エンタメSPARK!トップ > モータースポーツ > SUPER GT

SUPER GT

SUPER GT

  • 第1戦
  • 第2戦
  • 第3戦
  • 第4戦
  • 第5戦
  • 第6戦
  • 第7戦
  • 第8戦

ポイントランキング

2020-11-08

#8 ARTA NSX-GTが今季初優勝を飾るとともに、
ホンダ陣営がトップ5を独占するという史上初となる快挙を達成

表彰台

 11月7〜8日、ツインリンクもてぎにて「FUJIMAKI GROUP MOTEGI GT 300km RACE」が開催され、#8 ARTA NSX-GTが今季初優勝を飾るとともに、ホンダ陣営がトップ5を独占するという史上初となる快挙を達成した。

 例年ならば、この時期に最終戦の舞台となるツインリンクもてぎ。今年は新型肺炎の感染拡大を受けたカレンダー改定により、シリーズ全8戦中の第7大会目としての開催となった。
 朝晩はかなりの冷え込みを見せた週末となったが、両日ともに快晴に恵まれることに。また、最終戦を前に、ウエイトハンディも半減されたことで拮抗した戦いが予想された。
 公式予選は土曜の午後1時30分にスタート。まずGT300のQ1では、A組で61号車BRZ、48号車GT-R、96号車RC F GT3がトップ3に。ここではポイントリーダーの65号車メルセデスGT3が敗退するという波乱が。またB組では、11号車GT-R、30号車プリウス、18号車NSX GT3がトップ3となった。
 続くGT500のQ1では、#64 Modulo NSX-GTがトップタイムを獲得。19号車GRスープラ、#100 RAYBRIG NSX-GTがこれに続き、14号車、37号車のGRスープラ、#17 KEIHIN NSX-GTなど上位ランカーが脱落する。

 午後2時23分に始まったQ2では、まずGT300で61号車BRZが1分46秒200でポールポジションを獲得。244号車RC F GT3、11号車GT-Rが2〜3番手に。
 そしてGT500のQ2では、Q1を首位通過した#64 Modulo NSX-GTがポールポジションをゲット。これに#8 ARTA NSX-GT、#100 RAYBRIG NSX-GTが続き、NSX勢が上位グリッドを独占することとなった。

 一夜明けた日曜のもてぎも快晴。決勝前にはF2戦闘機2機によるデモフライトもあり、シリーズ争いの天王山とも言える63周の決勝は午後1時にフォーメーションがスタート。
 1周の後、切られたスタートではポールポジションの#64 Modulo NSX-GTが勢いよく飛び出し、数周で4秒程度のギャップを作る。
 しかし、徐々にペースを落とした#64 Modulo NSX-GTに対し、#8 ARTA NSX-GTが肉薄。10周目の1コーナーでついに#8 ARTA NSX-GTがトップに立つと、2番手以下を置き去りにする快走を見せる。#64 Modulo NSX-GTは12周目に#100 RAYBRIG NSX-GTにパスされると、21周目には追い上げてきた38号車GRスープラの後塵をも拝することとなってしまう。

 トップの#8 ARTA NSX-GTは23周目にピットイン。同じ周に5番手の#64 Modulo NSX-GTもピットインしたが、この直後にGT300車両がコースサイドにストップしたため、セーフティーカーが導入されることに。
 このため早めにピットを終えていた#8 ARTA NSX-GTと#64 Modulo NSX-GTに有利な展開となり、セーフティーカー明けの28周終了時には多くの車両が一気にピットへとなだれ込み、各車がピットを終えた段階での上位陣は、#8 ARTA NSX-GT、#64 Modulo NSX-GTが1〜2番手。#100 RAYBRIG NSX-GTも3番手につけたものの、セーフティーカーの影響で1周近い大差をつけられてしまう。
 このため、展開に恵まれ運と速さを兼ね備えることとなった#8 ARTA NSX-GTが、後半も安定したペースで周回を重ねて今季初優勝。レース後半、大きく水を開けられたものの、#64 Modulo NSX-GTが2位を手にし、3位には#100 RAYBRIG NSX-GT。さらに#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT、#17 KEIHIN NSX-GTも4〜5位を奪ったことで、シリーズ史上初めてホンダ車がトップ5を独占するという結果となり、6位には37号車GRスープラが入った。
 この結果、最終戦を前に#17 KEIHIN NSX-GTと37号車GRスープラが51ポイントと同ポイントで並び首位、2ポイント差の3〜4位に#23 MOTUL AUTECH GT-R、#100 RAYBRIG NSX-GT、3ポイント差の5位に#8 ARTA NSX-GTがつけることとなり、シリーズ争いは大混戦となり、最終戦を迎えることとなった。

 一方GT300では、ポールポジションの61号車BRZがスタートからハイペースで逃げ、背後では244号車RC F GT3と11号車GT-Rが攻防を展開。しかし、前戦鈴鹿でのクラッシュのためにシャシー交換を行なっていた244号車RC F GT3は、15秒のペナルティーストップが科せられており、このペナルティー消化のため、244号車RC F GT3は大きく後退。代わって360号車GT-R、さらには56号車GT-Rが迫る展開に。
 しかし、24周目に導入されたセーフティーカーにより、その前にピットインを終えていた4号車メルセデスGT3、56号車GT-R、18号車NSX GT3が一気に躍進。全車がピットを終えた段階では、4号車メルセデスGT3、56号車GT-R、18号車NSX GT3がトップ3となるも、18号車NSX GT3はピットでの作業違反がありドライブスルーペナルティーを受け後退を余儀なくされ、52号車GRスープラが3番手に浮上を果たす。
 レース終盤を前に、4号車メルセデスGT3を捕らえてトップに立っていた56号車GT-Rがそのまま逃げ切って今季2勝目をマークし、これでランキング首位に浮上。
 最後まで56号車GT-Rを追い詰めた4号車メルセデスGT3が2位、最終ラップに52号車GRスープラをかわした360号車GT-Rが3位となった。

 タイトル争いの最終決着の舞台となるシリーズ第8戦「たかのこのホテル FUJI GT300km RACE」は、今季4回目の開催となる富士スピードウェイで、3週間後の11月28〜29日に開催される。

Po. Driver Machine Time Support
1 野尻 智紀 / 福住 仁嶺 ARTA / ARTA NSX-GT 1:56'02.055 NGK
2 伊沢 拓也 / 大津 弘樹 Modulo Nakajima Racing / Modulo NSX-GT +46.238 NGK
3 山本 尚貴 / 牧野 任祐 TEAM KUNIMITSU / RAYBRIG NSX-GT +1'10.630 NGK
4 武藤 英紀 / 笹原 右京 TEAM Red Bull MUGEN / Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT +1'12.684 NGK
5 塚越 広大 / ベルトラン・バゲット KEIHIN REAL RACING / KEIHIN NSX-GT +1'19.379 NGK
6 平川 亮 / 山下 健太 TGR TEAM KeePer TOM'S / KeePer TOM'S GR Supra +1'27.441  
7 松田 次生 / ロニー・クインタレッリ NISMO / MOTUL AUTECH GT-R +1'31.659 NGK
8 ヘイキ・コバライネン / 中山 雄一 TGR TEAM SARD / DENSO KOBELCO SARD GR Supra +1'33.652  
9 佐々木 大樹 / 平峰 一貴 TEAM IMPUL / カルソニック IMPUL GT-R +1'35.463 NGK
10 立川 祐路 / 石浦 宏明 TGR TEAM ZENT CERUMO / ZENT GR Supra +1'35.957  

NGKはNGKサポートチームです。

ページの先頭へ戻る