14戦 ヴァレンシアGP

サーキット・リカルド・トルモ

路面:ドライ気温:22度湿度:54%路面温度:27度

モルビデリ、今季3勝目
ミル、初タイトル

 サーキット・リカルド・トルモ(以下、バレンシア・サーキット)で2週連続開催となった第14戦バレンシアGPは、フリー走行、予選とライバルを圧倒したF・モルビデリ(ヤマハ)が、その走りを見事に再現、2戦ぶり今季3勝目を達成した。オープニングラップに首位に浮上したモルビデリは、1分31秒台のラップタイムを正確に刻んだ。最終ラップにはJ・ミラー(ドゥカティ)に一度抜かれるが、すかさず逆転し追撃を振り切った。  3日間を通じ、完璧な走りを見せたモルビデリは、「今季最高の勝利。そして、自分のキャリアの中で最高の優勝だったと思う。今日はすごく難しいレースだった。決勝は気温も路面温度も少し上がったのでフロントにハードを選択した。そのためちょっとライディングを変えなくてはいけなかった。最終ラップのジャックとのバトルは全力を出し切った。クリーンなファイトだった。最終戦もこういうレースにしたい。そして、今日はタイトルを獲得したジョアン(ミル)におめでとうと言いたい」とMoto2時代からのライバルを祝福。この優勝でモルビデリはランク2位に浮上した。

 2位には0.093秒差でミラー。3位にはP・エスパルガロ(KTM)で、バレンシア・サーキットで2週連続3位表彰台を獲得した。

 P・エスパルガロにはわずかに届かなかったが、A・リンス(スズキ)が4位でフィニッシュした。ヨーロッパGPの2位に続き、バレンシア・サーキットで2週連続表彰台獲得は果たせなかったが納得の表情。「今日のフランコのペースは素晴らしかった。ベストを尽くしたが4位がやっとだった。今日はジョアン(ミル)がタイトルを獲得した。彼の日々の努力が実った。そしてミルを支えてきたチームの働きには本当に頭が下がる。自分は最終戦でランク2位を目指す。あと一戦、いい結果で締めくくりたい」とチームメートのタイトル獲得を祝福した。  今大会を終えてスズキは、J・ミルがライダースタイトルを獲得。そして初のチームタイトルを獲得した。最終戦ポルトガルGPでは、ドゥカティとコンストラクターズタイトルを掛けて戦うことになる。

 5位にB・ビンダー、6位にM・オリベイラとKTMが続き、タイトル王手の緊張感の中で12番手グリッドから7位まで追い上げたミルが、MotoGPクラス2年目のシーズンでタイトルを獲得した。大きなプレッシャーと疲労の中でパルクフェルメで座り込んだミルは、「信じられない。いまは実感もなく何を言っていいのか分からない。子どものころからMotoGPでチャンピオンになることを夢見てきた。これまで自分を支えてくれた家族を始め、すべての人に感謝したい」とチャンピオンTシャツを着て、喜びを噛みしめていた。

 8位にはA・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)で「17番手グリッド、そして終盤ハンドルに問題があり苦戦したことを考えると上出来。ミルのチャンピオン獲得におめでとうといいたい」と新チャンピオンを祝福した。

 9位にA・エスパルガロ(アプリリア)。そして「スタートがうまく行かず厳しいレースになったが集中力を切らさず追い上げた」とM・ビニャーレス(ヤマハ)が10位でフィニッシュ。12位にチームメートのV・ロッシ(ヤマハ)。13位には序盤の遅れが影響したC・クラッチロー(ホンダ)で「フロントタイヤにフィーリングが良くなかった」とロッシとバトルを繰り広げた。

 3戦連続フロントロー3番手から決勝に挑んだ中上貴晶(ホンダ)と総合2位から最終戦決着に望みを託したF・クアルタラロ(ヤマハ)は転倒リタイヤだった。

Po. No. Rider Team Motorcycle Time Support
1 21 フランコ・モルビデリ Petronas Yamaha SRT Yamaha YZR-M1 41'22.478 NGK
2 43 ジャック・ミラー Pramac Racing Ducati Desmosedici GP20 +0.093  
3 44 ポル・エスパルガロ Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +3.006  
4 42 アレックス・リンス Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +3.697 NGK
5 33 ブラッド・ビンダー Red Bull KTM Factory Racing KTM RC16 +4.127  
6 88 ミゲル・オリベイラ Red Bull KTM Tech 3 KTM RC16 +7.272  
7 36 ジョアン・ミル Team SUZUKI ECSTAR Suzuki GSX-RR +8.703 NGK
8 4 アンドレア・ドヴィツィオーゾ Ducati Team Ducati Desmosedici GP20 +8.729 NGK
9 41 アレックス・エスパルガロ Aprilia Racing Team Gresini APRILIA RS-GP +15.512  
10 12 マーベリック・ビニャーレス Monster Energy Yamaha MotoGP Yamaha YZR-M1 +19.043 NGK

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る