SUPER GTRACE REPORTS

第2戦FUJI GT

2022年 5月3日(火)~4日(水)

富士スピードウェイ(450kmレース)

2度に渡る大きなクラッシュの影響を受け長時間赤旗中断。波乱の一戦を#8 ARTA NSX-GTが優勝。

PHOTO GALLERY

RACE REPORT

 GWのビッグイベントとして毎年恒例となったシリーズ第2戦「FAV HOTEL FUJI GT 450km RACE」が、5月3~4日、静岡県の富士スピードウェイで開催された。

 レース距離450km、100周という長丁場の戦いは、2度に渡る大きなクラッシュの影響を受け長時間赤旗中断となったことから、最終的に62周にとどまりセーフティーカー先導によるチェッカーと波乱の一戦となったが、#8 ARTA NSX-GTが優勝を飾ることとなった。

 

 引き続き、感染防止対策は維持しつつも、各種制約を撤廃して行われた第2戦は、2日間ともに好天に恵まれたこともあり、2日間で7万3000人という多くの観客を集めることとなった。

 まずはその初日、5月3日には公式予選が行われたが、午後3時スタートのGT300のQ1・A組では96号車RC F GT3が唯一1分35秒台のタイムでトップを奪い、これに34号車GT-R、88号車ランボルギーニGT3が続く。

 午後3時18分からのB組ではコンディションも上がり、トップ4台が35秒台をマークする中で、9号車フェラーリ、2号車GR86、52号車GRスープラがトップ3を占める。

 続くGT500のQ1では、36号車、37号車のトムス勢GRスープラが1分26秒前半のタイムで1-2を奪い、これに#8 ARTA NSX-GTが続くことに。前戦ウイナーの14号車GRスープラや同3位の#23 MOTUL AUTECH ZらがQ1敗退となった。

 

 午後3時53分にスタートしたGT300のQ2では、開幕戦に続いて61号車BRZが1分34秒888という圧倒的なタイムで連続PPを獲得。10号車GT-Rが2番手、96号車RC F GT3が3番手に続くことに。

 そして午後4時11分から開始されたGT500のQ2では、コンディションにマッチしたヨコハマユーザーが速さを見せ、19号車GRスープラが1分26秒137でポールポジション、#24 リアライズコーポレーション ADVAN Zが2番手とフロントロウを独占。3番手には#3 CRAFTSPORTS MOTUL Zがつけた。

 

 室屋義秀選手による連日のデモフライトや各種イベントを経て、迎えた5月4日の午後2時30分。気温20℃、路面温度33℃という絶好のコンディションで第2戦決勝のスタートが切られた。

 

 今大会は2回以上の給油を伴うピットインが義務付けられるが、その一方でタイヤ交換義務はないというレギュレーションでの戦い。

 まずGT500では、スタート直後に4番手スタートの37号車GRスープラが好ダッシュをみせて、一気にトップに浮上。これに#3 CRAFTSPORTS MOTUL Zが続いたが、早くも2周目には36号車GRスープラが#3 CRAFTSPORTS MOTUL Zを捕らえ、早々にトムス勢が1-2体制を構築する。

 

 序盤はこの1-2体制が続いたが、24周目に36号車GRスープラが37号車をパスしてトップに浮上、1-2の順位が入れ替わる。この後、レースの4分の1~3分の1の時点で多くの車両が最初のピットインを行うが、大きな順位変動のないまま、レースは中盤に突入する。

 ところが、44周目に100R出口でGT300車両がスピン、クラッシュ。このためFCYが出されたが、ここでピットに入っていた39号車GRスープラが一気に3番手に浮上することになったが、このクラッシュによりダメージを受けたバリアの修復作業が必要となったため、レースは赤旗中断に。

 

 午後4時25分にレースは再開されたが、この段階で36号車、37号車、39号車のGRスープラ勢が1~3番手を構成も、リスタート直後に36号車に37号車が接触。39号車GRスープラが首位を奪い、#3 CRAFTSPORTS MOTUL Z、37号車GRスープラがこれに続く展開となった。

 トップに立った39号車GRスープラだったが、これに#3 CRAFTSPORTS MOTUL Zと37号車GRスープラが肉薄。59周目を迎えようとするホームストレート上で、3台はスリップに入り数珠繋ぎとなるが、この時スロー走行中のGT300車両がストレートイン側におり、このスリップを得ようと隊列が接近も、39号車GRスープラは直近にラインを変更も、その真後ろで前方視界の無かった#3 CRAFTSPORTS MOTUL Zは300km/h近い速度下で反応が僅かに遅れたか、追突を避けるべくスピン状態となり、アウト側ガードレールやイン側ウォールに激しくクラッシュしてしまう。

 

 幸運にもドライバー、観客、オフィシャル等に大きな怪我はなかったが、即座にレースは2回目の赤旗中断に。ここで、大きく損傷を受けたガードレール修復のため、長時間の中断を余儀なくされたことで、レース再開は最大延長時間と規定された午後6時20分の直前、午後6時10分となった。

 このため、再開後もセーフティーカーランのままレースは終了することなり、39号車GRスープラ、37号車GRスープラ、#8 ARTA NSX-GTの順にチェッカーを受けたが、なんと39号車には赤旗中断中の作業違反、37号車にはリスタート直後の接触によって、それぞれドライブスルー相当の40秒加算との裁定がくだされ、優勝は3番手でフィニッシュした#8 ARTA NSX-GTに。

 同様に繰り上がって、37号車GRスープラが2位、#12 カルソニック IMPUL Zが3位となった。4~6位には#23 MOTUL AUTECH Z、#100 STANLEY NSX-GT、19号車GRスープラが入っている。

 

 一方GT300でも波乱のレースとなったが、スタート直後にPPの61号車BRZを捕らえ、トップに立ったのは2番手スタートの10号車GT-R。96号車RC F GT3にも肉薄され、61号車BRZは序盤防戦を強いられるが、徐々に96号車RC F GT3のペースが苦しくなり、15周目には34号車GT-Rが3番手にポジションを上げる。

 

 GT300では1~2周目にスプラッシュ&ゴーを行って、給油義務1回を早々に消化するなど、トリッキーな戦略を採るチームもあったが、多くが30周前後1回目のピットを行い、トップの10号車GT-Rも29周目、3番手の34号車GT-Rは30周目にピットへ。このあたりでは早々にピットインを行ったチームがポジションを上げる展開となるが、GT300の43周目に100R出口で22号車メルセデスGT3がクラッシュし、FCYから赤旗中断となる。

 

 リスタート後、再び10号車GT-Rがレースをリードも34号車GT-R、61号車BRZが徐々に間合いを詰めていたところで2度目の赤旗中断に。

 結局再開後もセーフティーカーランのままチェッカーとなり、優勝は10号車GT-Rで、34号車GT-Rは2位。3位には61号車BRZが入り、11号車GT-R、88号車ランボルギーニGT3、96号車RC F GT3までがトップ6となった。

 

 なお今大会は、レース距離の75%に満たなかったことから選手権ポイントはハーフポイントとなっている。

 

 次大会「たかのこのホテル SUZUKA GT 300km RACE」は5月28~29日に鈴鹿サーキットで開催されることとなっている。

RACE RESULT

Po. Driver/Team/Machine Time Support
1

#8 野尻智紀 / 福住仁嶺

ARTA / ARTA NSX-GT

3:45’40.807  
2

#36 坪井翔 / G.アレジ

TGR TEAM au TOM’S / au TOM’S GR Supra

+2.570  
3

#12 平峰一貴 / B.バゲット

TEAM IMPUL / カルソニック IMPUL Z

+3.151  
4

#23 松田次生 / R.クインタレッリ

NISMO / MOTUL AUTECH Z

+3.614  
5

#100 山本尚貴 / 牧野任祐

TEAM KUNIMITSU / STANLEY NSX-GT

+4.326  
6

#19 国本雄資 / 阪口晴南

TGR TEAM WedsSport BANDOH / WedsSport ADVAN GR Supra

+4.522  
7

#14 大嶋和也 / 山下健太

TGR TEAM ENEOS ROOKIE / ENEOS X PRIME GR Supra

+4.781  
8

#24 佐々木大樹 / 平手晃平

KONDO RACING / リアライズコーポレーション ADVAN Z

+4.913  
9

#17 塚越広大 / 松下信治

Astemo REAL RACING / Astemo NSX-GT

+5.534  
10

#16 笹原右京 / 大湯都史樹

TEAM Red Bull MUGEN / Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT

+5.701  
11

#64 伊沢拓也 / 大津弘樹

Modulo Nakajima Racing / Modulo NSX-GT

+6.064  
12

#38 立川祐路 / 石浦宏明

TGR TEAM ZENT CERUMO / ZENT CERUMO GR Supra

+8.957  
13

#39 関口雄飛 / 中山雄一

TGR TEAM SARD / DENSO KOBELCO SARD GR Supra

+36.758  
14

#37 S.フェネストラズ / 宮田莉朋

TGR TEAM KeePer TOM’S / KeePer TOM’S GR Supra

+38.138  
15

#3 千代勝正 / 高星明誠

NDDP RACING / CRAFTSPORTS MOTUL Z

+4Laps  

横にスクロールします

NGKはNGKスパークプラグサポートチームです。

日本特殊陶業コーポレートサイト NGKスパークプラグ/ NTKテクニカルセラミックス 製品サイト レーシングプラグ商品ページ