SUPER GTRACE REPORTS

第5戦SUZUKA GT

2022年 8月27日(土) ~ 28日(日)

鈴鹿サーキット(450kmレース)

前回表彰台の#12 カルソニック IMPUL Zが見事今季初優勝を飾った。

PHOTO GALLERY

RACE REPORT

 前回富士大会から3週間、8月27~28日に鈴鹿サーキットで「2022 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 450km RACE」が開催され、GT500では前回表彰台の#12 カルソニック IMPUL Zが見事今季初優勝を飾った。

 

 涼しかった富士大会に比べれば、暑さの戻った感のある週末。それでもやや曇りがちとあって、公式予選が行われる土曜の午後3時20分ごろには気温31度、路面温度は40度に届かないというドライコンディションでのアタックとなった。

 まずはGT300のQ1が行われ、A組では55号車NSX GT3が1分57秒707でトップを奪い、6号車アウディ、9号車フェラーリが2~3番手に。

 続くB組では244号車GRスープラが1分57秒851で首位。96号車RC F GT3、87号車ランボルギーニGT3が続いた。

 続いて行われたGT500のQ1では、チェッカーの周に1分45秒219を刻んだ#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTが暫定ポールを獲得。このところ予選で速さを見せている19号車GRスープラが僅差の2番手、3番手には#23 MOTUL AUTECH Zが入り、3メーカーが上位を分け合うことに。

 

 午後4時13分にスタートしたGT300のQ2では、早々に1分56秒995のベンチマークタイムを叩き出した244号車GRスープラがモニターのトップに立ったが、セッション終了間際に10号車GT-Rが1分56秒941でトップに浮上。そのままチェッカーを迎え、10号車GT-RがPPを獲得し、244号車GRスープラ、88号車ランボルギーニGT3、トップハンデ100kgを背負いつつ56号車GT-Rが4番手につけた。

 そして迎えた午後4時31分からのGT500のQ2。最初に#17 Astemo NSX-GTが1分45秒349でトップに立ったが、ファイナルラップに1分45秒169をマークした#23 MOTUL AUTECH Zが逆転。新型Zでの初ポールポジションを掴むことに。#17 Astemo NSX-GTと#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT、2台のNSX-GT勢が2~3番手に続く結果となった。

 

 翌日曜の鈴鹿は昼ごろから徐々に晴れ間が広がり、450kmの決勝は午後2時30分に戦いの火蓋が切って落とされた。

 GT500では、序盤こそポールシッターの#23 MOTUL AUTECH Zがトップをキープも徐々にペースを落とし、早めにピットイン。その他の上位陣はレースの3分の1あたりまで順当に周回を重ねるが、1回目のピットインを終えた段階では#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTがトップに。背後には#23 MOTUL AUTECH Zと追い上げてきた38号車GRスープラが続くが、#23 MOTUL AUTECH Zはペースに苦しみ、38号車GRスープラの先行を許すと、41周目に2回目のピットインを行う。

 このあたりから各車が徐々に2回目のピット作業を行うが、49周目にGT300車両が130Rでクラッシュし、セーフティーカーが導入される。これが裏目に出て、ピットインを遅らせていた車両は後退し、上位争いは#17 Astemo NSX-GT、#23 MOTUL AUTECH Z、最後尾スタートから挽回してきた#12 カルソニック IMPUL Zが演じることとなるが、この攻防の間に、#23 MOTUL AUTECH Zは#12 カルソニック IMPUL Zへの危険行為があったとしてドライブスルーペナルティーを科せられて後退してしまう。

 しかし、一方で首位を走っていた#17 Astemo NSX-GTはピットでの給油が充分でなく、終盤燃費がきつくなりペースダウン、代わって#12 カルソニック IMPUL Zがラスト3周で逆転に成功。そのまま逃げ切った#12 カルソニック IMPUL Zが、テール・トゥ・ウインの大逆転劇で今季初優勝を飾り、2位に#17 Astemo NSX-GT、3位には39号車GRスープラ。4~6位には、#3 CRAFTSPORTS MOTUL Z、#23 MOTUL AUTECH Z、#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GTが入った。

 

 GT300では、ポールポジションの10号車GT-Rが序盤をリード。しかし、244号車GRスープラ、88号車ランボルギーニGT3が僅差で追走し、その背後では56号車GT-R、4号車メルセデスGT3、55号車NSX GT3らが接近戦を演じる展開となる中、10周目のS字区間で244号車GRスープラが10号車GT-Rを捕らえてトップに立つ。

 レース序盤、1~2周目にピットインして給油だけを行い、2回の義務のうち1回を消化するチームや、3分の1あたりで最初のピットを行うチームなど、各陣営で戦略が分かれたが、各車が1回目のピットを終えた段階では4号車メルセデスGT3、55号車NSX GT3、2号車GR86がトップ3という展開。上位陣のほとんどが40周前後には2回目のピットを終える形となったが、43周目にピットインした244号車GRスープラがアウトラップに130Rでコースアウトしクラッシュしてしまい、セーフティーカーが導入されることに。

 GT500同様、2回目のピットを遅らせていたチームが後退する中、セーフティーカーが終わり首位は4号車メルセデスGT3。10号車GT-R、55号車NSX GT3、88号車ランボルギーニGT3がこれを追うが、88号車ランボルギーニGT3はタイヤトラブル、55号車NSX GT3はマシントラブルでともに脱落、最後は4号車メルセデスGT3が10号車GT-Rを突き放してトップチェッカー。4号車メルセデスGT3はなんと5年ぶりとなる優勝を飾った。

 2位に10号車GT-R、3位には30号車プリウスが入り、52号車GRスープラ、6号車アウディR8 LMS、65号車メルセデスGT3がトップ6となっている。

 

 次なる「2022 AUTOBACS SUPER GT Round6 SUGO GT 300km RACE」は、再び3週間のインターバルをおいて9月17~18日に宮城県のスポーツランドSUGOで開催される予定だ。

RACE RESULT

Po. Driver/Team/Machine Time Support
1

#12 平峰一貴 / B.バゲット

TEAM IMPUL / カルソニック IMPUL Z

2:35’39.339  
2

#17 塚越広大 / 松下信治

Astemo REAL RACING / Astemo NSX-GT

+6.630  
3

#39 関口雄飛 / 中山雄一

TGR TEAM SARD / DENSO KOBELCO SARD GR Supra

+7.747  
4

#3 千代勝正 / 高星明誠

NDDP RACING / CRAFTSPORTS MOTUL Z

+8.257  
5

#23 松田次生 / R.クインタレッリ

NISMO / MOTUL AUTECH Z

+13.747  
6

#16 笹原右京 / 大湯都史樹

TEAM Red Bull MUGEN / Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT

+33.508  
7

#19 国本雄資 / 阪口晴南

TGR TEAM WedsSport BANDOH / WedsSport ADVAN GR Supra

+48.668  
8

#37 S.フェネストラズ / 宮田莉朋

TGR TEAM KeePer TOM’S / KeePer TOM’S GR Supra

+49.750  
9

#36 坪井翔 / G.アレジ

TGR TEAM au TOM’S / au TOM’S GR Supra

+87.350  
10

#24 佐々木大樹 / 平手晃平

KONDO RACING / リアライズコーポレーション ADVAN Z

+90.122  
11

#100 山本尚貴 / 牧野任祐

TEAM KUNIMITSU / STANLEY NSX-GT

+1Lap  
12

#64 伊沢拓也 / 大津弘樹

Modulo Nakajima Racing / Modulo NSX-GT

+1Lap  
13

#8 野尻智紀 / 福住仁嶺

ARTA / ARTA NSX-GT

+1Lap  
14

#14 大嶋和也 / 山下健太

TGR TEAM ENEOS ROOKIE / ENEOS X PRIME GR Supra

+1Lap  
15

#38 立川祐路 / 石浦宏明

TGR TEAM ZENT CERUMO / ZENT CERUMO GR Supra

+17Lap  

横にスクロールします

NGKはNGKスパークプラグサポートチームです。

日本特殊陶業コーポレートサイト NGKスパークプラグ/ NTKテクニカルセラミックス 製品サイト レーシングプラグ商品ページ